荒川良々、宮川大輔と牡蠣の筏で黒鯛釣りに挑戦

宮川大輔が日本全国を巡り、各地の特産品を紹介する人気番組『満天☆青空レストラン』(日本テレビ系、毎週土曜18:30〜)。俳優の荒川良々をゲストに迎える11月4日の放送回では、広島県広島市の「黒鯛」を取り上げる。

真鯛と並び称される鯛の代表格「黒鯛」は、警戒心が強いため、釣るには技術を要するが、独特の強烈な引きで釣り人たちに大人気の魚。広島湾では今、独特の環境を活かした釣りが流行っているそうで、牡蠣を養殖する筏(いかだ)の上から釣りをする“筏釣り”というもの。牡蠣の筏の下は黒鯛の絶好の住み処になっており、丸々と太り脂の乗りもバツグンな個体が狙える。

そこで今回、宮川と荒川は、筏釣りで釣り人憧れの黒鯛を狙う。果たして、どちらが大物を釣り上げるのか。そして、「刺身」や「パリパリ焼き」、「黒鯛と牡蠣のブイヤベース」など黒鯛のフルコースを堪能する。 </span>

Let's block ads! (Why?)