竹内涼真「今年のヒット人」選出に感激 ブレイクの1年を振り返る

【竹内涼真/モデルプレス=11月3日】俳優の竹内涼真が2日、都内にて行われた「日経トレンディ」(日経BP社)が選ぶ「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測ベスト20」の発表会に出席した。

【フォトギャラリー】竹内涼真のソロショットをもっと見る!高梨臨らと登場

◆竹内涼真“今年のヒット人”に


NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、日本テレビ系連続ドラマ「過保護のカホコ」で話題を集め、写真集「1mm(※読みはイチミリ)」が2017年度男性写真集売り上げトップを記録するなどブレイク真っ只中の竹内は、「今年のヒット人」に選出。

現在も、TBS系日曜劇場「陸王」(毎週日曜よる9時〜)に出演と話題が続く中、「今年のヒット人」に選ばれたことについて「このような素敵な賞をいただけて光栄に思います。嬉しいです。もっともっとこれをモチベーションに頑張っていきたいと思います」と感激。

選出理由については、「日経トレンディ」の佐藤央明編集長が「(ひよっこの)島谷ロス、(過保護のカホコの)麦野ロス、そして年末には(陸王の)茂木ロス。色んなドラマに出て色んな役をやりながらも、どのドラマでも女性を魅了してしまう。前にヒーローが大好きとお話されていたんですけど、まさにこの1年はヒーローそのものだったなと思い選出させていただきました」と説明した。

◆ブレイクの1年を振り返る


また、竹内はブレイクの1年を「2017年はもっと多くの人に知ってもらうことをひとつの自分の目標としてやってきました」と回顧。

「『帝一の國』『ひよっこ』『過保護のカホコ』、今は『陸王』とひとつひとつの作品に恵まれて、周りのキャストさんやスタッフさんにもすごく良くしてもらって、頑張ってこられたなと思っています。がむしゃらに頑張ってきたことで賞をもらえるというのは嬉しい」と喜びをあらわにしつつも、「評価いただけたことで満足せず、来年はもっと高い目標を持って頑張っていきたいと思います」とさらなる飛躍に向け、気を引き締めた。

◆「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測ベスト20」も発表


このほか発表会には、同じく「今年のヒット人」として女優の高梨臨、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが、「来年の顔」としてNHK『おかあさんといっしょ』の“うたのお兄さん”を歴代最長の9年間務め、今年3月に番組を卒業した横山だいすけが登壇。

「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測ベスト20」も発表され、「2017年ヒット商品ベスト30」には「Nintendo Switch」が選ばれた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)