X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

【詳細】他の写真はこちら

10月29日、横浜アリーナにて、毎週木曜日25時に放送中のラジオ番組、ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の番組イベント『岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭in 横浜アリーナ2017』が開催された。

これは1994年から21年半放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』やこの秋で3周年を迎えた『岡村隆史のオールナイトニッポン』にゆかりのアーティストや音楽をリスナーが楽しむイベントで、今年で3回目。集まったお客さんは、ほぼ全員が番組のヘビーリスナーで、熱心なファンが全国各地から集まった。

16時30分に恒例の『燃えよドラゴン』のBGMが流れると、一気に会場は総立ちに。おなじみの時報で登場したのは、宇宙船のカプセルに入った岡村隆史。永遠の眠りにつく岡村隆史にリスナーたちは早くも「岡村!」の大コール。宇宙船のカプセルが起き上がり、岡村が目を覚ますと大きな爆発音が。続けて『岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭in横浜アリーナ』のタイトルコールと共に、イントロが流れてきたのは恒例の1曲目「POISON〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」。岡村隆史の呼びかけに会場も「ポイズ〜ン〜」の大合唱となった。

続いて登場したのは知念里奈。知念のデビュー曲「DO-DOFORME」は、当時からナインティナインのオールナイトニッポンで何度もヘビーローテーションで流されており、リスナーにとってはお馴染みの1曲。「ワチャゴナ」で知られる1曲にド頭から大盛り上がりとなった。

次に登場したのは、今年3月まで『オールナイトニッポン0(ZERO)』を担当していたお笑い芸人のニューヨーク。番組での恒例となっているショートコント「ハプニングバー」を披露した。

次に登場したのは憑依芸で話題沸騰のロバートの秋山竜次。番組ではカリスマボイストレーナーとして何度も登場してきた。今年は「TOKAKUKA」のパフォーマンス中に、秋山がTシャツを捲って梅宮辰夫さんを登場させる体モノマネショーを披露。途中、岡村がパスタを持って登場すると、梅宮辰夫さんに食べさせるというコラボを披露した。

続いて登場したのは、May J.。3年連続の登場となったMayJ.は、事前にリスナーからカバーして欲しい曲を募集。熱心なリスナーから番組でよく流れた曲のリクエストが50曲以上届いた。その中から選ばれた、ポルノグラフィティの「ミュージックアワー」とglobeの「FACE」の2曲を歌いあげた。続いて歌ったのが新曲「母と娘の10,000日〜未来の扉〜」。1番を歌い上げるとステージ上段からサプライズゲストの八代亜紀が登場し、会場は大きな歓声に包まれた。May J.とのデュエット曲を聴かせたあとは、岡村からのたっての願いということで、番組で何度もオンエアしている「残酷な天使のテーゼ」をサプライズで披露。思わぬ大御所の1曲に、大盛り上がりとなった。

続いて登場したのは、番組のスポンサーでもある高須クリニックの高須克弥院長。

3年連続出演となった今回は、カラオケの十八番だという勝新太郎の「座頭市」を披露した。

「番組のヘビーリスナーがついに来てくれた」と岡村が待望していたのがaiko。『ナインティナインのオールナイトニッポン』時代から熱烈なリスナーとして知られるaikoは、番組の名物コーナー「悪い人の夢」でも“悪aiko”としてハガキ職人たちにも

度々ネタにされており、満を持しての登場となった。「あたしの向こう」「キラキラ」の2曲に続いてお送りしたのは、「ボーイフレンド」。イントロにのって岡村が登場すると、会場は大興奮。aiko&岡村隆史での「ボーイフレンド」の披露となった。aikoが番組にゲスト出演した際に岡村は、「aikoにコール&レスポンス教えてほしいねん」と話していたとおり、曲中でaikoがコール&レスポンスを披露したあとに、岡村も挑戦。aikoは最後に、「この場所で歌えてうれしい」と番組への想いを語り、「ラジオ」を歌い上げ、会場は一体感に包まれた。

次に表示されたのは岡村隆史SUPER LIVEの文字。文字どおり、岡村が普段カラオケで熱唱している曲をお届けするライブで、今年は「2億4千万の瞳〜エキゾチック・ジャパン〜」「TAXI」を披露。会場には「ジャパ〜ン」という掛け声が響いた。そして3曲目に選んだのが、岡村が大好きだという長渕剛の「乾杯」。今年もハガキ職人が岡村の人生を綴った、特別な替え歌でお送りした。

しっとりと歌い上げた後に突然「サプライズゲスト」という文字。何が起きるか岡村が戸惑う中、登場したのは今年月の4月に番組でお見合い企画を行った、ぱいぱいでか美とリスナー代表のユウさん。ぱいぱいでか美からは「岡村さん、あのときは最終的に私を選んでくれたのに、さっぱり連絡がないじゃないですか? どういうことですか?」と、詰め寄られる場面も。

そして、次に登場したのはX JAPANのToshl。ラジオでの共演から意気投合し、今回のゲスト出演が実現した。Toshlが「CRYSTALMEMORIES」を歌い上げたあとに、Takashlこと岡村隆史を呼び込んだ。なんと岡村は、Toshlが実際に着用した2016年大晦日に行われた『紅白歌合戦』の衣装で登場。Toshlが「Takashlがすごいギターをぶちかますぜ。びっくりするなよ!」と、2人がアコースティックギターで披露し始めたのは、X JAPANの「紅」。会場にどよめきが起こる中、岡村の「紅だぁ〜〜〜〜!!」の声に合わせて、バンド演奏がスタート。Toshl&岡村隆史という夢のコラボに大きな盛り上がりとなった。次に披露されたのはToshlのピアノ演奏による「Forever Love」これも岡村とのコラボで、極上のバラードに会場は深い感動に包まれた。

aiko、Toshlという夢のコラボに続いて表示されたのは鈴木健介という文字。リスナーにとってはお馴染みの、岡村の高校時代の親友である健介は「もしもピアノが弾けたなら」を披露した。

全員が揃ったエンディングでは、「今年も最後にみんなで1曲歌えればと思ってたんですが」と話した岡村に続いて流れたのはX JAPAN「X」のイントロ。X JAPANの代名詞である「X ジャンプ」をこの日の出演者たちが参加して、観客も一体となり、この日いちばんの盛り上がりとなった。

最後には、番組では名物の元ナイナイマネージャーの大谷氏より、来年2018年10月28日に、第4回となる『岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭』の開催決定が発表され、大歓声の中、イベントは幕を閉じた。

『岡村隆史のオールナイトニッポン』番組サイト

http://www.allnightnippon.com/okamura/

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

X JAPAN・Toshl、aiko、ロバート秋山、May J.、ぱいぱいでか美ら出演!『岡村隆史のANN歌謡祭』大盛況で終了

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.