1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

“WDC 2017”イベントレポート! 世界の強豪たちが生み出した名勝負の数々に迫る

2017年9月2日・3日に、ストリートダンスの世界大会“WDC(WORLD DANCE COLOSSEUM)2017”が開催された。今年で9回目を迎えるWDCのファイナルは東京・Zepp DiverCity Tokyoで行なわれ、国内・海外屈指のダンサーが集結し、そのバトルを一目見ようと多くのオーディエンスが会場に詰めかけた。今回から新たに中国予選も加わり、さらにワールドワイドな世界大会になったWDC。日本はダンス強豪国に入るので、世界と銘打つイベントも増えてきたが、このWDCはその先端を行く正真正銘の日本"初"のダンスバトル世界大会だ。世界各国から強豪ダンサーが集まるWDCは、ダンスレベルの高い日本人ダンサーといえど簡単には優勝できない大舞台。今年はどんな激戦が繰り広げられたのか!? “WDC 2017”のバトルシーンをレポート!

“WDC 2017”FINAL DAY2 / バトルのジャッジメント陣

■ “WDC 2017”とは?

WDC(WORLD DANCE COLOSSEUM)は、年に1回開催される日本初のストリートダンスバトルの世界大会。バトルは2on2形式で戦い、ソロムーブだけでなくパートナーとの連携を生かしたルーティンなども見所のひとつ。日本だけでなく世界各国で予選が行われ、勝ち上がったダンサーや世界で実績を持つダンサー達が集まり、熱いバトルを繰り広げる。今年から中国予選も開催され、さらに規模を広げており、世界のダンス活性化にも貢献している世界大会のひとつだ。

バトルの勝敗を決めるジャッジも日本だけでなく世界のダンサーを招待し、今年は

【BREAKIN'】Zooty(韓国)、Wuta(日本)、Tatsuro ski(日本)

【HIPHOP】Rochka(フランス)、Rubber band(アメリカ)

【POPPIN'】Boogie Frantick(アメリカ)、ACKY(日本)

【LOCKIN'】TONY GOGO(日本)、MASATO(日本)

の9名が担当。日本のダンスシーンだけでなく世界を納得させるダンスを見せないと勝てない大会なのだ。

■ 終始激しいムーブで世界を制したブレイカーたち

BREAKIN SIDEは他のジャンルと違い、ベスト8のトーナメントからスタート。日本のブレイクダンサーは世界大会でも優勝するし、世界トップクラスに位置している。この日も5つの日本人チームがベスト8に残っていたが、世界のブレイクダンサーのレベルも同じくらい高かった。次々、海外ダンサーたちに敗れていく日本人たち。やはり世界の壁は大きく、またダンスはバトルをしてみないと分からない。そんな面白さをのっけから見せてくれた。

決勝の舞台に上がったのは、中国代表のBboy Chanse&Bboy quickとアメリカ代表のTeam Monster(Gravity&Boxwon)。中国のブレイクダンサーのレベルが未知数であったが、予想を超えるスキルで勝ち上がったBboy Chanse&Bboy quickはパワームーブ、ルーティンと自分達の持つすべてを出し切る。対してTeam Monsterは初戦から貫き通している、目にも止まらぬ高速フットワークとアクロバットを入れたパワームーブでジャッジの印象とオーディエンスの歓声を集めていった。

印象的だったのは、中国チームがTeam Monsterに触発されて自分たちが持っている以上のムーブを出していた姿だ。これぞダンスバトルの醍醐味だと思う。Team Monsterも実力が未知な相手との対戦を楽しんでいたし、何よりも自分たちのブレイキンを出し切っていた。

そんな熱量の高いバトルを制したのは、圧倒的なムーブを連発したTeam Monster。勝敗が決まったあと、中国のBboy Chanse&Bboy quickがTeam Monsterの勝ち名乗りをしていた姿に、オーディエンスは大きな拍手と歓声を送っていた。

■ 日本のKIDSダンサー強し! 大人顔負けのバチバチダンスバトル

やはり日本のKIDSダンサーは世界的に見ても最強だと思う。実力もそうだが、シーンが育っているというのが大きい。ベスト4に残ったのは、日本3チームと中国1チーム。そして、決勝戦に進んだのは、中国代表を倒した心優弥(MiYU&優弥)とGrandSlam(HiYORI&Ri∀)の日本対決となった。

“JUSTE DEBOUT 2017”のKIDS SIDEで優勝した優弥とエグくて黒いHIPHOPをかますMiYUが、GrandSlamに猛攻を受けるが、倍返しでムーブをキメていく。特にRi∀の戦闘力がすごく、1ムーブ目では心優弥に目線でケンカを売り、3ムーブ目ではHIPHOPでかましながら接近戦に持ち込んでくる。勢いあまりRi∀のダンスがMiYUに当たってしまい、MiYUが倒れこむシーンも。ただ、MiYUもその気迫を買ってか、倒れこむのもダンスっぽく演出し、バチバチなバトルにしようと応えていたのがエンターテイナーだ。他にもHiYORIのLOCKを優弥がLOCKで返したり、ルーティンの応酬があったりとお互いの意地が交差した熱いバトルであった。

そんなバチバチバトルを制したのは心優弥。優弥はKIDSラストのWDCをMiYUと共に悲願の優勝で飾った。

■ まったくタイプの違う2チームが見せた“奥深い”HIPHOPバトル

筆者は色々なダンスバトルを取材してきたが、いまだにHIPHOPのジャッジは勝敗が読めない。それはきっとHIPHOPの音楽とダンスを愛してきた時間が、ジャッジやバトラーと桁違いに違うからだ。それだけHIPHOPというジャンルは奥深い。

