1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

【SWEET LOVE SHOWER 2017】“ジャパニーズソウルの王”久保田利伸が名曲のヒットパレード!

8月25日〜27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月27日に行われた3日目の、後半の模様をリポートする。

【写真を見る】3日間の大トリを務めたゆずは、最後の瞬間まで多幸感あふれるライブを展開!(Photo by 西槇太一)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

■ Suchmos

開演前から立すいの余地がないほどの観客が詰め掛ける中、Mt.FUJI STAGEにはSuchmosが登場。ステージに現れたメンバーは、まず「S.G.S.4」を短めに披露し、YONCE(Vo)の「Welcome to SWEET LOVE SHOWER! グッドバイブスをお届け!」という言葉から「YMM」へ。

サビ前にはYONCEが「ラブシャ、カモン!」と呼び掛け、観客もハンズアップで応えていく。キレのある演奏を聴かせていく中、YONCEはHSU(Ba)やKCEE(Dj)の見せ場でしっかりとスポットを当て、「揺れよう!」とさらに観客を煽っていく。

「今日この瞬間だけ、五感をフル活用! Suchmosです」というYONCEのあいさつに続いては「Miree」。音源からさらにおしゃれにアップデートされたトラックで、観客を揺らしていく。さらに「終電で繰り出してラブシャで待って♪」と、YONCEが歌詞を変えて観客を喜ばせる。

「気持ちいい風か吹いてきたね。晴れようが雨降ろうが、楽しむことには変わりねえから。Show me your face!」(YONCE)と語り掛ける中、「FACE」ではYONCEがBob Marley「Get Up, Stand Up」の歌詞を引用する場面も。

続いて「いい感じに気持ちよくなってきました。もっと気持ちよくなりたいと思います!」(YONCE)と「WIPER」へ。この日のセットでも屈指のアーバン&ファンキーさで観客を踊らせていく。YONCEも「This is song vibration!」とアピールする。

YONCEは「SWEET LOVE SHOWER、3年連続で出させてもらってます。湖畔のステージから始まって、今年はここですよ。デカい! 人がいっぱい!」と、一つ一つステージを上がってきたことを実感した様子。

そして、「いろんな人がいるじゃん。それが俺は好きだ。いろんな音楽が好きだ。いろんな音楽を聞くあなたたちが好きだ。次で最後の曲です。このシチュエーションを楽しんで。Suchmosでした」という言葉と共に、披露されたのは「OVERSTAND」。

締めくくりにふさわしい、メロウかつエモーショナルな演奏を見せ付け、詰め掛けた満員の観客を黙らせた。演奏終了後、YONCEはステージ両端に足を運び、それぞれに深々と一礼。“あの曲”こそ披露しなかったものの、バンドの現在のムードを多分に反映した、強い意志を感じさせるライブとなった。

■ Dragon Ash

LAKESIDE STAGEにはDragon Ashのライブがスタート。まずはATSUSHI、DRI-Vのダンサー2人が先に登場し、観客の手拍子をあおりながらキレのあるダンスを披露する。そこからメンバーがステージに集結し、「Mix It Up」からライブはスタート。

「Let's go SWEET LOVE SHOWER!」というKj(Vo/Gt)の掛け声と共に、縦ノリのミクスチャーロックを響かせていく。さらには「頭振れ!」(Kj)とヘッドバンギングを促す場面も。続けて「夏が終わっちまうぞ! 飛び跳ねろ!」(Kj)と「AMBITIOUS」へ。ATSUSHIとDRI-Vは、タオルを使ってそれぞれのスタンスであおり立てる。

「The Live」では、KenKen(Ba)が猛烈なスラップ奏法を展開するパフォーマンスを経て、タイトな演奏を見せていく。さらにKenKenは、高速スラップを演奏しながら難なくラップしてみせる。観客の熱い盛り上がりを見たKjは、「行こうか! 頭で!」と観客に再びヘッドバンギングを要求する。

「Jump」では、とうとうKjも上半身裸になり、ハンドマイクでタイトにラップしていく。「Ladies and Gentleman,タオル持ってんだろタオル! 回せ!」(Kj)と呼び掛けると、観客がタオル回し出す。その後もKjは「楽しそうじゃん! 飛び跳ねろ!」「Everybody, Let's jump!」と、曲名にちなんで盛んにジャンプをあおっていく。

その後のMCでは、「爽やかなロケーションに、爽やかなアーティストが一杯の中、一際異彩を放って申し訳ないんですけど。こんなにバックヤードに友達がいないフェスも久々ですが、何なら楽屋も端の方にされてたりして。なんか、怖がられてんのかなってことも、ちょっと気にしたりしちゃう年頃ですが」と、Kjが愚痴をこぼす場面も。

