野村周平主演『電影少女』初のドラマ化 原作・桂正和氏「ワクワク」

 俳優の野村周平主演で、漫画家・桂正和氏の代表作『電影少女』が初めてドラマ化されることがわかった。『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』と題して、1月期のテレビ東京系土曜ドラマ24枠(毎週土曜深夜)で放送される。原作は、1989年から92年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、単行本の累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔。野村も「原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。楽しみに待っていてください」と、心して挑む。

【写真】プロデューサーが例えに使った『ブレード・ランナー』

 ドラマの舞台は2018年。原作漫画の25年後の世界を描く。野村が演じるのは、高校生・弄内翔(もてうち・しょう)。原作の主人公・弄内洋太(もてうち・ようた)の甥だ。

 親が離婚し、叔父・洋太の家に居候することになった翔は、同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱いていた。しかし、彼女は翔の親友・智章に好意を抱いており、翔の恋の行方は雨模様。家庭も学校もうまくいかない、そんなある日、1本のビデオテープを見つける。ホコリをかぶったビデオデッキで再生してみると、画面から飛び出してきたのは、25年前に封印された“ビデオガール”だった!? 翔とビデオガール・アイの奇妙な共同生活が始まる。なお、原作の“ビデオガール・あい”はひらがな表記、ドラマの“ビデオガール・アイ”はカタカナ表記で区別。

 脚本は、『ディストラクション・ベイビーズ』『幕が上がる』などを手がけ、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平氏が担当。新たな若者たちの青春群像劇を書き上げる。監督は、Perfumeや星野源をはじめ、名だたるアーティストから絶大な支持を得ている映像作家、関和亮氏が務める。

 原作の桂氏は「思い出深い作品なので、ドラマになることがすごくうれしいです。さらには今回のコンセプトが面白くて期待大!! 脚本を読ませていただいた時から、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像してましたが、イメージピッタリで、ワクワクしてます」と、実写化を喜んだ。

 本作を企画した五箇公貴プロデューサー(テレビ東京コンテンツビジネス部)は「(原作が)『週刊少年ジャンプ』に連載されていた頃は日本も景気が良かったし、オウムの事件や震災の起こる前で、今より将来に夢も希望も持てた。でも今はもっとシビアな時代。脚本家の喜安さんは第1話で主人公の翔に『言わなくていいことは言わない。現状維持が最善の選択。それが俺たちの正解だ』と語らせる。そこに突然1990年で時が止まった少女、アイがやってくる。

 携帯やインターネット前夜、まだ人と人とのコミュニケーションが今より強かった時代に作られた存在である“ビデオガール・アイ”と、それを面倒だと思う2018年の高校生、翔。この価値観の違った2人を中心に今回の物語は進んでいく。

 彼女が最初に生まれて四半世紀。世の中はいろいろなことがあったし、僕らも歳をとった。人生簡単にはいかないということも分かってきた。世の中は面倒なことばかりだ。だからこそ“時代遅れのビデオガール”にみんなを励ましてほしくなった」と、意図を語る。

 主演を任せる野村には「今年はレプリカントと人間を描いた不朽の名作『ブレードランナー』の続編が作られました。来年は日本のライアン・ゴズリングこと野村周平による続編『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』」と、大きな期待を寄せている。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.