マツコ・デラックス「3日泣き続けた」“1番最近の恋”語る 元恋人と現在の関係は?

【マツコ・デラックス/モデルプレス=11月7日】タレントのマツコ・デラックスが6日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「しゃべくり007」(毎週月曜よる10時〜)に出演。“1番最近の恋”について語る中で、年下彼氏と破局したエピソードを明かした。

マツコ・デラックス、Sexy Zone菊池風磨がお気に入り その理由とは?

“1番最近の恋”というトークテーマの中、「2001年の元日に別れた」と16年前の失恋を告白したマツコ。お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也から「ずいぶん昔じゃねーか」と突っ込まれるも、マツコにとっては1番最近の恋だという。お相手は「年下の美容師さん」で、紹介で知り合ったという彼とは1〜2年半くらいの付き合いだったそう。

世間が20世紀から21世紀になる年の年末、街は大騒ぎで異様な雰囲気が漂っていたというマツコ。当時、編集の仕事に就いていたマツコは入稿が重なり、ギリギリまで仕事。年が変わる直前に彼の家に到着すると、機嫌の悪い彼が。喧嘩が始まり「別れてやる!」と家を飛び出した瞬間、21世紀が幕を開けたと語った。

◆マツコ・デラックス「3日泣き続けた」失恋


お祭り騒ぎの街の中をタクシーに乗って自宅に帰る途中、不覚にも泣いてしまったというマツコ。察したタクシーの運転手の励ましで余計に涙止まらず、家についてからも「3日泣き続けた」と振り返った。その彼とは「今でもたまに連絡とる」という。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)