稲垣・草なぎ・香取、堺正章に“焼肉密会”の真相明かす セッティングは稲垣

 稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が3日、生出演中のAbemaTV『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』(2日 後9:00〜5日 後9:00)でタレントの堺正章(71)と共演。SMAPが解散した昨年12月31日に稲垣・草なぎ・香取と、中居正広、森且行が食事をした都内の焼肉店におもむき、週刊誌で報道された“焼肉密会”の真相を語った。

【写真】SNSデビューした稲垣・草なぎ・香取 「新しい地図」解説も

 現場となった焼肉店は堺がプロデュースするお店。店先で堺と合流した3人は芸能界のドンを前にさすがに緊張の面持ちで席につく。堺が「3人に会うのがすごく楽しみだった。リスタートされる3人をどう送り出せるか考えて、きょう来ました」と笑顔で迎えると、話題はさっそく密会報道の真相に移っていった。

 「報道、どう思った?」と率直に3人にぶつけた堺は「(12月)31日に来たでしょ? 僕は1日に来て知って。でも、僕が暗躍して、セッティングしてるんじゃないかって報道されてたでしょ」と語り「それは全くの事実無根。僕はお店のプロデュースをしてるだけなので」と、“黒幕説”をきっぱり否定した。

 ここで稲垣が、食事会は自分がセッティングしたものだと告白。店の経営会社に友人がおり、紹介してもらったのだという。ただ、友人からは「プライバシーもしっかりしている」と言われたにもかかわらず、実際にはバッチリ週刊誌に載ってしまい「カーテン開けたところを撮られてしまいました…」とボヤいていた。

 香取も「絶対、吾郎ちゃん撮られてると思ってましたもん」と当日を振り返ったが、食事会自体は「忘年会みたいで楽しかったですよ、僕は」(草なぎ)と、和気あいあいとした雰囲気で楽しんでいたことを明かした。

 さらに、張り込みのマスコミによる混乱が災いし、稲垣ら参加メンバーが誰も会計を支払えないまま店を出てしまったことが判明。堺から「新しい門出ですから、といって店の経営者の方が払ってくれたそうですよ」と明かされると3人は絶句し、平謝りしつつ感謝の言葉を口にしていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.