「ホリプロTSC」男女混合大会初、男性がグランプリ獲得 ギャップも魅力の定岡遊歩さん

【ホリプロスカウトキャラバン・定岡遊歩/モデルプレス=10月29日】深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみらを輩出したオーディション『第42回 ホリプロタレントスカウトキャラバン』決選大会が29日、都内で行われ、沖縄県出身のアパレルショップアルバイト・定岡遊歩(さだおかゆうほ/21歳)さんがグランプリに輝いた。

【さらに写真を見る】ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得した定岡遊歩さん

今年は“気になるあの子”をテーマに、独自の個性と才能を持ち、あらゆるメディアで発信できる素材を秘めた即戦力となる次世代のスター候補を発掘するため、20年振りに女性のみならず、男性も募集。性別・国籍を不問とした中学3年生から22歳までの応募者(応募総数36504名)の中から、WEB審査、全国9カ所で行った地方予選や合宿審査を通過した10名(女性6名・男性4名)がグランプリの座をかけて、この日の決勝大会に臨んだ。

男女募集の同オーディションで、男性として初めてグランプリに輝いた定岡さんは、弾ける笑顔で初めてのフォトセッションに参加。囲み取材では、グランプリを受賞した感想を尋ねられると「人生で初めて1番というものを獲ったので、正直どうしたらいいかわからないですね」と実感していない様子だったが、「すっごい嬉しかったです」とニッコリ。

グランプリ発表時に名前を呼ばれた瞬間に天を仰いでいたことから、その瞬間の心境を「マジで自分!?って感じになっちゃいました。パフォーマンスが終わった後に裏で半泣き状態だったので、(自分が選ばれるとは)全然思っていませんでした」語った。

◆ピアノ演奏で魅了


個人パフォーマンス審査では、見事なピアノ演奏を披露した定岡さん。「楽譜が読めないので、小さいときから耳と目で覚えました。教える方は大変だったと思うんですけど、その方が自分は分かりやすので、それでいままでやってきました」と明かし、普段見せる印象とのギャップが大きかったと指摘されると「よくチャラチャラしているって言われるんですけど、ピアノを弾くとみんな『好感度が上がった』と言ってくれるので、嬉しいです」と声を弾ませた。

◆将来の目標は?


定岡さんは現在、コスメショップでアルバイトをしており「(芸能の)お仕事と両立して、いずれ、自分で男性用の化粧品を作ってみたいなと思っています」と将来の目標を告白。

芸能界での将来の夢を尋ねられると、「オールジャンルで皆さんから愛されるタレントになりたいです。バラエティーや、涙もろいのでドキュメンタリーの番組にも出演してみたいです」と語った。

◆りゅうちぇるに似ている点も


そして、喋り方や雰囲気、出身地など、りゅうちぇるに似ていることから、「りゅうちぇるさんに似ているって言われませんか?」と聞かれた際には、「言われます!言われるんですけど違います!」とコメント。「出身地はちぇるちぇるランド?」との問いかけには、「沖縄です!」と即答し、報道陣の笑いを誘った。

なお、審査員特別賞には広島県出身の大学3年生・井上祐貴さんが選ばれた。(modelpress編集部)

■定岡遊歩(さだおかゆうほ)さんプロフィール


生年月日:1996年7月21日(21歳)
出身地:沖縄県
身長:172センチ
趣味・特技:ピアノ、coverダンス
なりたいジャンル:バラエティータレント

■『第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン』決勝大会概要


グランプリ:定岡遊歩さん(21歳・沖縄県)

審査員特別賞:井上祐貴さん(21歳・大学3年生・広島県)

ほかファイナリスト:安部なつ美さん(15歳・中学3年生・北海道)、庄司真子さん(15歳・中学3年生・山形県)、小原乙海さん(15歳・高校1年生・東京都)、岩本実子さん(14歳・中学3年生・三重県)、山下耀子さん(22歳・大学4年生・香川県)、金子夕菜さん(15歳・中学3年生・愛媛県)、岡村安努竜さん(17歳・高校2年生・埼玉県)、樫尾篤
紀さん(21歳・大学3年生・高知県)

MC:武田修宏、小島瑠璃子

審査員:榊原郁恵、伊集院光、ヒャダインほか

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.