1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

TPD、初のミニアルバムは“恋”がテーマ!?「新しい一面が見られる1枚に」

9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)が、9月13日(水)に初めてのミニアルバム『Summer Glitter』をリリース。

【写真を見る】最高にキラキラ輝く笑顔を見せてくれたTPDの5人

SCANDALのRINAが作詞を担当したリード曲「Glitter」のほか、赤の流星、ぐーちょきぱーといった派生ユニットによる楽曲など、さまざまな個性の楽曲が詰まった1枚となっている。

リリースに当たって、TPDの高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、橘二葉にロングインタビューを行い、楽曲の聴きどころやパーソナルな部分まで、幅広く語ってもらった。

前後編に分けて掲載する前編では、ミニアルバム収録の6曲の聴きどころを中心に紹介!

――まず『Summer Glitter』はどういうアルバムでしょうか?

高嶋:はい!『Summer Glitter』は、夏のリリースということで、髪の色をガラッと変えたり、衣装に関しても楽曲に関しても、今までのTPDとはまた違った一面が見られる1枚だと思います。

特にリード曲の「Glitter」はSCANDALのRINAさんが歌詞を書き下ろしてくださっていて、本当にかわいい楽曲になっています。今までのTPDとはまた違う魅力が味わえるはずです。

――タイトルからして「キラキラ輝く夏」ですもんね。では、今回のミニアルバムのテーマは?

高嶋:はい。ズバリ! せーの…。

一同:「恋」です!

――おおっ! 全員そろった!(笑)

一同:おお〜! 

上西:良かった〜!

櫻井:危ない!危ない!

高嶋:はい、恋なんです(笑)。

――では、恋のイメージについてお伺いできますか?(笑)

一同:え〜!? 恋のイメージ!? (笑)

高嶋:恋のイメージ…という意味では、「Glitter」は割とストレートにと言いますか、10代、20代の等身大の女の子が憧れる恋愛を描いているんじゃないかと思います。それに「昔を思い出すよ」って仰っていたただく方もいらっしゃって、そういう楽しみ方もあるのだなと思いました(笑)。

私たち世代の等身大の恋の姿を描きつつ、幅広い年齢層の方に共感してもらえる歌詞だと思いますし、恋は何歳になってもね、すてきなことだと思いますので…恋、したいですよね…(笑)。

櫻井:何それ(笑)。

橘:っていうか、恋って何を言えばいいんですか?(笑)

――ごめんなさい(笑)。ミニアルバムについて教えてください。

橘:良かった〜(笑)。「Glitter」や「Are you with me??」は、菜七ちゃんが言ってくれたようにとてもキラキラしていて、歌詞もその女の子の恋模様を描いたとてもキュートなものになっています。本当に今までのTPDにはない歌詞になっているので、それをうまく伝えられたらいいなと思います!

櫻井:TPDは、今までの曲にも恋の歌がいくつかあったんですけど、「Glitter」のように、「あなたと一緒にいたい」とか、「あなたが好きってこと」とか、そういうストレートなメッセージはあまりなかったんです。同世代の方もそうですし、他の年齢層の方もすごく共感しやすい歌詞なので、たくさんの方に届くといいなと思います。

上西:今までは統一感のあるライブコスチュームを着ていたんですけど、今回からはカジュアルでメンバー各々によって違う衣装に変わったことで、1人1人の個性を磨いて届けていきたいっていう気持ちが表れています。

それに収録曲には派生ユニットの曲もあって、ユニットとしての活動も活性化していきたいという気持ちです。まさにことしの夏を表していると思います。

浜崎:今までの私たちのビジュアルは統一性があって、同じ白の衣装に黒髪で、という感じだったんですけど、今回は衣装も今の流行を取り入れているので、おしゃれが好きな女の子とかにも届くといいな。「Glitter」の世界観を、よりイメージしてもらいたかったので、カジュアルな衣装にしてもらいました。

――ビジュアルの変化に関しての反響はいかがでしたか?

浜崎:今まで応援してくださっていた方たちにとっては、大きな衝撃だったと思います。でも、「かわいいね」って仰っていただけることもすごく多いですし、初めて見る方に「あの髪色の子だよね?」って覚えていただけるようになった、とみんなも言っていたので、好意的な反響が多いですね。

櫻井:今まで白を基調にして、それぞれ飾りやデザインはちょっとずつ違っていたんです。でも、今回初めて握手会などで「●●ちゃんの衣装が好き!」とか「こういうポイントがあるんだね」など、1人1人を今までよりちゃんと見てもらえているんじゃないかなと思います。私だったら「お団子ヘアー」も覚えやすいんじゃないでしょうか。

――では、1人1曲ずつミニアルバムの楽曲を解説してください。まずは「Glitter」を!

