1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

「不貞認めさらに炎上」斉藤由貴、渡辺謙の家にも「入り浸り」スクープ証言!

 斉藤由貴が9月11日、50代開業医との不貞行為を認めて謝罪した。だが、世間の怒りは鎮静化するどころか、さらなる大バッシングが巻き起こっている。

「視聴者からの斉藤アレルギーは激しいようで、SNS上は『斉藤由貴がテレビに出てたら消す』の大合唱です」(芸能ライター)

 思えば斉藤の歴史は不貞とともにあった。1991年には歌手の故・尾崎豊、93年にはタレント・川崎麻世といずれも既婚者と男女の関係になった。そして今回の医師とのスキャンダル。これによってマスコミは「24年ぶり3度目の不貞行為」という言い方で報じている。が、彼女の歴史を語るうえでどうしても看過できない話がある。それは14年前の2003年、俳優・渡辺謙が前妻との離婚を求めた裁判で、前妻側の弁護士から、渡辺が不貞していた多くの女優の中に、斉藤の名前が挙がっていたことだ。渡辺はこの不貞について否定しているが、2人にはどんな接点があったのか。

「斉藤と渡辺は、1986年に彼女がヒロインを務めた朝ドラ『はね駒』で夫婦役を演じています。会ったとすればそのタイミングでしょう」(前出・芸能ライター)

 つまり、もしこれが本当であれば、彼女の不貞行為は3度目ではなく4度目ということになる。さらに「数年前、少し気になることがあったんです」と語るのは、ある芸能関係者だ。それは斉藤が「あさイチ」(NHK)のトークコーナーに出演した、15年春のことだったという。

「トークの中で渡辺と共演した『はね駒』の過去映像が流れたのですが、それを見た彼女はなぜか涙ぐみながら『スケジュールも大変だったけど、特別な時間を過ごしたんだな、と30年過ぎると見えてくるものがある。作品の出会いや樹木希林さんたちとの出会い、当たり前のように受け取っていたものが宝物だった』と語っていました。そして、トークの最後まで、樹木希林の名前は出ても、夫婦役で1年共演した渡辺の名を挙げなかったんです。この時、もしや斉藤と渡辺は『何か関係があったのでは?』と邪推してしまいました」

 もちろん渡辺の名を出さなかったことが、2人がただならぬ関係にあったことを直接証明するものではないが、レッキとした離婚裁判で斉藤の名が突然出たことが、まったくの出まかせではない気もしてくる。前出とは別の芸能ライターが明かす。

「だいぶ以前の話ですが、斉藤の知人から『実は、斉藤は渡辺と“はね駒”で共演した86年当時、渡辺の家に入り浸っていたんです』というかなり高い確度が。だから今回の斉藤の不貞が24年ぶり3度目という報道を見ていると、『4度目』でしょうと言いたくなってきますよ」

 今では両者どちらも口を割らないだろうが、斉藤由貴という女性は、相手の立場や自分の状況がどうあろうと「恋愛体質」であるということだけは間違いなさそうだ。

(魚住新司)

Let's block ads! (Why?)