1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

松岡茉優主演映画「勝手にふるえてろ」、原作者・綿矢りさ氏が「ママレード・ボーイ」から着想得たことを告白

【勝手にふるえてろ/モデルプレス=10月17日】女優の松岡茉優の初主演映画『勝手にふるえてろ』が12月23日より公開。映画の原作となった小説を執筆した綿矢りさ氏が、物語は人気少女漫画『ママレード・ボーイ』に着想を得たことを明かした。

【さらに写真を見る】松岡茉優、渡辺大知&北村匠海“2人の彼氏”の間で揺れる?

『蹴りたい背中』で第130回芥川賞を受賞した綿矢氏の妄想力爆発の恋愛小説を映画化する『勝手にふるえてろ』。主人公・ヨシカを松岡が演じるほか、2人の彼氏を、黒猫チェルシーのボーカルであり、役者・映画監督としても独特の存在感を放つ渡辺大知、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓をたべたい』、『恋と嘘』など話題作への出演が続く俳優・北村匠海が演じる。

◆松岡茉優演じる主人公のネジ曲がった乙女心が炸裂!


物語は松岡演じる24歳まで片思いしか恋愛経験のないOL・ヨシカ(趣味は絶滅した動物をパソコンで調べること)が、突然交際を申し込んできた会社の同期「二」との“リアル恋愛”に乗り切れず、“脳内片思い”を10年間続けている中学時代の同級生・イチと再会するために同窓会を計画する…といったストーリー。2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない…というネジ曲がった乙女心を持った恋愛に臆病なヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ痛快エンターテイメントとなっている。

原作者の綿矢氏はそんなヨシカのことを「頭の中の暴走具合がすごいことになっている、前のめり性格の“暴走女子”」と評しており、演じた松岡を「笑えたし、観た後に明るい気持ちになれて、私のなかではもうヨシカ=松岡さん」と絶賛。劇中、ヨシカは突然会社の同期「ニ」に告白され、突然“リアル恋愛”が舞い込んでくるが、ネジ曲がった乙女心を持つヨシカは“リアル”と“妄想”の恋の間でに暴走する。

◆『ママレード・ボーイ』から着想


綿矢氏は「“自分の憧れの人”と“自分を好きだと言ってくれる人”が登場する物語というのは少女漫画の王道」と語っており、原作の執筆をはじめる際に、「自分の世代の王道少女漫画『ママレード・ボーイ』がすぐに思い浮かんだ」という。『ママレード・ボーイ』(原作:吉住渉)は、1992年〜1995年に集英社 りぼんで連載されていた少女漫画。「クールな男の子に惹かれるけれど、そうじゃない人と一緒になったほうが楽だし、心の安定度にもつながりそうだな…」という、まさに三角関係のはじまりのようなことを考え、その話を小説を書いてみたいと思ったのが『勝手にふるえてろ』を書くきっかけだったと明かした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)