高嶋:はい。「Glitter」は、私たちのレーベルの先輩・SCANDALのRINAさんが歌詞を提供してくださって、すごくうれしかったですし、初めて歌詞を読んだとき、「これ、めっちゃかわいい!」って率直に思いました。歌詞を1つ1つ読んでいたら、こんな恋に憧れるなあ、という歌詞がたくさんありました。

9人それぞれの表現の方法や、今回は振り付けも初めて私たちを担当してくださる振付師の方だったので、今までバキバキで踊っていたんですけど、皆さんもできるような振りがたくさん入っていたりとか、落ち着いてダンスができる曲になっているので、今までのTPDにはない曲です。これからも大切にしていきたい1曲ですね。

――ちなみに好きな歌詞の部分とかありますか?

高嶋:「みんなに優しい人気者だから不安になるの あなたの特別になりたい」という部分です。私、クラスで一番人気者が好きなんですよ。二番手とかじゃなくて(笑)。

上西:何言ってんの?(笑) これ記事にしづらいですよね?(笑)

――いや、面白いので続けましょう(笑)。

高嶋:あ、でも「花より男子」で言うと、道明寺(主人公)より花沢類推しなんですけど(笑)。

櫻井:えっ(笑)。

上西:どういうこと?(笑)

高嶋:でも、そういうタイプというか、「みんなが好きな人」って人として格好いいと思うので、そういうところはすごく共感できますね。

――高嶋さんは、学生時代一番人気でしたか?(笑)

高嶋:えっと…そこはまあ、言いづらいですよね(笑)。

上西:言いづらいって何!

櫻井:もう(一番人気だって)言ってるじゃん!(笑)

高嶋:あはは! そこは個人情報なので(笑)。

――いや、個人情報じゃないでしょ!(笑) では、続いて橘さんどうぞ。

橘:では「Are you with me??」を。歌詞は「Glitter」と似ていて、抑えきれない女の子の気持ちを歌った素直な恋の歌詞になっています。

これはライブでもタオルを振り回してお客さんと盛り上がる曲なので、TPDのメンバーもとても大好きな曲ですし、ライブではなく、CDや音源などで聴くとまた違った印象を受けると思いますし、歌詞の捉え方も変わるので、私もとても好きな曲です。

――特に好きな部分は?

橘:この曲を聴いてすぐ思い浮かぶのは、「恋をしている〜」のところがとても素直な感じがしていていいですよね。

――続いて「FREEDOM」をお願いします。

浜崎:この曲は、もともとライブの曲と曲のつなぎのところでファンと一緒に盛り上がるために出来たコールアンドレスポンス曲で、ラップの部分は当初なかったんですよ。

英語の「Nananana〜」の部分だけだったんですけど、盛り上がる楽曲なので、ラップ詞が付きまして格好いい曲に仕上がっています。言葉もとても強いですし、自分で歌っていて、「負けてたまるか!」という気持ちになります。

――浜崎さんはラップ得意ですか?

浜崎:苦手です(笑)。なかなか難しいですけど、かれこれ2年くらい歌っているのでだんだんいい意味で慣れてきました。

――そして、赤の流星の「紅〜beni〜」ですね上西さん。

上西:はい。私と脇あかりによる赤の流星というユニットは、ショートヘアーの女の子とロングヘアーの女の子が出会う曲を歌っているユニットなんですけど、この「紅〜beni〜」という曲は、すごく情熱的な恋愛の曲です。

でも、2人の距離感が近過ぎず、遠過ぎずのいい感じの距離感を保って恋愛をしているような曲で、「Glitter」とは違う意味の恋愛のアプローチになっていますので、そこを聴いていただきたいですね。

――赤の流星とTPDの上西さんとではどう違いますか?

