1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

植田真梨恵、“圧倒的な歌声”で24曲熱唱「これにて終幕!」

“感情型シンガーソングライター”の植田真梨恵が、初めてのホールツアー「LIVE TOUR UTAUTAU vol.3」ファイナル公演を9月10日に東京・日本青年館ホールで行い、アンコールを含めて全24曲を熱唱した。同ライブに潜入したザテレビジョンの記者目線でのリポートを掲載する。

【写真を見る】「FRIDAY」などでは、妖艶な魅力を放った植田真梨恵

サボテンのオブジェが飾られたステージに、どことなく西部劇を思わせるアナウンスが響きわたり、ステージ上にバンドメンバーと植田が入場してくる。

植田の衣装は、自身がライブ後にSNSで明かしたように「圧倒的に今ツアーのためのようなワンピース」で、この日のために見つけてきたもの。最新シングル表題曲で、今回の1曲目に持ってきた「REVOLVER」にもピッタリなスタイルで、ライブの幕が開く。

「イエー! トーキョー!」のシャウトから、タイトルにちなんで銃を撃つしぐさを思わせる手の動きによって観客のハートを撃ち抜くと、2曲目にはインディーズ時代の名曲「メリーゴーランド」を演奏。ピアノのイントロから、“圧倒的に歌う人”の本領発揮とばかりに美しく力強い歌声を響かせる。

インディーズ時代からのファンを中心に大きな歓声が上がり、たった2曲で会場のボルテージを最高潮まで引き上げた。

3曲目のメジャー1stアルバム収録曲「FRIDAY」では、イントロ中に「イェイイェイ! スタンドアップ!」と客席をあおり、ほぼ満員のファンが立ち上がる。コール&レスポンスを織り交ぜつつ、クネクネとセクシーな振りで盛り上げる。

そして「レディース&ジェントルマン、ボーイズ&ガールズ。こんばんは! 植田真梨恵ライブツアー『UTAUTAU vol.3』へ皆さんようこそ〜!! みんな元気〜!? ホントに元気!?」と軽快な調子で問いかけると、観客からは大きな歓声が。

続けて「ラ〜ララ〜ラ〜♪」というコーラスが流れ、そのまま4曲目「カーテンの刺繍」を歌う流れに。

今回は「UTAUTAU」ということで、ギターを持たずに歌に全力を尽くす植田は、口から出る声だけでなく体全身の動きまでも歌声に変える勢いで、ダイナミックに動きながら歌い続ける。

そこから「シンクロ」「世界の終わり」と、立て続けにインディーズ時代の楽曲を歌い、初めての映画出演を果たした「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」の主題歌「灯」へ。

明るい光がステージに照らされるような印象を覚える同曲が流れると、どこからともなく自然と手拍子が起こる。聴くだけで希望に満ちあふれそうな爽やかな曲が終わり、MCに。

「あらためましてこんばんは! 植田真梨恵です! 本日は植田真梨恵ライブツアー『UTAUTAU vol.3』にお越しいただいて、皆さん端から端まで本当にありがとうございます!」と丁寧にあいさつ。

それから「UTAUTAU」ライブのコンセプトを話し、「きょうは最初から最後まで歌のパワーが強い楽曲を選んで持ってきました。昔の曲から最近の曲までいろいろと歌いますので、最後までしっかりと聴いていただけたらとてもうれしいです」と語り、昨年末にリリースされたアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』から「悪い夢」へ。

時折ステージの最前線まで歩を進め、頭を軽く振りながら歌い上げれば、続いてインディーズ1stシングル「心/S/サ」収録の「愛と熱、溶解」に。ダークなトーンのメロディーで静かに歌い、ラストの激しいドラムでダークな雰囲気を一掃するかのような錯覚を与えた。

それから最新シングル収録曲の「最果てへ」では、おもむろに植田がアコースティックギターを取り出し、この日初めて、むしろ最後まで通して唯一植田自身がギターを弾き、バンドサウンドも最小限にとどめ、植田の圧倒的な歌声が最大限に引き立つようなパフォーマンスを繰り広げた。

そしてMCを挟んで、「いつもとはちょっと違うテイスト」という5thシングル表題曲「ふれたら消えてしまう」。いつもよりポップに、植田もタンバリンをたたきながらとても楽しそうに歌い、観客もそれに手拍子で応える一体感を見せた。そこではひそかに光の流れ星が流れる粋な演出もあった。

続く「ダイニング」は、植田と大楠雄蔵(key)の二人舞台。優しいメロディーと穏やかな中にも力強さが残る歌声が会場を包み込み、その後の「砂漠の果てに咲く花」では、ステージ後方に4本のカーテンが降りてきたかと思えば、再び軽快なバンドサウンドが響き、植田も身振り手振り大きく披露するメリハリある構成に。

そして、“インディーズ時代の集大成”と言っても過言ではなさそうな彼女のインディーズ4thアルバム『センチメンタルなリズム』の中の1曲で、ファンも多い名曲「壊して」へ。

一度聴いたら耳から離れないイントロの破壊的なドラムサウンドから、早口言葉のような歌詞をテンポ良く歌い上げ、「もういい〜分かった、もういいよ〜」と思わずこちらも言いたくなるくらい、静かに全てを破壊するような歌声を会場に届け、そのままノーステップで「ルーキー」につなぐ。

前曲から一転して青春真っただ中にいるような楽曲で爽やかに盛り上げると、「イエ〜! まだまだ元気ですかー!? 歌うたってますか〜?」と会場に呼び掛ける植田。そこで、サポートバンド(サボテンズ)のメンバーを1人ずつ紹介していき、そのままの流れでメジャー3rdシングル「わかんないのはいやだ」に突入。

