TBSラジオ「JUNK」おぎやはぎ&バナナマンが公開収録 星野源との思い出トークも

 TBSラジオの人気枠「JUNK」の木曜日と金曜日のパーソナリティーを務める、お笑いコンビのおぎやはぎ(木曜JUNK『おぎやはぎのメガネびいき』)とバナナマン(金曜JUNK『バナナマンのバナナムーンGOLD』)が3日、東京・赤坂サカスで開催中のTBSラジオのイベント『ラジフェス2017〜見タイ!食べタイ!もらいタイ!』内で公開収録を行った。

【写真】大盛況!「JUNK」公開収録の模様

 月〜金の帯番組「JUNK」の中でも、伊集院光が担当する月曜日と爆笑問題が担当する火曜日は「シルバーJUNK」、水曜日以降の山里亮太、おぎやはぎ、バナナマン、エレ片といったメンバーたちは「ヤングJUNK」と位置付け。昨年まで『ラジフェス』の公開収録に参加してきた山里がこの日、『M-1グランプリ2017』準々決勝に出場するため欠席。そこで2組が悪ノリし、急きょ山里へと電話をつないだ。

 設楽統から「今、この電話が『ラジフェス』で流れているのよ」と告げられた山里は「おぅ」と驚きの声を上げながらも、設楽の「山ちゃんも一緒に『ヤングJUNK』っていうことでやってた」という微妙なニュアンスを素早くつかみ取り「やってた?」とツッコミ。その後も「今、嫌いな人は?」「ここにいるみんなも応援しているから『M-1』のネタ中に『ヤングJUNK』って入れてよ」という無茶ぶりに対応していった。

 その後は「ありがとう1年、忘れてないよこの1年」と題して、両番組内で起こった出来事を振り返りながらのクイズ企画を実施。『バナナムーン』の恒例行事となっている、星野源による日村勇紀の誕生日ソングにまつわる話題では、設楽が「源くんがスターになりすぎて、毎年もう終わるだろうって思っているんだけど、未だに毎年やってくれている」と感謝。一方の日村も「2年前のバースデーソングの歌詞が、この間発売された源くんの『Family Song』で使われているんだよ」とうれしそうに明かした。

 『バナナムーン』放送中に、放送作家のオークラ氏のスマートフォンから女性のいかがわしい声が流れてしまった事件についてのトークでは、当事者のオークラ氏も登壇。「あれはAVじゃない!」と必死に釈明するオークラ氏に、設楽が罰としてげんこつを食らわそうとすると、かわそうとしたオークラ氏がなぜか日村とキス。そこから、オークラ氏がおぎやはぎの2人と立て続けにキスをするという謎の流れで、会場をざわつかせていた。

 『ラジフェス』はあす4日も開催され、火曜日の爆笑問題(火曜JUNK『爆笑問題カーボーイ』)と山里(水曜JUNK『山里亮太の不毛な議論』)のコラボ公開収録などがステージ上で行われる。 </span>

Let's block ads! (Why?)