1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

やらかす水原希子、今度は“お尻丸見えショット”をインスタで公開

 インスタグラムに投稿する写真がことあるごとに物議を醸す水原希子が、またもやきわどい写真を載せている。今回投稿された写真は、巻頭グラビアを飾った「週刊プレイボーイ」でのオフショット。ビキニをはじめ、ベッドに横たわるセクシーショットやお尻が下着に食い込んだ写真を連投した。

 水原がインスタに投稿する写真で物議を醸すのは、今回が初めてのことではない。以前にも土足で畳に寝そべる姿や鼻ピアスをつけた写真を公開し「行儀が悪い」「下品」などと反感を買ってしまった。

 今回のこの投稿には「セクシー」という声も上がったが、それはほんの一部。多くのネットユーザーたちからは「気持ち悪い」「逆セクハラ」とコテンパン。ファン以外にも敵をつくった。

 とはいえ、これはあくまでも撮影の一コマだ。ここまで言われたらどんな人でも凹みそうだが、水原にその様子はない。

 「昔は相当荒れていたと聞きました。撮影現場でも気に入らないことがあればマネージャーによく当たっていたし、用意されたお弁当と別のものを買いに行かせたこともあるといいます。周囲は大迷惑をしていましたが、この頃からもうすでに肝は据わっていたのかもしれませんね」(芸能関係者)

 本人も、「ルールとか決まり事に縛られるのが嫌い」と語っていたこともあり、周りの反応はどこ吹く風のようだ。

 実際、素行の悪さを理由に専属モデルを務めていた雑誌『Seventeen』をわずか15歳にして解雇されている。その後は、『ViVi』や『MAQUIA』など名だたる雑誌の表紙を飾り見事に復活。2013年にはパリコレデビューも果たしている。この世界は“解雇”というかたちで一度脱線してしまえば、そこから這い上がるのは難しそうだが、まさに強い自我で壁を乗り越えたのだろう。

 9月には妻夫木聡と共演を果たした映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が公開され、相変わらず仕事も順調。“狂わせガール”の勢いが止まることはなさそうだ。 </span>

Let's block ads! (Why?)