1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

「マジンガーZ」世代の吉川晃司、新作映画のED曲制作「持てる力は全て出した」

 歌手の吉川晃司が、アニメーション映画『劇場版マジンガーZ/INFINITY』(2018年1月13日公開)のエンディングテーマを担当することが明らかになった。1970年代に大ヒットしたオリジナルアニメ『マジンガーZ』のテレビ放送を少年時代に見ていた吉川が、主人公・兜甲児とマジンガーZに思いを馳せ、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作。「The Last Letter」と名付けられた、こん身のバラードが完成した。

【画像】もう一つの魔神「グレートマジンガー」も参戦

 タイトルの“Last Letter”=最後の文字=“Z”。全ての終わりでありながら始まりという意味も込められている。吉川は「(お話しをいただいた時)とてもうれしい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました。マジンガーZを見て、大いに影響されて育ったガキも50を越え、彼らと同じように生きてきたこの道のりや、マジンガーZと(主人公)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを一人の男として捉え、二人の会話や、二人肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を想いながら彼らの男の哀愁や生き様を描きました」と、会心のコメントを寄せた。

 原作者の永井豪氏も「昔の作品(オリジナルの『マジンガーZ』)に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るとても素敵な曲です。ありがとうございます」と、感慨もひとしおの様子。

 本作は、永井豪画業50周年プロジェクトとして、テレビ放送から45年の時を経て新たに制作されたアニメーション映画。原作は1972年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、同年12月から74年9月までテレビアニメ(全92話)が放送された。搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られ、ロケットパンチなどの多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメに多大な影響を与えたほか、主人公・兜甲児をはじめとする個性的なキャラクターたちによるドラマも伴って、アジア、ヨーロッパ各地でも人気を集めた。本作は日本公開に先駆けて、イタリアやフランスなどで“世界先行公開”される。 </span>

Let's block ads! (Why?)