“ドリフェス2017”放送決定! GENERATIONS「最高に楽しんでいきましょう!」

10月26、28、29日にことしで7回目となる「テレビ朝日ドリームフェスティバル 2017」が、さいたまスーパーアリーナにて開催。全15組のアーティストが夢の競演を果たし、過去最大となる4万6000人を動員した。なお、同ライブの模様が、2018年1月にCSテレ朝チャンネル1にて放送されることが決まった。

【写真を見る】ジェジュンが時折愁いのある瞳をフロアに向けて、久々の日本でのパフォーマンス/(C)テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2017 / 写真:岸田哲平

■ 三浦大知

“Special Night”と題した初日の10月26日は、世界レベルのダンスを誇る三浦大知がトップバッターを務めた。6人のダンサーと共に登場すると、「(RE)PLAY」からスタート。ダイナミックなダンスと圧巻のボーカル力で、一気にオーディエンスを引き込んでいく。

続いて「テレビ朝日ドリームフェスティバル、楽しむ準備は出来てますか!? 」とフロアに呼び掛け、「Right Now」「music」を披露。観衆は、それぞれクラップや歓声で応えヒートアップしていく。

「皆さん、それぞれ応援しているアーティストは違うと思いますが、音楽で垣根を越えて1つになれたらうれしいなと思います!」と思いを伝えると、花道を進みながら最新シングル「U」へ。

そして「ダンスナンバーが続きましたので、ここでバラードをお届けしようと思います」と言い、「ふれあうだけで〜Always with you〜」をアカペラで歌いだし、一瞬静まり返った満員のアリーナが感嘆と興奮に包まれる。

その空気感のまま、「SING OUT LOUD」「EXCITE」、ラストは再びダンサーと共にキレ味のあるダンスで「Cry & Fight」でフロアを魅了し、ライブを締めくくった。

■ ジェジュン

続いて久しぶりの日本でのパフォーマンスを待ち望むファンのサイリウムで、フロアが真っ赤に染まる中、ジェジュンがステージに登場。時折愁いのある瞳をフロアに向けて、スタンドマイクをつかみながら伸びやかに「One Kiss」を歌い上げる。続く「Mine」「Run Away」では透明感はそのままのハイトーンボイスを響かせてアリーナを魅了する。

一転、ささやきかけるようなウィスパーボイスと抜群の表現力で「化粧」を披露した後は、「Good Morning Night」でコール&レスポンスをあおり、アリーナを1つにする。

終盤ジャケットを脱いで「Just another girl」を披露すると、「皆さんのおかげで、また日本でこんなに楽しい時間が作れて感謝します」とフロアに感謝の気持ちを伝え、ラスト「守ってあげる」へ。フロアからアカペラの大合唱が巻き上がり、ジェジュンは最後までそれをいとおしむように優しい瞳で応えていた。

■ GENERATIONS from EXILE TRIBE

トリを飾るGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー7人が一列に並んでステージに登場。オープニングの「PUERROT」から、片寄涼太と数原龍友の優しく透明感のあるボーカルがフロアに響き、パフォーマーの白濱亜嵐、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太それぞれがアグレッシブ&パワフルなパフォーマンスを見せた。

数原が「最高に楽しんでいきましょう! 皆さんの声を聞かせてください!」と呼び掛けると、「Hard Knock Days」「Togetherness」ではオーディエンスもそれに応え、アリーナ全体が揺れていく。続いて「太陽も月も」「RUN THIS TOWN」と疾走感のあるナンバーを届けると、一転スクリーンに青空が映り、「空」へ。

ボーカルの片寄が「恐縮ながら、自分が出演した映画の主題歌になっております」と告げると、「宣伝したっ!?」という数原がツッコみ、客席から笑いが起こる。

ライブも終盤に入り、リリースしたばかりの新曲「BIG CITY RODEO」の振り付けである“ピークアブーダンス(いないいないばぁダンス)”をオーディエンスにレクチャーすると、メンバーとアリーナが一体となり、さらに「Y.M.C.A.」で盛り上がっていく。

ラストはダンスチューン「AGEHA」へ。アリーナが最高の熱量に達した時、輝くテープが降り注ぎ興奮冷めやらぬ中、フィナーレを迎えた。

■ KEYTALK

寺中友将(Vo/Gt)と八木優樹(Dr)がアニメ「クレヨンしんちゃん」の扮装で登場。観客の心を笑いでつかむと、「Love me」でライブがスタートし、オーディエンスのクラップとともに「Summer Venus」へ。

