ドラマ「もひかん家の家族会ぎ」がスタート!中村優一「“仲の良い家族”を見てほしい」

ドラマ「もひかん家の家族会ぎ」が10月17日から、tvkほかでスタートする。放送開始を前に、主演の中村優一、三倉佳奈にインタビューを行った。

【写真を見る】三倉佳奈、はっちゃける!?

本作は、2015年ごろからTwitterにアップされ話題となり、今年2月に書籍化された「なんでも解決!もひかん家の家族会ぎ」(ワニブックス)が原作。

トラック運転手・もひかんパパ(中村)がある日、交通事故を起こし大借金を負ったことで家族に危機が訪れる。そこで、パパは家族会議を月1回行いうことを提案。

パパ、大阪のおばちゃんのママ(三倉)、小学校3年生の長女・なごみ(平尾菜々花)、幼稚園児の長男・かずとよ(山川大遥)、祖母のばあば(徳井優)が家族会議を毎月開き、個々の目標を決めて、これからについて話し合っていく、家族の温かくも微笑ましい、節約物語が展開する。

■ パパ、ママの見どころを語る

――初めに、中村さん、三倉さんの役どころについて教えてください。

中村:僕は一家のお父さんなんですけど、事故が原因でちょっと借金を抱えてしまって。それを返すためにみんなで家族会議をして、節約して、子供たちも含めた家族全員で1つ1つの目標を立てながら、楽しく借金を返していくっていうお話で、僕はそのパパですね。どちらかというと「お父さんだぞ!」っていうよりは、ママたち家族に支えられながら、日々のお仕事を頑張っていくっていう感じですね。

三倉:私は、そのママ役です。パパがちょっと頼りない面があったりする役柄なので、わりとママがグイグイ引っ張っていくような、家の裏リーダー的な感じです。天真爛漫で、明るくムードメーカーなキャラクターですね。

――実はママが主導権を握っているということですね。

中村&三倉:そうですね!

中村:家族会議はパパが主導なんですけど、結局はママだったり、ばあばだったりが。

三倉:議長がパパで、書記が娘のなごみなんですけど、2人はわりと真面目タイプで、かずとよとばあばと私は面白担当というか、みんなちょっと天然ボケな感じです。

中村:パパとなごみが真面目に進行するけど、脱線していくっていう。

■ 中村優一「関西弁を練習して頑張ったので、見ていただきたいです!」

――お父さん、苦労しそうですね。パパ、ママの「こんな部分を見てほしい」というところはありますか?

中村:やっぱり、父親役っていうのが初めてですし、関西弁っていうのも初めて挑戦したので。関西弁を練習して頑張ったので、そこは見ていただきたいです。でも、やっぱり家族全員のお話なので。5人で30分回すっていう(笑)。

三倉:すごい事ですよね!?

中村:そういうドラマなので、仲の良い家族の部分とかを見てほしいですね。あと「こういう家族になりたいな!」って思える描写がたくさんあるので、そこが見どころかなって思います。

三倉:関西弁、上手でした! 他の出演者が全員関西人だったので、「やりにくかったんじゃないかな?」と思いつつ、でも誰も気になることなく進んでいけて、アドリブも出ちゃってみたいな感じだったので、全く心配なかったです。

中村:そういうところでも支えてもらいながら。

三倉:いえいえ、とんでもないですよ!

――前もって準備されてたんですね。

中村:そうですね。関西出身の知り合いに教えていただいて、台本の本読みしながら「ここは合ってる」「間違ってる」っていう感じで練習しました。でも、感情的なシーンとかでセリフに感情が乗っかると標準語に近付いちゃったりとか、なかなか難しかったですね。頑張りました!

■ 三倉佳奈「わりと何でもやっちゃいました」

――三倉さん演じるママの見どころはどんな部分でしょうか?

三倉:私はプライベートでも子供がいて、ドラマと同じで上が娘で下が息子なんですけど。そういう意味では普段母親をやってますけど、ここまでガッツリの母親役はあまりなかったことなので、挑戦ではありました。はっちゃけたりとか、踊っちゃったりとか、変な顔をしてたりとか、アドリブでしょうもない事を言ったりとか。現場の雰囲気がすごくアットホームだったこともあり、わりと何でもやっちゃったっていう部分があるので、それを見てほしいなと思います。

中村:このドラマ、1話を1日で撮ったんですけど、自分たちの素が出ちゃってる部分とか、そういうところでも「このドラマは面白いな」と思いながらやってました。役でやってるけど、リアクションとかが素に近かったりとか。

三倉:それぞれがパパ、ママ、子供、ばあばという役で、現場で1日を過ごすっていう感じだったので。合間に子供たちと遊んだり、喋ったりするのも役の延長っていう感じだから、5人のチームワークっていうか、本当に家族なんじゃないかっていうくらいの雰囲気が出てると思うので、そこを見てもらいたいです。

――そういう部分にも注目してみたりして、何度も楽しめるドラマですね。

中村:何回も楽しめると思います!

■ 「あまりお金を使わない」中村優一に対して、三倉佳奈は節約家!?

――では、ドラマに関連して、お2人のプライベートについてもお聞かせください。劇中で、もひかん家は借金を返すために節約をしていますが、お2人は実際に節約のために何かされていますか?

中村:僕は基本的に趣味とかがないから、あんまりお金を使わないですね。お酒飲みにもそんなに行かないし、「人生楽しいのか?」っていうくらいお金を使わないですね(笑)。

三倉:私はわりと節約家なので。大阪人ってわりと節約家なんですよ、安くて良い品を買うっていうことを心掛けています。

中村:そういう事を、日々やってるんですか?

三倉:日々やってる! スーパーでも安い物を見て、それでメニューを考えたり。今日はジャガイモが安いから、ポテトサラダにしようとか。あと、家の水道代がビックリするくらい安いんですけど、水道の元栓を若干閉めて、あんまり出ないようにしてます。これ、すごく節約になります!

中村:すごいですね! 素敵な奥さまですね!!

三倉:ありがとうございます。家の家計は私が握っているので! 家計簿つけて、やってます。

【ドラマ「もひかん家の家族会ぎ」がスタート!三倉佳奈「みんなに見てもらえるドラマです」 へ続く】

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.