ステージを左右狭し動き回りノリノリの植田。ところどころ観客へマイクを向け、一緒に歌ってもらうというパフォーマンスを繰り広げ、同じくみんなで合唱するにはピッタリのインディーズ1stシングル収録曲の「サファイア!」へ。

同曲では、ステージ真横まで来てファンを盛り上げ「みんなで!(歌って)」とあおったり、セットのサボテンをナデナデしたり、おなじみの後半サビで大合唱を行ったりと、この日一番と言っても過言ではない盛り上がりを見せ、「センキュートーキョー!」で曲を終えると、「みんなの声聴こえています、本当にうれしい! どうもありがとう!」と次の曲へのつなぎのメロディーに乗って、感謝のコメントを口にした。

さらに「あなたが一人でいるとき、私はそばにいないけど、歌になって、あなたのそばにいるよ!」と力強いメッセージをファンに贈った後、おなじみの「あ〜あ〜あ〜♪」の合唱から、6thシングル表題曲「夢のパレード」へとつないだ。

どうしてこんなに息継ぎのしづらそうな歌を途切れることなく、声がかすれることなく歌い続けられるのか、という畏敬の念を彼女に抱きながらも「夢のパレード」の行列に加わった後は、いい意味でパンチの効いた「スペクタクル」を持ってくる植田。

その名の通り、強烈なインパクトを与えるような、風を切り裂くような歌声で観客を圧倒し、「変わらない歌を本当にずっと歌っていきたいなと思っています。本当にきょう9月10日、日本青年館ホールに来てくださった皆さんどうもありがとうございました!」とファンに感謝を込めて深々とお辞儀すると、割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こる。

「これから先もいろいろなことがあると思うんですが、皆さんのそばにある歌をずっと作り、描き、歌っていきたいなと思っています! つらいことはいっぱいありますけど、皆さんが飛び込んでいけるような、そういうパワーのある曲を歌えるといいなと私は思っています」とメッセージを送り、ベースの重低音から『センチメンタルなリズム』収録曲の「飛び込め」を歌いだす。

まさに会場に来た全ての人の背中を押してくれるようなパワーに満ちた同曲を歌い終えると、本編ラストには「変革の気、蜂蜜の夕陽」を持ってきた。夕陽っぽいライトアップが印象的なステージで、こちらもどこか植田から背中を押されているような気分になる。歌が終わると、ファンに深いお辞儀をして会場を後にした。

そして場内にはテンポのいいアンコールの手拍子が鳴り響き、植田らはTシャツ姿に着替えてアンコールに突入する。

アンコール1曲目は劇場版アニメ「ゴーちゃん。〜モコとちんじゅうの森の仲間たち〜」のエンディングテーマで、ことし配信された「虹はかかるから」。植田の澄んだ歌声が最大限に生かされた曲調の歌で、とても明るい気持ちにさせられると、これまでさまざまなアレンジがされてきた隠れた名曲「サイハロー」へ。

植田自身「初のアレンジです」という、今までの本曲への印象を覆すようなテンポで流れるように歌うと、少しも聴き漏らすまい!とばかりに、じっと聴き入るファン。

バラード色の強い印象もあったが、こういうパターンもいけるのか!という、驚きを与えてくれた後は、最後のMCタイムへ。

「皆さん今日は最後まで、そしてアンコール本当にありがとうございます!」と感謝を述べた後、「うれしいお知らせがあります!」と、初のアートワークギャラリー開催と、2018年2月に、2年ぶりとなる待望のピアノツアー「植田真梨恵 Live of Lazward Piano “bilberry tour”」の開催を発表した。

これまでよりいろいろな所へ転々とするということで、「きょう遠くから来た人?」と会場に呼び掛けると、「北海道」や「京都」に混じって「インド!」「春日部!」「西東京!」など、本当かうそか、そしてジョークなのか、さまざまな場所を挙げるファンたち。

植田もボケっぽい答えにはやや冷たく(?)あしらいつつ、「2018年にまたLazward Pianoツアーで会いましょう。ありがとうございました!」と、感謝を口にした。そこでバンドメンバーもあらためて紹介し、裏方スタッフとファンに何度も感謝した。

続けて「メジャーデビュー3周年を先日迎えました。そして『UTAUTAU』もVol.3ということで、またこうして皆さんとお会いできてとってもうれしかったです。今回、初めてのホールツアー…やっと歌手になれた気がします!」と晴れやかな笑顔で語り、会場を沸かせる。

「まだ、永遠というものが信じられない私が、永遠を信じていたくて、信じてみたくて作った曲を最後に歌います!」と言い、メジャーデビュー曲「彼に守ってほしい10のこと」をファンの手拍子をバックに歌いだす。

サビでは「みんな歌ってくれますか?」と呼び掛け、ファンと大合唱したり、マイクを通さずに歌ったり、ステージ狭しと駆けまわったり、最後まで全く力を緩めることなく全力で“歌を歌い”、全24曲熱唱した。

そして記念撮影を終えると、サボテンズのメンバーと手をつないで「本当にありがとうございました!」と深々と頭を下げ、ファンに感謝し、植田の「これにて終幕です!」で、ライブを終えた。その後も投げキッスや手で銃を撃つポーズを決めるなどして最後まで楽しませる植田。

“感情型シンガーソングライター”植田にとって、初めての挑戦となるホールツアーが、終了した。

「初めてのホールツアー、とても濃くわたしの心に残り続けることだと思います」と終演後にコメントを残したが、間違いなくファンの心にも色濃く、そして強く刻まれたはず。

少なくとも私の心には、最初から最後まで全力で歌う植田の“歌魂”が、ずっと残り続けそうだ。

Let's block ads! (Why?)