そして「黄昏シンフォニー」「MATSURI BAYASHI」を披露し、ラスト「MONSTER DANCE」へ。ステージ上では火柱噴射やテープ入りバズーカ砲の派手な演出でさらにアリーナを盛り上げ、次につなげる。

■ THE ORAL CIGARETTES

「ドリームフェスティバル、楽しんでいこうぜ!」と山中拓也(Vo/Gt)が呼び掛け、「われわれなりのロックをしにきました」と宣戦布告し、「リコリス」からライブがスタート。

映画「亜人」の主題歌「BLACK MEMORY」や「狂乱 Hey Kids!!」などを披露し、ラストの「トナリアウ」をパフォーマンスした

おそろいの衣装を身にまとったダンサーを従え、登場したのはこの日紅一点の出演者である西野カナ。途中、早着替えも見せながら、「GIRLS GIRLS」「UNZARI」とメドレーで披露。普段の彼女のイメージとは少し違うクールな楽曲でオープニングを迎える。

「ちょっとアウェーなんちゃうかな?とドキドキしていたんだけれど、普段とは違うアーティストさんとご一緒できるということを楽しみにしてきました!」と呼び掛けると、フロアから「かわいい!! 」という声が飛び、その声に「ありがとう」と丁寧に応えるのが印象的。アリーナ全体が彼女がもつ温かい優しい空気に包まれた。

デビュー10年目に感じた“絆”や“感謝の大切な気持ち”をつづった「手をつなぐ理由」を歌い上げると、ラストは、ピンクのラメテープが舞う中、「トリセツ」でフィナーレを迎えた。

■ ゴールデンボンバー

2014以来、2度目のドリフェスへの参加となるゴールデンボンバー。モニターに出演者アナウンスが出るやいなや、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二がステージに走り出る。

“今日は何をやってくれるのか?”という期待感の中、「#CD が売れないこんな世の中じゃ」「元カレ殺ス」と続けてパフォーマンス。メンバーは縦横無尽にステージを走り回ってオーディエンスをあおり、鬼龍院の伸びやかなボーカルはアリーナに響く。

MCでは「LUNA SEAさんは嵐を呼ぶバンドですよね」(喜矢武)、「西野カナさんの大ファンなんです」(樽美酒)と、共演者の話題を前フリをして「抱きしめてシュヴァルツ」へ。

すると、喜矢武の衣装が嵐(強風)に吹き飛ばされパンツ一丁に、西野カナ風の衣装の樽美酒の衣装も吹き飛ばされ、Tバック姿に。

「怒られる〜!」(樽美酒)と撤収した後は、新曲「やんややんや Night 〜踊ろよ※※〜(※※=都道府県名)」の埼玉バージョンを披露し、その勢いのままファン待望の「女々しくて」へ。エアバンドとして、最高のエンターテインメントを披露した。

■ WANIMA

ドリフェス初参加、さいたまスーパーアリーナでのライブはことし3月以来という、WANIMAがステージに登場。恒例のコール「ドリームフェスティバル 2017、WANIMA、開催しまーす!」とオーディエンスと声を合わせてライブがスタートすると、FUJI(Dr/Cho)が“ドラえもん”のマネでタイトルコール。

1曲目「THANX」から太陽のような笑顔の KENTA(Vo/Ba)のボーカルは力強くオーディエンスを引き寄せ、1つにまとめていく。続いて新曲である「ヒューマン」を、ライブ初披露。

アリーナ全体が眩いくらいの白い光の一体感に包まれた「ともに」ではシンガロングが巻き起こる。「この続きはまたWANIMAのツアーで。またライブハウスで会いましょう!」と呼び掛けて、ラスト「CHARM」へ。この日ドリフェスに参加する全員に、駆け抜ける疾走感を残して会場を後にした。

■ LUNA SEA

トリを飾る彼らを待ちきれないオーディエンスから手拍子が沸き起こり、モニターにLUNA SEAの登場が告げられると大歓声が上がる。ベートーヴェン「月光」をバックに、メンバーが手を挙げて声援に応えながら登場し、最後にRYUICHI(Vo)がセンター位置につくと、真矢(Dr)が怒涛(どとう)のビートをたたきこみ、1曲目は「Anthem of Light」へ。

続いてキャノン砲が上がりオーディエンスの高ぶる気持ちをさらに盛り立て、「TONIGHT」へ。INORAN(Gt)はセンターステージに進みメロディーを奏で、SUGIZO(Gt)と J(Ba)はそれぞれサイドステージへ進み、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。

