鈴木伸之、町田啓太の“意外な一面”暴露 岩田剛典が「見たことないくらい爆笑していた」<HiGH&LOW>

【HiGH&LOW/モデルプレス=11月2日】2日、都内にて総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の新作映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』(11月11日公開)第2弾完成披露イベント「“超”完成披露試写会 SECOND MISSION」が行われ、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、山田裕貴、窪田正孝らキャスト陣が集結した。

【さらに写真を見る】黒木啓司、鈴木伸之、窪田正孝、山田裕貴ら「HiGH&LOW」キャスト22名登壇

登壇者は「山王連合会」より鈴木・町田、「White Rascals」より黒木・柳俊太郎(※柳は正式には旧字)・廣瀬智紀・西川俊介・西村一輝、「鬼邪高校」より山田・鈴木貴之・一ノ瀬ワタル・青木健・清原翔・陳内将、「RUDE BOYS」より窪田・佐野玲於・佐野岳、「達磨一家」より阿部亮平・小澤雄太・水野勝・田中俊介・守屋光治・井澤勇貴。総勢22名のキャスト陣が最終章を迎えた「HiGH&LOW」シリーズを振り返った。

◆鈴木伸之、念願の全員集合バイク撮影で…


最新作のタイトルにかけ3年間で「達成できたMISSION」を聞かれた鈴木は、「(山下)健二郎さんが最初の方から、山王連合会全員でバイクに乗っているシーンを撮りたいねって言ってて、ようやく今回撮れたので嬉しかった」とコメント。

念願の撮影を「皆はシリーズ3年かけて乗ってるので、大型バイクの乗り方もかっこいいんですよ」と振り返りつつ、今回、初めてバイクシーンの撮影に挑んだという町田については「背中に定規入れてるくらい背筋が…(笑)。そこは見てほしい」と撮影で見せた意外な一面を暴露。

町田も「しっかりめに定規入ってます。どうしようもなかったです」と苦戦したことを明かし、がんさん(=岩田剛典)があんなに笑ってるところ見たことないくらい爆笑していたので、総長(=岩田)の笑いがとれたってことだけで僕は本望です」と会場の笑いを誘った。

◆町田啓太、メンディーにリベンジ宣言


一方、「今後挑戦したいMISSION」を聞かれた町田は「(関口)メンディーを倒す」とリベンジ宣言。

2人は『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』でタイマン勝負をしており、「あの体格差…フィジカルが強すぎて本当に1mmも動かなかったので、次は1mmくらい動かせるように頑張りたいと思います」と意気込むと、会場からは拍手と「頑張れ!」という声援が飛んだ。

◆最新作『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』


リアルとファンタジーがコラボした世界観で、映画、ドラマ、動画配信、コミック、SNS、アルバム、LIVEなど、あらゆるメディアを巻き込み展開する「HiGH&LOW」は、“SWORD地区”(S=山王連合会、W=White Rascals、O=鬼邪高校、R=RUDE BOYS、D=達磨一家)に存在するチームのプライドをかけた闘いと、その裏のリアリティのある大人の世界・生き様を描く物語。

すでに『HiGH&LOW THE MOVIE』『HiGH&LOW THE RED RAIN』『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』が公開されており、シリーズ最終章で劇場版4作目となる『FINAL MISSION』では、最大の敵・九龍グループとSWORDによる最後の闘いが幕を開ける。

黒木は公開に向け、「3年をかけて集大成と言える作品が出来上がりました。キャラクターとしても3年間通して成長できましたし、個人としても成長できる作品になりました。エンディングまで見ていただけると、スタッフさんの温かいメッセージも描かれているので」とメッセージを送った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)