1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

櫻井翔“校長”が全校集会にサプライズ登場でエール!「チャレンジが違う社会への一歩」

10月14日(土)からスタートする櫻井翔主演の新土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系 ※初回は夜10:00-11:08)。

【写真を見る】櫻井“校長”が壇上で話す様子を見守る多部と司会のラルフ鈴木アナ(写真右から)/撮影=阿部岳人

本作で初めて私立高校の校長役に挑む櫻井が、“他校の校長”として都内・国士舘中学校・高等学校の本当の全校集会にサプライズで登場。櫻井演じる鳴海の恋人・松原聡子役の多部未華子と一緒に、学生たちに熱いエールを送った。

本作は、会社が経営する赤字の高校へ、突然校長として出向することになった商社マンの鳴海(櫻井)が、学校立て直しのために奮闘する社会派エンターテインメント。主に学校経営や教師の人間物語を描く、新しいタイプの学園ドラマだ。

■ 櫻井の登場に体育館はヒートアップ!

「まずは他校の校長先生のお話を頂きたいと思います」との校長の合図で櫻井が壇上に現れると、それまで静かに話を聞いていた生徒たちから一斉に大歓声が上がった。終わらない「キャー!」に、櫻井は笑顔で「よろしくお願いします」とペコリ。「こんなに驚いていただいてありがとうございます」と出席した867人の生徒たちを見回し笑みをこぼした。

また多部が登場したタイミングでは、より一層ヒートアップした男子生徒を発見し「いい表情だった!(笑) すごいテンションあがってるじゃん男子!」とニコニコ。「櫻井翔さんの恋人役なので…」と話す多部に「フー!」と悪乗りする男子生徒には「やめろやめろ!(笑)」とツッコミを入れつつも楽しそうな様子だった。

お悩み告白のコーナーでは、先生たちの「忙し過ぎて生徒たちとゆっくり触れ合えない」「休めない」などの悩みを聞き、櫻井は「ドラマをやって、先生って大変な仕事なんだなと思いました」と援護射撃を。

また「お昼休みにBGMを流してほしい」という生徒会長の告白には「例えばどういった曲を?」とフリを入れる櫻井。生徒会長が「やっぱり嵐の曲を…」と答えると、ビシッと指差しをしてニンマリしてみせ、その様子にまた大きな拍手が沸き起こった。

最後に、「メッセージを」と司会のラルフ鈴木アナに勧められた多部は、撮影を振り返りながら「多分生徒さんが感じているよりも、先生方は生徒さんをちゃんと思って接したり、気をつけたりしているんだなと思いました。

私も学生時代にはなかなか気付けなかったんですけど、来月から始まるドラマでも描かれていると思うので、その部分を感じていただきたいです」とコメント。

続く櫻井は、まず中学2年生の座る場所を尋ね、そちらの方を見詰めながら「僕がちょうどジャニーズ事務所に入ったのが、中学2年の10月だったから、ちょうどみんなぐらいの時だったかなと思います」と一言。次に高校3年生の座る場所を尋ねた櫻井は「僕が嵐になったのが高校3年の9月だったから、ちょうどみんなぐらいだったかなと思います」と、親身になって話し出すと、しっかりと聞き入る生徒たち。

そして「かなり特殊な学生生活を送ったから、同じようなことを話すことは難しいかもしれないんだけど。こうして時間を頂いて、ましてや先生方のいる中で、なかなか申し上げにくいところもありますけども」と前置きした上で、「そんな中で僕が(学生時代に)感じたのは、ドラマのせりふにもあった『学校が社会の全てじゃない』ということです」と明かした。

「もしかしたら学校の外にも別の社会があるかもしれない。もし友人関係で困ったりしてたら、もしかしたら、ここじゃない外に、仲間がいるかもしれない。それは僕にはジャニーズの仲間だったんだけど」と自分を例えに話す櫻井。

「将来の夢を考えたときに、また別の場所にやりたいことがあるかもしれない。やりたいことが見つかったとして、楽しいことと結びつかないかもしれないし、結果として成功と結びつくことがないかもしれない。だけど、その“チャレンジしてみる”ということが、違う社会への第一歩かなと僕は思っています。

もちろんさっきお話を聞いたように、スポーツなどを頑張っているみんなには、それに本当に真剣に打ち込んでほしいなと思います。でももし、学校というものの中でギューってなっちゃったら、その外にも、大きな世界が広がってるかもしれないから、そっちに一歩足踏み出してみるのもいいんじゃないかなぁと思っています」と優しくも熱いエールを。「すいません、なんか変な話をしてしまいまして」と照れながらも、自分の経験から真剣な気持ちを伝える櫻井に大きな拍手が送られた。

Let's block ads! (Why?)