GENERATIONS佐野玲於、“スモーキー”窪田正孝との撮影回顧「人間性が表れていた」<HiGH&LOW>

【HiGH&LOW/モデルプレス=11月11日】11日、都内にて総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の新作映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』初日舞台挨拶が行われ、EXILE AKIRA、青柳翔、EXILE TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也らキャスト陣が登壇した。

【フォトギャラリー】窪田正孝×佐野玲於の可愛すぎ2ショット

◆佐野玲於、“窪田正孝”を語る


「RUDE BOYS」のタケシを演じる佐野は、印象に残っているシーンを聞かれると、グループのリーダー・スモーキー(窪田正孝)の「『皆を頼む』っていうシーン」と回答。

「その一言に色んなことが集約されていて、その一言に説得力があった」と想いを明かし、「『HiGH&LOW』には色んな組織とかグループがあって、それぞれの守るものやテーマがあるんですけど、『RUDE BOYS』は“家族”がテーマ。『皆を頼む』って一言に皆を思う愛っていうのがすべて詰まっているし、そこに窪田さんの人間性が表れていたので、グッときました」と撮影を振り返った。


◆最新作『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』


リアルとファンタジーがコラボした世界観で、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEなど、あらゆるメディアを巻き込み展開する「HiGH&LOW」は、“SWORD地区”(S=山王連合会、W=White Rascals、O=鬼邪高校、R=RUDE BOYS、D=達磨一家)に存在するチームのプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く物語。

すでに『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開されており、シリーズ最終章で劇場版4作目となる『FINAL MISSION』では、最大の敵・九龍グループとSWORDによる最後の闘いが幕を開ける。

公開初日を迎え「奇跡に近いプロジェクトだと思いますし、男の絆を描いた感動する映画ってなかなかないと思いますので、幅広い年齢層の方に男女問わず、『HiGH&LOW』を楽しんでもらえたら嬉しいです」と感無量の様子を見せたAKIRA。また、TAKAHIROも「多方面から盛り上げてきたプロジェクトで、ひとつのコンテンツができた。僕らも輝くことができましたし、感謝しています。もっともっと盛り上げていきたい」と意気込んでいた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)