MCでRYUICHI(Vo)は、バンドがもうすぐ結成30周年になることを告げ、この日一緒にドリフェスに出演する後輩たちのパフォーマンスを「とってもワクワクしながら見ていた」と語る。

「Déjàvu」「Face to Face」など初期の楽曲から、「I for You」「STORM」「DESIRE」「TIME IS DEAD」まで。この日初めてLUNA SEAを見たという年代のオーディエンスも、彼らの世界に引き込まれ、攻め込まれていった。

ラスト「おまえら全員でかかってこい!!」と RYUICHIが叫んで「WISH」へ。アリーナから「ラララ」とシンガロングが巻き上がると、宙に銀テープが放たれ、夢のような時間の終わりを告げた。

この後、フェスでは珍しくアンコールの声が上がり、メンバーが再登場し「ROSIER」を披露。レジェンド、モンスターバンドなどと言われる“LUNA SEA ここにあり”という圧巻のパフォーマンスをオーディエンスに刻み、感謝の意を表しながらステージを後にした。

■ Little Glee Monster

3日目のトップバッターを飾ったのはリトグリことLittle Glee Monster。メンバーが横一列に並んで、彼女たちの代表曲「好きだ。」でライブがスタート。この日がデビュー3周年だという彼女たちに、オーディエンスから温かい祝福が。

ボーカルグループらしくアカペラで、ファレル・ウィリアムス「HAPPY」、星野源の「SUN」、マイケル・ジャクソン「スリラー」、マーク・ロンソン「Uptown Funk ft.Bruno Mars」と次々と名曲をメドレーで披露。

コール&レスポンスが巻き上がった「SAY!!」から、最新シングル「OVER」まで。5人の声が重なり合う心地良いハーモニーでアリーナを沸かせた。

■ 高橋優

2年連続出場となる高橋優は、昨年のドリフェスで憧れのGLAYと共演。「最高の夢を見せていただいた」と語る。「会場のみんなにも夢のような時間を過ごしてほしい」と宣言して、ライブがスタート。伸びやかな歌声で「BERIGHT」「虹」を披露。続いて、11月22日(水)にリリースされるドラマ主題歌「ルポルタージュ」へ。

「明日はきっといい日になる」ではオーディエンスから大合唱が起こり、秋田愛をつづった「泣ぐ子はいねが」ではコール&レスポンスが巻き上がり、会場に一体感を生みだした。イメージを覆す、パワフルな歌唱力とアグレッシブなパフォーマンスで魅せた。

■ CHEMISTRY

ドリフェス初登場のCHEMISTRY。MCでは「僕らのことを知らない人もいるかもしれない」と謙遜する。しかし今もって色あせることのない珠玉の名曲「PIECES OF A DREAM」「Point of No Return」「My Gift to You」を、彼らのビターで美しい声が紡ぎだすと、オーディエンスは聞きほれる。

「今回は代表曲を、という思いで歌わせていただいております」と前半の意図を伝えると、後半は再始動後の新生・CHEMISTRYに。「You Go Your Way」からラスト「ユメノツヅキ」まで。変わらない、むしろ進化した2人のこれからを期待させてくれるハーモニーにアリーナは酔いしれた。

■ E-girls

11人体制で新スタートをきったばかりのE-girlsは、ポップな楽曲「Love ☆ Queen」で、弾けるようなフレッシュな魅力を振り巻いて登場。全編が新体制後にリリースされた楽曲での構成となっており、彼女たちの決意のほどがうかがえる。

初披露となるバラード「ひとひら」では、切なさを歌い上げ、新たな一面も魅せてくれた。終始キレのあるダンスは圧巻で、太陽のような明るさとエネルギーに満ちたステージ・パフォーマンスで会場を魅了した。

■ 森山直太朗

ステージ中央に敷かれた布団。携帯を片手にバイト先に欠勤連絡…という設定で登場した森山直太朗。

このシチュエーション通りの歌詞で始まる「レスター」を、ギター1本で歌い上げる。「ドリフェスの舞台に立つのは長年の夢でした」と語り、ピアノやバイオリンのバンドをバックに「魂、それはあいつからの贈り物」「夏の終わり」とアリーナに歌声を響かせる。

中盤「さまざまな会場でこの曲を歌ってきましたが…。こんなに拍手とどよめきが起こったのは初めてです」と、「うんこ」を披露。名曲「生きてることが辛いなら」も、しっかりと聴かせ、笑いが巻き起こるトークと、圧巻の歌唱力のギャップが魅力のステージを繰り広げた。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.