吉岡里帆、“特別な存在”への思い「人間性に惹かれている」

【吉岡里帆/モデルプレス=10月23日】女優の吉岡里帆が23日、都内でNHK特集番組『ゴッホは日本の夢を見た』(NHK総合にて11月3日10時5分〜)のフォトセッションに出席した。

【さらに写真を見る】吉岡里帆、“特別な存在”を語る表情が可愛い 柔らかな笑顔で思い明かす

◆吉岡里帆、特別な存在・ゴッホへの思い語る


フィンセント・ファン・ゴッホはなぜ日本に恋い焦がれたのか?同番組では、その謎を解き明かすため、美術に関心を寄せる吉岡が初めてヨーロッパへ旅に出て、ゴッホの足跡をたどりながらフランス・オランダを縦断。絵のモデル・タンギー爺さんの子孫の貴重な証言や、晩年入院した精神病院の壁に貼っていた“ある日本の絵”など、残された遺品や貴重な証言を手がかりに、ゴッホの人物像に迫る。

同フォトセッションのために、東京都美術館で行われる『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』(24日〜開催)を訪れた吉岡は、ゴッホの作品『寝室』の前で取材を行った感想を聞かれると「(番組で)フランスとオランダの美術館に行かせていただいて、絵にも触れる機会も多かったですし、作品だけではなくて彼の足跡をたどることも多かったので、実際に日本に帰って来て絵を見ると、どこか懐かしい感じがする。帰ってきても絵が待っていてくれるというのがすごく嬉しいです」と笑顔を見せた。

また、吉岡によってゴッホはどういう存在なのか尋ねられると、「昔から絵が大好きなんですけど、ゴッホの絵は特別で、何故かと言うと、絵の美しさだったり造形だけではなくて、彼自身の人間性に惹かれている部分があるので、ゴッホというのは人のあり方を教えてくれる貴重な存在かなと思います」と告白。

「(ゴッホに)会うことができるなら会ってみたいです」と輝かせた吉岡は、MCから「(ゴッホと)友だちになれそうですね」投げかけられると「彼は日本を見るときに、実際に日本に訪れたことはなかったんですけど、自分の中で日本を作り出して、その審美眼を持って絵を描いた。信じ込む力というか、私は仕事をする上でそこを信じているので、共鳴できるのではないかなと思います。一緒に語り合いたいです」と声を弾ませた。

◆女優業と照らし合わせて感涙


さらに、今回ゴッホの作品や足跡に触れたことで、今後の女優業に影響を与えそうか尋ねられると、「自分の仕事と1番照らし合わせたり考える時間があったのは、アルルという街に行ったときです。ここにもアルルの景色の作品がたくさん展示されているんですけど、アルルは何もない壮大な自然があり、旧市街地で歴史が深みのある街で、その場所に行ったときに自然とこみ上げてくるものがありました。そういう感動をゴッホは“ここは日本なんだ”と思えたという話を伺って、私もその景色に自然と涙がこぼれるような思いがありました」とコメント。

そして「感じる心。美しいものを見たときだったり、空を見たときに“なんて綺麗なんだろう”って思い、それが作品に投影されていくというのは学びになりましたし、改めて気付かされました」と感慨深げに語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)