橋本マナミ、文春は厳しいけど「許してくれますか?」国民の愛人が抱える悩みとは?

CS放送フジテレビTWOドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartで、11月19日(日)23時30分より放送/配信されるオリジナルドラマ『過ちスクランブル』が、10月28日より新宿ケイズシネマで1週間限定劇場公開。このほど初日舞台挨拶が行われ、主演の趣里をはじめ、橋本マナミ、若葉竜也、市川しんぺーらキャスト陣と、主題歌を歌うShiggy Jr.、脚本・演出を担当した川村清人監督が登壇した。

本作は、真っ直ぐでおっちょこちょいな主人公・理沙(趣里)の好きな人への妄想が引き金となってとんでもない過ちを犯してしまう全5話のラブコメディー。橋本は、理沙が嫉妬心を抱く大人の女性・祥子役、若葉は、理沙が想いを寄せるインテリアコーディネート会社の同僚・信介役、そして市川は、祥子の夫・洋次郎役をそれぞれ演じる。祥子が結婚しているにもかかわらず信介とこっそり会っていることを知った理沙は、妄想に妄想を重ね、二人を引き裂く為にあらゆる手段を使っていく。

趣里は「自分がラブコメに縁があると思っていなかったので、壁ドンだとか頭ポンポンなどしていただいて、本当にありがとうございました」とあいさつ。橋本は、物語にちなんで「どんな過ちなら犯しても良い?」と尋ねられると「今、婚活をしていて、出会う男性全員を恋愛対象として見ているんですが、みなさん結婚されていて。最近、文春が厳しいのでそこに行っちゃいけないと思うんですが、行ってしまうこともあるかもしれないじゃないですか。そうしたら許してもらえますか? 国民の愛人と言われていますが、一人の愛人になりたいと思います」と語った。

そんな中、若葉に「女性からどんな風に誘惑されたい?」と質問が飛ぶと、「少し前までは橋本さんみたいなセクシーな女性に誘ってもらいたいなと思っていましたけど、橋本さんって現場で全然そういう感じじゃないんですよ。ハッキリものを言うし、足広げて寝ているし、だから橋本さんから誘惑されることはあきらめました」と」と暴露。橋本は「営業妨害だよ」と笑っていた。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.