女子高生の間で流行っている盛り髪やY高バッグ、ルーズソックスにマツコ驚き

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00〜)。11月4日の放送は、盛り髪で目立ちたい女子高生が殺到する美容室を探った。

今、女子高生たちの間で、学校行事のために盛り髪をするのがブームになっているという。横浜・石川町の美容室「GLITZ」は、体育祭や文化祭のたびに女子高生が盛り髪を作りに来る人気店。中継班がさっそく店内に入ると、中には常連の女子高生が待機していた。

まずは、花をあしらったド派手な盛り髪をした高校2年生の女子が登場。話を聞くと、11月の文化祭に向けて、どういう髪型にするのかを相談しに来たのだとか。盛り髪のイメージは「スケバン」だという彼女。マツコが「なんでスケバンがいいの?」と尋ねると、彼女は、「高校がヤンキー風なんですよ」と明かしてマツコの笑いを誘った。また、「お母さんも盛るのが好き」だという彼女に、マツコが母親の年齢を尋ねると、「37歳」という答えが。これにはマツコも、「若〜い! お母さん若いわね!」と驚きを隠せない様子だった。

続いては、高校3年生の2人組の女子に話を聞くことに。今日は、卒業式用の盛り髪を相談するために来店したそうで、マツコは「ずいぶん先のこと考えてんな!」と驚きつつも、「もっと卒業要素を入れたら?」とアドバイス。さらに、「これから世界にはばたくっていう意味でね、地球儀を(頭に)乗せる。地球儀を巻き込むように髪を盛ってもらうとか。もう一個、鳥かごの中にハトがいるのよ。それくらいやっちゃおう!」と、卒業式ならではの盛り髪を提案していた。

ここで、2人に盛り髪以外で流行っているものを聞くことに。彼女たちによれば、今、女子高生の間では、「Y高バッグ」が人気だそうで、彼女たちのクラスのほとんどの女子が「Y高バッグ」を持っているのだとか。「Y高バッグ」とは、「横浜高校」や「横浜商業高校」のバッグのこと。マツコが「え、横浜高校のバッグを他の高校の子が持っているってこと? なんで横浜高校のバッグがいいの?」と尋ねると、「形がかわいい」との答えが。しかし、実際に「Y高バッグ」を見たマツコは「全然かわいくないんですけど!」と不満げ。彼女たちから、「Y高バッグは、ななめ掛けのショルダーバッグで制服と合う」と説明されても、まだ納得できない様子だった。

また、かつて女子高生の間で流行っていたルーズソックスが、今再び人気だという。紺のソックスをはいて、その上からさらにルーズソックスをはくと、形がキレイに見えるのだとか。スタジオでは90年代に女子高生たちの間で使われていたソックタッチの話で盛り上がる。しかし、マツコがソックタッチを知らない現役女子高生2人に、「靴下がずり落ちないように裏に塗るノリ」だと説明をすると、爆笑されてしまうのだった。

他にも、女子高生時代から店に通っているという22歳のお姉さんや、わざわざ埼玉の草加から通っているという18歳の男の子などが登場した今回。番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、番組ADが盛り髪に挑戦することに。番組公式サイトでは、女子高生たちも驚く“鳥かごヘア”の完成する様子が公開されている。

次回は、特別企画「マツコが気になった美女のその後SP」が放送。過去、番組に登場した新人気象予報士やミス高知大などが再登場。番組出演後の彼女たちを追った。 </span>

Let's block ads! (Why?)