浜崎あゆみ カープ女子姿に「また太った?」の声

 全国ツアー中の歌手の浜崎あゆみが、23日に広島公演を行い“カープ女子”姿となって会場を沸かせた。台風の影響で22日に予定されていた神戸公演が中止になったばかり。この日にかける想いはより強かったようだ。

 まさに最高のファンサービスになるはずであった。カープの本拠地で、歌姫が真っ赤なユニフォームに身を包む。しかも、そのユニフォームは16年に引退した黒田博樹元投手のもので、地元ファンたちの心をとらえたはずだ。

 しかし、ネット上に溢れたコメントは「カープ女子あゆ可愛い」という言葉とともに、「ぽっちゃり」や「また太った?」という言葉の数々。現在、浜崎のコンサートは観客による写真撮影が許可されているため、この日の姿はSNSを中心に出回っている。その写真に目をやると確かにぽっちゃり感は否めない。

 この日のコンサートは、観客席にいた少女の元に寄り添って一緒に歌を歌うというサービスまで飛び出し大盤振る舞い。浜崎本人も自身のインスタグラムに「2日分の想いが爆発してステージを降りて客席に乗り込んでしまいました」と投稿した。だが一方で、浜崎のファンサービスには、安全面で批判の声もあがっていた。

 台風で中止となってしまった神戸公演では、「可能な限り」という条件付きで、グッズ販売のみ行っていた。熱心なファンはそれを求めて会場に訪れた。そして、浜崎もその気持ちに応えるため、本人が1時間ほどその場に登場するというファンには嬉しいサプライズをみせたのだ。これはなかなかやれることではない。

 だが、この行動も感激する言葉の他に「台風で危険だから公演を中止にしたのに意味なくない?」「安全確保が優先では」という批判的な意見も寄せられるはめに。

とにかく浜崎の場合、何をやっても批判されてしまうのだろうか。これはスターの証ともいえるだろう。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.