一方、「このゲートをくぐったら、この3日間だけは、普段の考えなきゃいけないこととか気にしなくていいんで。入ったらそこは楽園だと思うんで、みんなが楽しいと思うんで。お前ら最高のオーディエンスで(それを)示して帰りましょう!」(Kj)と熱く語り、観客を沸かせていく。

そして「我慢すんじゃねえぞ! Dragon Ashの時だけ、前にごついセキュリティーいるから、大丈夫だから!」とKjが呼び掛け、アンセム「Fantasista」投下! 先ほどの言葉を受けて、ダイブする観客が続出するなど、前方エリアはカオスと言える盛り上がりに。

そんな観客たちの姿を見たKjは「最高かっ! 全員に楽しむ権利があるんだ! 何も我慢するんじゃねえ! 全部おいて明日からの糧にしてくれよ!」と語り掛け、ライブはさらに熱を帯びていく。

「まだまだフェスは続くし、いいバンドもたくさん出るから、いいアーティスト発見したり、仲間とビール飲んだりして楽しんでください。金払ってる皆さん、どうか、ロックフェスやライブハウスでは、背負ってるもの我慢しないで。ありがとうございました!」という言葉から、ラストは「A Hundred Emotions」。

最後にKjは「ありがとうございました。名前だけでも覚えて帰って下さい。Dragon Ashでした」と、まるで若手芸人のようなあいさつでライブを締めくくった。

■ [Alexandros]

LAKESIDE STAGEにやってきたのは[Alexandros]。ライブは、1曲目から新曲でスタート。打ち込みを駆使しながらも比較的シンプルなロックナンバーで、観客も腕を掲げて乗っていく。川上洋平(Vo/Gt)は「新曲なのに盛り上がってくれてありがとう!」と、素直に観客へ感謝を。

続けて、「SWEET LOVE SHOWER 2017、Are you ready?」という川上の掛け声から「ワタリドリ」が演奏されると、イントロから既に大歓声。当然のようにフロアもすさまじい揺れとなり、熱狂を生み出していく。

「ほらもっと盛り上がろうぜ! 最高の夏休みにして帰ってくれ! 準備はいいか?」と川上があおる中、「Kaiju」ではハードロック的なサウンドながらもオリエンタルな香り漂うリフで踊らせていく。

「Kick&Spin」では、「楽しもうぜ山中湖! 暴れたいヤツは暴れろ!」という川上の言葉を受けて、前方の盛り上がりが熱を帯びていく。中盤では庄村聡泰(Dr)がツーバスドラムであおり立てるなど、観客に活を入れていく。

ライブも終盤となる中、川上が「愛してるぜ山中湖!」と叫ぶと、女性ファンからは一際大きな歓声が。そこから「Adventure」へなだれ込むと、観客とのコール&レスポンスを展開する。「もっと声出そうぜ!」という川上のあおりに、観客は持てる力をぶつけるように大合唱してみせた。

そして「名残惜しいですが、ラスト1曲です。近いうちにまたSWEET LOVE SHOWERに帰ってきたいと思います。ラスト1曲、新曲で締めてもいいですか!」と、最後も新曲で締めくくった彼ら。新曲中心の攻めのセットでも、普段通りの盛り上がりを見せていった。

■ 久保田利伸

[Alexandros]の終了とともに、Mt.FUJI STAGEにはレジェンドの生の姿を拝もうと観客が続々とやってくる。観客がその時を心待ちにする中、まずはバックバンドが再びステージに登場。

日本人離れしたファンクネスで、小雨がパラつきだしたフロアを暖めていく。総勢9人のバンドが濃密なグルーヴを聴かせたところで、キーボードのスウィートなサウンドが響き渡ると、どこからともなくあの男の歌声が。

満を持して登場した久保田利伸は、「山中湖に集うパーリピーポー! SWEET LOVE SHOWER!」と歌いながら、早速「Let me hear say yeah!」とコール&レスポンス。そしていきなり大ヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG」が披露されると、観客からは驚きと共に大歓声が。

原曲以上にファンク要素が凝縮されたサウンドに、早くもフロアは狂乱状態。「回れ回れメリーゴーランド♪」というサビの歌詞に合わせて、観客が手を振り回す場面も。ブラックミュージック特有のコーラスから、再びレゲエ風のトラックに乗せてコール&レスポンスを展開し、観客との一体感を形成していく。

MCでは「初めてSWEET LOVE SHOWERに参加させてもらいます、あらためまして久保田利伸です。僕は富士山を見ながら育ちました。小学校のときに家の窓から見える富士山。藤川の鉄橋を越えるときに見える富士山」と、静岡出身として富士山への思いを明かす。

続けて、「今日もこうしてみんなと一緒に…富士山見えないね(笑)。見えないけど、みんなの心にデッカイ富士山を描いて楽しみましょう! 僕を育ててくれた富士山の前で、心を込めて歌います」という言葉から「Bring me up!」へ。