HIPHOPの決勝は、昨年も決勝に進出したLEO&IKKIとフランス&ベルギーのICEE&ALEXのカードに。前日のファイナル進出をかけたトーナメントで、フランスのGonzy&Razaを撃破し勢いづくLEO&IKKIは、激しいムーブとステージ全体を使ったフロアー、息のあったルーティンで果敢に攻める。拾える音は全部拾ってダンスで見せるといった感じだろうか。

対するICEE&ALEXは、スローなムーブでルーティンもやらず、一貫して自分達のダンスをしていた。まるで自分たちから音楽が出ているようなグルーヴが心地良い。生まれた国や触れてきた音楽やダンスで、こうも踊りに違いが表れるものなのだろうか。空気的には派手なムーブで会場を盛り上げたLEO&IKKIの印象が強かったが、ジャッジが勝者に選んだのはICEE&ALEX。HIPHOPや音楽に対しての深い理解を、本能的にダンスで表現していた部分を評価されたように思う。やはり世界の壁というのは非常に大きいのだ。

“SUMMER DANCE FOREVER 2015”で優勝し、間違いなく世界トップクラスのHIPHOPダンサーであるICEEは、若い世代のALEXと組んで優勝できたことが嬉しいと語っていたのが印象的。HIPHOPが生み出す文化や歴史は本当に面白いと思わせてくれるバトルだった。

■ これぞまさに世界戦! 「ダンスに言葉はいらない」を体現した感動のバトル

POPPIN' SIDEのベスト4は、まさかの日本人チーム進出がなく、フランス、アメリカ、韓国、中国の4チームが激突。優勝候補は“JUSTE DEBOUT 2017”で優勝したMO'Higher(韓国)が有力視されていたが、そうも簡単にいかないのがダンスバトル並びに世界大会だ。

MO'Higherと決勝で戦うことになったのは、フランスのPoppinC&prince。この二人、実は前日のファイナル進出をかけたトーナメント戦から異常な存在感とスキルで会場を沸かしていて、MCを務めるMC USKも注目のチームとして名前を挙げていたチームだ。

MO'HigherのJAYGEEが、ヒット&ウェーブでムーブを作り世界一の実力を見せると、PoppinCが細かい高速ヒットでオーディエンスの歓声を呼ぶ。HOANがすべての音をヒットで打ちながら、ミュージカリティーあるムーブを見せれば、princeも独創的なムーブでバトルに印象付ける。ルーティンでMO'Higherがパントマイムなどコミカルなムーブを入れれば、PoppinC&princeは「それいいね!」 と言わんばかりに同じムーブをやり返して、会場全体をバトルに巻き込んでいく。

こんなにダンサー達が楽しそうにバトルしている姿なんてそうそう見られるものじゃない。ましてや、日本開催の大会で、オーディエンスが日本人ばかりの中、海外チーム対決がこんなに盛り上がるのは異常な光景だった。まさにダンスに国境はない! 言葉が通じなくてもダンスで伝わるを体現した伝説のバトルと言っていいだろう。

どちらが勝ってもおかしくない名勝負。バトルだけでなく大会全体に感動を与えたPoppinC&princeに軍配は上がった。勝負を決した後もお互いハグして健闘を称え合ったり、ジャッジひとりひとりに握手をする姿、オーディエンスに感謝の一礼をする姿勢はダンサーの鏡だ。今後も伝説のダンスバトルとして語り継がれるだろう。

■ 世界王者が見せつけるパーフェクトムーブ!

LOCKIN' SIDEを勝ち上がったのは、日本、中国、韓国、ロシア&フランスの4チーム。“JUSTE DEBOUT 2017”で優勝したVOVAN&FUNKEY J(ロシア&フランス)という強豪がおり、アジアが欧州に挑む形になった。

VOVAN&FUNKEY Jはコンディションも良く、自分達のダンスを見せつけるバトルでpaco&david(中国)を倒し決勝へ。POG&SHO→RI(日本)とKHAN&MOON(韓国)のバトルは一進一退の攻防であったが、隙を与えず自分達のムーブをやり通したKHAN&MOONが勝利。決勝のカードが出揃った。

のっけから完璧なルーティンで攻めるVOVAN&FUNKEY J。一方、相手のパワーに圧倒されながらもKHAN&MOONは堅実にLOCKINのムーブをキメる。グラハム・セントラル・ステーションの「Entrow」がかかると、VOVANがドラムビートを味方にした高速ムーブを繰り出し、オーディエンスの大歓声を集めた。ここまで押され気味のKHAN&MOONだったが、後半からは持ち前の斬新なLOCKINムーブやハットトリックで挽回をはかる。しかし、世界王者は強かった。KHAN&MOONの素晴らしいムーブに感化されたのか、さらに自分たちのダンスを引き出し、もはやこの場を楽しんでいるといったムーブを見せて、貫録の勝利を飾った!

WDCという世界大会は本当に面白い! 日本開催のバトルイベントで、ここまで海外勢を幅広く呼べる力もすごいが、参戦している海外勢が対戦相手や大会にリスペクトを持ってバトルに挑んでいる姿は胸を打たれる。日本のダンサーも世界に誇れるレベルなので、日本人だけのバトルももちろん見ていて楽しいが、やはり世界の強豪がぶつかり合うバトルはダンスの本質が分かりやすく伝わるし、ダンスの生む熱量というのをひしひしと感じさせてくれた!

世界の強豪が日本に集まり激戦を繰り広げるWDC! 来年はどんな名勝負が生まれるのか、今から楽しみでしかない。

Let's block ads! (Why?)