五木ひろし、歌の力で災害復興に一役「少しでも勇気づけたい」

 演歌歌手の五木ひろしが19日、東京・NHKホールで行われた『第17回 虹の架け橋まごころ募金コンサート』公演に出演。日本音楽事業者協会が主催で、災害支援と環境問題改善を軸に2001年からスタートした同公演への思いを聞かれると「私たちの歌で、少しでも励まし、勇気づけたりすることができたらと思っています」と言葉に力を込めた。

【集合ショット】氷川きよし、司会の藤原紀香らが登場

 今年亡くなった船村徹さん、ペギー葉山さん、平尾昌晃さんの功績を讃えて、今回は『明日につなげる日本の名曲』をサブタイトルに採用。チケット売上金の一部は、昨年発生した熊本地震災害および、今年7月の九州北部豪雨災害への復興支援として、熊本県、福岡県、大分県に寄付される。

 福岡出身の氷川きよしは「歌手として、微力ですけど、精いっぱい歌って、九州の皆さんに元気を届けたいです」と意気込み。司会を務める徳光和夫も「番組前のリハーサルで、プロデューサーから被災地を訪れた時の話を聞きました。物資の支援は足りていますが、心の支援はまだまだということでしたので、私はそれが一番届くのは歌声ではないかと思っています」と呼びかけていた。

 司会は徳光、藤原紀香が担当し、そのほか大川栄策、城之内早苗、坂本冬美、藤あや子、丘みどり、北山たけし、川野夏美、市川由紀乃、野村美菜、北山みつき、岩佐美咲、入山アキ子、松川未樹、大江裕、川上大輔、羽山みずき、松阪ゆうき、工藤あやの、社このみ、エドアルド、三岳翔太が出演した。 </span>

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.
カテゴリー


次の記事