広瀬すず、生田斗真とのキスシーンを反省「マネージャーさんに廊下に呼び出された」<先生!>

【生田斗真・広瀬すず/モデルプレス=10月28日】28日、都内にて映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台挨拶が行われ、主演の生田斗真、共演の広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督が登壇した。

【動画】広瀬すずが反省した“キスシーン”直前の瞬間

◆広瀬すず、生田斗真とのキスシーンを反省


劇中の名台詞「未来で後悔したくないから。今は一番好きな人を好きでいたい」にちなみ、公開日に後悔しないよう“今だから言える話”をそれぞれ披露。

広瀬は予告編にも収録され反響を呼んだ屋上での生田とのキスシーンについて、「もしかしたら気付いているかなって思ってたんですけど…(撮影直前の)お昼休みにカレーを食べました」と告白。お弁当は2種類から選べたそうで、カレーを選んだ広瀬は「マネージャーさんに廊下に呼び出されて、『本当にカレー食べるの?』って聞かれました」とまさかの選択に念押しされたことを明かし、食後歯磨きはしたというも「こういうシーンでは、そういうことを気にしなきゃいけないんだって思いました」と反省。これに生田は「全く気付かなかった」と驚いた様子を見せていた。

◆生田斗真「広瀬すずか広瀬アリスか分からない」


そんな生田は迷いながらも「本当に目が悪くて、視力が0.06くらいしかないんです」と告白。

「今はコンタクトをしてるけど、外すと(隣にいるのが)広瀬すずか広瀬アリスか分からない」と会場の笑いを誘うが、トークテーマが「後悔しないよう“今だから言える話”」だったため、中村から「それ(今日)言わないと後悔するの?」とツッコミを受けていた。

◆映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』


今作は、累計発行部数600万部突破、1996年から2003年まで別冊マーガレット(集英社)で長期連載したコミック「先生!」(作・河原和音氏)を『陽だまりの彼女』『ホットロード』『僕は明日、昨日のきみとデートする』と立て続けにヒット作を手がける、三木孝浩氏が実写映画化。

テーマは「教師と生徒の純愛」。大人と子ども、教師と生徒、本音と建前、様々な思いが交錯する中、不器用で純粋すぎる伊藤(生田)と響(広瀬)の“じれったい恋”が描かれる。

イベント最後には、広瀬の合図に合わせて会場全体が生田に「好きになってもいいですか?」とサプライズ質問。何も知らされていなかった生田は「いいよ」と告白に返事をし、「嬉しい」と笑顔を弾けさせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)