1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

【詳細】他の写真はこちら

今年の9月でデビュー14周年を迎えたシンガーソングライターの大塚 愛が、自身の誕生日でもある9月9日に東京・中野サンプラザにて、一夜限りのバースデーライブ『大塚 愛 LOVE IS BORN 〜14th Anniversary 2017〜』を開催した。

14周年=14=イシ=石。大塚得意の言葉遊びにて14周年ライブのコンセプトとなったのは、9月の誕生石でもある“サファイア”。ステージ上にはその大きなサファイアをかたどったセットが組まれた。

宇宙空間にいるような幻想的なSE音楽に会場が包み込まれると、やがて真っ白なワンピース姿で大塚 愛が登場。“地球からステップ踏んで 軽くして浮いている あぁ 地球っこ”と「ロケットスニーカー」を歌う姿は、まるで宇宙に遊びに来た妖精さながら。

今年の『LOVE IS BORN』がスタートした。

「私は1で、皆さんが99。合わせて100の力で、14年間やってこれました」と14年前を振り返りながら披露したのは、デビュー曲の「桃ノ花ビラ」。今まで発表してきた楽曲の数々をあらたなアレンジに変化させ挑むステージは、大塚らしくキュートでチャーミングな印象はそのままに、今やりたいことと、チャレンジ精神が溢れる彼女の想いが凝縮されたパフォーマンスだった。

中盤の弾き語りのコーナーでファンの間でも非常に人気の高い楽曲「向日葵」を披露する際には、愛娘との心温まるエピソードも披露。大塚が何を演奏するか迷っていたときに、「この曲を聴くと、ママがどれだけお客さんのことを想っているか伝わると思うよ」とアドバイスを受けたことを明かした。

さらに「デビュー当時からブレていない意志。それは水のようなアーティストでい続けたい、ということ。何にでも形を変えて、同じ時は一度もない。いつまでも捕まえられない存在でいたい」「そんな想いを書いた曲があります」と語り、「ネコに風船」を披露した。

アンコールでは、ファンから「Happy Birthday」の歌のサプライズプレゼントを受け取ると、「丸14年一緒にいてくれてありがとう。これからも一緒にいてください」と、14年間の感謝と、これからの意志をステージに詰め込んだ『LOVE IS BORN 〜14th Anniversary 2017〜』を締めくくった。

今月23日には“日本一の星空”と言われる長野県阿智村で『AIO PIANO -星の音楽界 2017-』と銘打ったアコースティックライブが、映像クリエイティブチームの「ネイキッド」とコラボレーションしたスペシャルイベントとして開催。きっとこのライブとは違った表情を見せてくれることだろう。

唯一無二の存在であることは間違いない大塚 愛が、さらにこれからどんな姿に形を変えて何を見せてくれるのか、楽しみにしたい。

『大塚 愛 LOVE IS BORN 〜14th Anniversary 2017〜』

2017年9月9日(土)東京・中野サンプラザホール

<セットリスト>

01. ロケットスニーカー

02. 私

03. パラレルワールド

04. 桃ノ花ビラ

05. RounD

06. LIFE-LOVE CiRCLE

07. ハニカミジェーン

08. CHU-LIP

09. PEACH -ウォッカ-

10. 星のタンゴ

11. 向日葵(ピアノ弾き語り)

12. ネコに風船(ピアノ弾き語り)

13. 片想いダイヤル

14. 泡ガール

15. SMILY

16. フレンジャー

17. HEY!BEAR

【ENCORE】

18. Birthday Song

19. LUCKY☆STAR

20. さくらんぼ

21. タイムマシーン

ライブ情報

AIO PIANO -星の音楽会 2017-

09/23(土・祝)長野・富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら

大塚 愛 OFFICIAL WEBSITE

http://avex.jp/ai/

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

大塚 愛、14周年ライブで「水のようなアーティストでい続けたい」。愛娘との心温まるエピソードも

Let's block ads! (Why?)