1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

アジア最大級の水×音楽フェス「S2O」が日本初上陸 本場タイの臨場感を限界まで再現

【S2O/女子旅プレス】タイ発、アジア最大級の水と音楽のフェスティバル「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL(エス・ツー・オー・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル)」が日本初上陸。2018年夏、東京・お台場にて開催することが決定した。これは世界で最初のタイ本国以外での開催となる。

【さらに写真を見る】アジア最大級の水×音楽フェス「S2O」が日本初上陸 本場タイの臨場感を限界まで再現した“世界で最もずぶ濡れになるフェス”

◆タイの伝統的な水掛け祭り”ソンクラーン”とEDMがコラボ


「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」は2015年、タイの旧正月の伝統行事である水掛け祭り“ソンクラーン”中に開催をスタートして以来、年々急速に来場者数を伸ばし、スタートして2年目の2016年、そして2017年に開催された3年目と2年連続でチケットはソールドアウトし、3日間で延べ約5.5万人の動員を記録。国内はもちろん世界各国から来場者が訪れている。

◆世界の大物DJが沸かせるプレイに興奮


音楽のジャンルはEDMが中心で、過去にはヘッドライナーのAFRO JACK、NICKY ROMEO、DASH BERLIN、DON DIABLO、KASKADEら世界的なトップDJ陣に加え、タイ国内のDJなども出演。

日本での開催時も世界中で活躍するインターナショナルなDJ等が出演を予定しており、タイ本場の臨場感をそのまま、限りなく再現。フェスティバル会場内でも舞台から巨大ホースで水を出したり、来場者同士水を掛けあうなど、街中同様ずぶ濡れになること必至のフェスティバルとなっている。

なお、日本国内のプロデューサーは「ウォーターラン」などを開催し、水のフェスティバルを得意とする株式会社RANDの代表取締役、KIUCHI氏が、S2O JAPAN 総合プロデューサーに就任。

「2018年にスタートをするS2O JAPANでは、タイ、ダンスミュージック、水掛け祭り(ソンクラーン)の良さを、もっとオフィシャルに現地と同じように日本の皆様に体感していただけるべく総力を掛けて構築し、お客様が主役となり記憶に残るフェスを作ります」とコメントしている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

情報:S2O JAPAN実行委員会

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)