乃木坂46若月佑美の赤い下着ショットが話題 1st写真集「パレット」発売前重版決定

【若月佑美/モデルプレス=11月7日】乃木坂46・若月佑美(わかつきゆみ/23)の1st写真集『パレット』(集英社)がきょう7日発売された。2日発売の『週刊ヤングジャンプ』では表紙を飾り、中面で掲載された露出度の高い赤い下着ショットが話題を集めたばかり。その期待の高まりを受けて、発売前日の6日には急きょ異例となる発売前重版が決定した。

【さらに写真を見る】若月佑美<1st写真集『パレット』収録カット(※ネット初解禁)>

◆若月佑美「本当に驚きです」


若月は「本当に驚きです!皆さま、ありがとうございます!」と感謝し「可愛い、カッコいい、綺麗、と少しでも思ってもらえるような写真集を作りたいというのは大前提でしたが、写真だけで感情を伝えたい、前後の物語も想像してもらいたい、そんな作品感の強い写真集にしたいと思い、撮影に臨みました。たくさんの方に見ていただけることが何より幸せなので、とても感謝しております。是が非でも、一度見てください!」と熱く語った。

同社担当者も「写真集発売の情報解禁後、読者の皆さまから予想を上回るご予約をいただき、発売直前ですが緊急重版を決定しました。乃木坂46さんの注目度の高さに改めて驚かされています」とコメントしている。乃木坂46、欅坂46と連続してリリースされる“坂道”写真集のトップバッターとして素晴らしいスタートを切った模様だ。

◆ありのままの“若様”が隣に!


同作の舞台はスペイン。グループに加入した当初、「自分の写真集を出すことが夢」と語っていた若月が、その思いのたけをぶつけた。“情熱の国”と、どこか本人のキャラクターを思わせるロケ地での撮影は、まさに“熱い”の一言。最高気温45度(7/12@コルドバ)という灼熱と、550キロにも及ぶ大移動(首都マドリードから南部の都市ミハスまで)をものともせずにタイトな行程をこなし、初公開となる下着姿にも体当たりで挑戦した。

レンズに向けるその表情は、必ずしもアイドルらしい優しげな笑顔だけではなく、鋭いまなざしも不安げな横顔も潤んだ瞳も……。ありのままの“若様”が隣にいる感覚を存分に味わえる仕上がりとなった。さらに「二科展」6年連続入賞を誇る彼女が、今回の写真集ロケをモチーフに熱筆したデザインアートも収録。スペインロケ中に下書きを始め、帰路18時間の間にiPadで描き上げたというその瞬間のリアルタイムな想いが込められている。(modelpress編集部)

■1st写真集『パレット』


発売日:2017年11月7日(火)
仕組み:A4判 144P ソフトカバー  
撮影:桑島智輝 
特別付録:本人直筆はし袋風しおり封入(全3種のうちランダムで1種封入)
応募特典:スペシャルプレゼント有り

■若月佑美(わかつき・ゆみ)プロフィール


1994年6月27日生まれ。静岡県出身。2011年8月、乃木坂46に第1期生として加入し、“若様”の愛称で親しまれるグループを代表するメンバーの一人。アイドルとして人気を博す一方で、『嫌われ松子の一生』『犬夜叉』など舞台の世界でも活躍。さらに学生時代から趣味とする美術では「二科展」で6年連続の入賞を果たし、乃木坂46オリジナルグッズのデザインも手掛けるなど、幅広い分野で注目を集めている。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)