1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

レディー・ガガ、病名を公表 ドキュメンタリーで闘病密着

【レディー・ガガ/モデルプレス=9月13日】活動休止を発表した米歌手のレディー・ガガ(31)が、自身が患っている病名を明らかにした。

レディー・ガガ、SMAP解散に言及

◆線維筋痛症であることを告白


12日(現地時間)、自身のTwitterで線維筋痛症であることを公表。22日からNetflixで配信予定の自身のドキュメンタリー『レディー・ガガ:Five Foot Two』に言及し、「ドキュメンタリーの中で、私が闘っている慢性的な疾患は線維筋痛症(Fibromyalgia)というの」と公表。「私は、ドキュメンタリーが病気の啓発と患者同士の出会いに繋がることを願っているわ」と願いを明かした。
線維筋痛症とは、全身に激しい痛みが起こる病気で、全身や広範囲、特定の部分だけが痛むことも。痛みは軽度から耐え難い激痛まで及び、強さによっては日常生活に支障をきたすという。

ドキュメンタリーの予告編では、ガガが医師の診察を受ける姿などもおさめられている。


◆ワールドツアー後に活動休止


報道によると、ガガは「トロント国際映画祭」に参加した同作品のプレミア上映会に出席。

会見の席で休養の意向を表明し、「どれくらいの期間になるかはわからない」とコメント。さらに「創作活動をしないということではない」とも語り、「しばらくゆっくり過ごして癒される時間を持ちたい。その時間はとても大切だし、楽しみにしている」と話したという。現在開催中のワールドツアー「Joanne World Tour(ジョアン ワールド ツアー)」終了後の12月頃、活動休止する意向だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)