1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

AAA、東京ドームで“12歳”誕生日 5万人ファン&新「月9」主演・篠原涼子ら祝福

 6人組ダンス&ボーカルグループ・AAAがデビュー12周年を迎えた14日、東京ドームで自身初の4大ドームツアー『AAA DOME TOUR 2017 -WAY OF GLORY-』の東京公演2日目を開催した。アンコールでは、AAAが主題歌を担当する10月16日スタートのフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』主演の篠原涼子をはじめ、共演の前田敦子、千葉雄大、斎藤司が祝福に駆けつけ、観客5万人を沸かせた。

【写真】篠原涼子&前田敦子らが駆けつけ記念撮影

 2005年9月14日にデビューしたAAAは、12周年の記念日を東京ドームで迎えた。“誕生日”を祝福しようと、平日にもかかわらずスタンド席もびっしり満員。リーダー浦田直也が「東京の歓声がすごすぎて、緊張の度合いがすごい。スタンドもパンパン!」と声を弾ませ、宇野実彩子が「晴れてよかった〜」と喜ぶと、西島隆弘は「晴〜れてよかった♪」とエンドレスで歌って踊りだし、日高光啓もボイパで参加して黄色い歓声がステージに降り注いだ。

 5万人のバースデーソングの唱和で始まったアンコールでは、10月期の月9主題歌「LIFE」(10月18日発売)を初歌唱。日高が宇野と肩を組んで頭ぽんぽんするなどメンバーが仲良く密着し、サビでは右手の親指と小指で「L」の字を作る「Lダンス」で大盛り上がりとなった。

 その直後、ドラマ主演の篠原が大きな花束を抱え、「AAAの皆さん、デビュー12周年おめでとうございます! お祝いに来てしまいました」と共演陣とともにサプライズ登場。メンバーは「本物だ!」「芸能人だ、すごい」と大興奮した。

 篠原が「みんなで撮影真っ只中です」と話すと、トレンディエンジェルの斎藤が「宇野ちゃんも出てくれてるっていう」と、メンバーの宇野がドラマに出演していることをサラリと発表。右手を掲げて「そうなんでーす!」と告白した宇野は「この間、千葉さんと前田さんと撮影しました」と満面の笑み。役どころなどは説明されなかったが、前田は「すごくかわいいコスチュームを着てくださいました」とヒントを明かした。

 斎藤は「俺も歌いたくなっちゃった」とニヤリと笑みを浮かべると、「恋音と雨空」を熱唱。途中で歌詞を「♪斎藤さんの〜前髪が〜募っては〜抜けていく〜」に替えて爆笑をさらい、千葉も斎藤の持ちネタ「ぺっぺっぺー」を披露し、しっかりと笑いを取っていた。

 ド派手な演出やサービス精神旺盛なパフォーマンスで沸かせたライブは、代表曲「恋音と雨空」、最新シングル「No Way Back」(7月発売)、昨年の紅白歌合戦でも披露した「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」など計23曲を約3時間にわたって熱唱。5万人のバースデーソングと大きなケーキで祝福され、6人で一斉にロウソクの火を吹き消したメンバーは「12歳の誕生日当日にライブができるなんて」と感激しきりだった。

 4大ドーム計8公演、計32万人を動員する本ツアーは、追加公演の9月30日、10月1日の福岡 ヤフオク!ドーム2daysでファイナルを迎える。 </span>

Let's block ads! (Why?)