上西:赤の流星のときは、より情熱的な感じですし、よりセクシーな方向に持って行こうかなと思っています。曲も大人っぽい感じのものが多いですし、歌詞も結構セクシーな歌詞が多いんです。

――では、櫻井さん。「クレイジーコースター」をどうぞ。

櫻井:これはこの夏新しくできた、私と神宮沙紀、飯田桜子のユニット・ぐーちょきぱーの曲です。ぐーちょきぱーは、曲や踊りはもちろんですが、見た目にもこだわっていて、自分たちでアイデアを出して、ファッションや音楽を通して、かわいいこと、カッコイイこと、面白いことを伝えていくことを目指しています。

毎回毎回ステージごとに、お客さんをビックリさせる仕掛けもしていきたいですし、初めて見た方がワクワクするくらい目まぐるしく動いて歌っているので、誰もが“弾けることができる”ユニットだなと思います。

――TIFでもすごく楽しそうにパフォーマンスされていますよね。

櫻井:そうですね! たぶん本人たちが一番楽しんでいるので、それを皆さんと共有したいなと思っています(笑)。サングラスもハートマークですし、ファッションには特にこだわっていますよ。

――TPD DASH!!さんの「どんがらがっちゃん!大行進」については?

高嶋:彼女たちが小学生のころからずっと知っている、妹分ユニットのTPD DASH!!の曲なんですけど、みんなどんどん大きくなってきたんですよ(笑)。もう高校生になりましたし、背丈もしっかり伸びました。

この曲は彼女たち初めてのオリジナルソングということで、すっごく激しいんです! 見ているだけで息切れしそうになるくらい激しい曲で、それを笑顔でずっとやり切るってとても圧倒されますよね。

そういう元気な一曲もこのアルバムに入っていて、アルバムを通して考えるとかわいい曲から激しい曲、そして格好いい「FREEDOM」という曲まで、さまざまなタイプの曲が収録されています。

――皆さんは激しいパフォーマンスが身上ですけど、普段からかなり激しくトレーニングをされていますか?

櫻井:ダンスレッスンは、体力作りをみんなでするというより、リハーサルを通しでやって、強引にでも体で慣れていくという練習法にしているので、体力作りはむしろ各自でやっています。私はジムに行ったり、あとは…整体に行ったりしています(笑)。

高嶋:それは大事だね。

櫻井:整体に通っているのは効いていますね(笑)。

――では、下半期に向けての意気込みをお願いします。

浜崎:3月に中野サンプラザ公演を終えて、9月18日(月・祝)のワンマンライブに向けてリハーサルやリリースイベントをやっているんですけど、中野サンプラザで1つの区切りがついて、この夏からは新たにヘアーチェンジもしたりとか、新しい楽曲が増えたりして、また新たなTPDが生まれたんじゃないかなと思うので、下半期には中野サンプラザ公演を超えるライブができるように、毎日努力し続けたいなと思います。

上西:今この「Glitter」でヘアーチェンジして、衣装もガラッと変えたんですけど、それを見てファンになってくださった方は、前の白い衣装でのクールなTPDも好きになってもらえるように頑張るのと、前のイメージで好きになってくださった方は、今のイメージでも好きになってくださるような活動をずっとずっとしていきたいです。その二面性も見せて、もっとファンの方を増やしたいなと思います。

櫻井:今年に入って、毎月のようにワンマンライブをやっているんですけど、ライブがお久しぶりにならないというのが大事だなと思って、1つ1つのワンマンライブで、自分たちTPDの良さや魅力をどんどん増して、1つのワンマンライブで全力を出し尽くせるようにしていきたいと思います。

夏にはビジュアルも一変しましたが、私たち自身も覚悟を決めてガラッと変えた部分があるので、だからこそパフォーマンスや、アプローチの部分で、ビジュアルと差がつかないように、たくさんの方に認めていただけるよう、1人1人で努力していくいくのが大事だと思うので、いろいろな所に出て行きたいなと思っています。

橘:この夏は、TPDだけじゃなくて、TPD DASH!!も一緒にリリースイベントだったり、ワンマンライブだったり、夏を盛り上げていきたいと思っているので、まずは9月18日(月・祝)のワンマンライブに向け、みんなで頑張っていきたいと思います。

高嶋:ミニアルバムをリリースするのに当たって、たくさんリリースイベントや、フェス、アイドルイベントに出演する機会があったので、これからも目の前にあることすべてを全力でやり切りたいです。

せっかくミニアルバムが出て、新しいTPDの一面が見せられたので、いい積み重ねになれるように、来年もどんどん大きい会場でワンマンライブをやって、毎年1回くらいアルバムをリリースして、それを引っ提げてのツアーができるようなグループになりたいなと思うので、これからも高みを目指して頑張っていきたいなと思います!

Let's block ads! (Why?)