1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

奇跡の美少女・齋藤飛鳥、オトナに成長した美しさを披露

 人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥(19)が、12日発売の『週刊ヤングジャンプ』46号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。夏が過ぎ去った無人のプールを舞台に、とどまることなく成長する美を最大限に表現した。

【別カット】白肌まぶしい!最大限の美をみせた齋藤飛鳥

 齋藤は2011年に乃木坂46の第1期に最年少の13歳で加入。16年6月の15thシングル「裸足でSummer」で初センターを務め、今年1月に発売した初ソロ写真集『潮騒』は2/6付オリコン週間“本”ランキングの総合部門と写真集の部門の2冠を達成した。現在はファッション誌『sweet』レギュラーモデルを務め男女ともに高い人気を誇り、11日発売の新曲『いつかできるから今日できる』では西野七瀬とともにWセンターを務める。

 デビューから6年目を迎え、ソロでCMに出演するなど日本中から“見つかった”感のある齋藤。今回のグラビアは、「神に選ばれし美少女」と評価を集めてきた奇跡の美しさはそのままに、ワンピースに身を包んで少しオトナに成長した姿を見せている。

 また、同号の巻末グラビアには、ウエスト52cmで業界最強の“くびれスト”としてグラビア界に旋風を巻き起こしている川崎あやが登場。スポーツの秋にちなみ、アクティブなハイレグ姿を披露した。

 同号の巻頭カラー漫画は、テレビアニメ化が決定した『東京喰種:re』(石田スイ)。 </span>

Let's block ads! (Why?)