日本人とは思えないバンドメンバーのグルーヴィーなサウンドに、普段こうした音楽に触れていない観客も思わず体を揺らしていく。「俺と皆さんで3回跳ねるので、バンドの皆さんはそれに合わせて終わってください」と久保田がオンマイクでバンドに指示した後、その場でバッチリと合わせてみせるバンドメンバーの演奏力も圧巻。

そして「Missing」のイントロが流れると、客席からは大きなどよめきが。サビを歌い終えたところで、久保田は熱い歓声に応えて会釈する一幕も。それまでの空気が一気に変わり、「ただ久保田利伸の濃密な歌がそこにある」といった雰囲気に。圧巻の歌唱力で観客を大いに酔わせた。

「Upside Down」では、再びファンクサウンドに回帰。久保田自身の熱も高まり、羽織り物を脱いでシャツとジーンズといういでたちに。そこから流れるように「Free style」へ展開すると、歌い終えてラッパーのような腕組みポーズを見せ、観客を喜ばせる。

そんな中、「日本には誇れるものがたくさんある。アメリカにいた頃、よく歌っていた日本のビッグソングがあるので、今日はそれを歌いたいと思います」という言葉に続いて、披露されたのは「SUKIYAKI〜Ue wo muite arukou〜」。

言わずと知れた坂本九の名曲を英語で熱唱するが、その際琴など和のテイストを盛り込んだ独特のサウンドを展開。正しく“アーバンソウル”という言葉がふさわしいしゃれたサウンドに観客もウットリといった様子。終盤にはコーラスの男性ボーカリストと向かい合い、美しいハーモニーを響かせる場面も。

あっという間に最後の曲となり、ラストは「LOVE RAIN〜恋の雨〜」。圧倒的なグルーヴも目撃した観客が一様に笑顔を浮かべる中、久保田は「ビューティフォーピーポー!」と言い残しステージを後にした。

■ ゆず

SWEET LOVE SHOWER 2017、3日間の大トリを務めるのはゆず。「どうも皆さんこんばんはゆずです! SWEET LOVE SHOWER、やっと来られた〜! 3日間のラスト、僕たちゆずが務めさせていただきます! 最後までよろしくお願いします!」という北川悠仁(Vo/Gt)のあいさつから、ライブは「サヨナラバス」でスタート。

「SWEET LOVE SHOWER元気か! もっと声聴かせてくれ! 俺たちの歌はこんな感じ!」(北川)と、観客とのコール&レスポンスから披露されたのは「少年」。デビュー20周年を迎えた彼らが、初期の名曲で盛り上げていく。

曲中には、「最後まで待っててくれてありがとうございます! デビュー20周年です。今日初めて見るっていう人! うわぁ、ほとんど(笑)。はじめまして、ゆずです! 名前だけでも覚えて帰って下さい! ゆずを体で表現します!」と、北川が体で“YUZU”を形作るおなじみの展開も。

続けて、「今日はいろんな曲用意してきたんですけど、これも僕たちの代表曲と言えるものです」(北川)と「虹」へ。促された観客がサビで大合唱を見せると、北川は「みんないい声! どうもありがとね!」と賛辞を。

さらに、「次は常に新曲を届けたいってことで、新曲持ってきました。知ったかぶりしながら乗ってください!」(北川)と、CM曲としても話題の「愛こそ」へ。その後の「タッタ」では、北川自ら振り付けをレクチャー。ダンサーも登場し、みんなで踊っていく。

そして、「今日は暑かった? でも寒くなってきた? これじゃ夏が終わっちゃう感じしない? 夏にやり残してることない? 俺も夏にやり残してる曲があるんだよね」という北川の思わせぶりな言葉から、披露されたのはもちろん「夏色」! 言わずもがなの大盛り上がりとなり、冷え込みだしたフロアを再び熱くさせた。

まだまだライブを楽しみたい様子の観客に、北川は「バカヤロー! こっちにもいろいろあんだよ! 何がフーだよ!」と悪態をつきつつ、「ありがとう! 初登場なのに大トリなんて荷が重かったです!」と本音を明かし、笑いを誘う。

「よしもう一曲やろう! 3日間来た人? 今日だけ来た人? 今日はいろんな人がいると思うけど、ステキな夏だったかな? 最後の曲は、みんなで心を一つにして歌いたいと思います。ラブシャ22年目にして声かけてもらって、大トリやれてうれしかったです。最後の曲です」(北川)という言葉から、ラストは「栄光の架け橋」。

スクリーンには歌詞が映し出され、観客全員で大合唱。北川は「寒い中待っててくれてありがとうな! 気を付けて帰ってくれよ! 引き続きステキな夏を!」という言葉を残して、ことしのラブシャを締めくくった。

Let's block ads! (Why?)