1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

夏帆、“ホワイト”な撮影現場で監督に感謝「毎日、家でご飯が食べられる」

 女優・夏帆が11日、都内で行われたWOWOWのドラマ『予兆 散歩する侵略者』の完成披露試写会&舞台あいさつに登壇。スケジュール的には厳しい撮影も監督の的確な演出で余裕のあるスケジュールとなり、夏帆は「毎日、家でご飯が食べられる。こんな現場あるんだ」と感激した。

【イベント写真】染谷将太の舞台あいさつ登壇

 黒沢清監督のもと3週間で全5話を撮影した。深夜0時を超える撮影をしないことで知られる黒沢組ではあるが、スケジュールを確認した夏帆は「これは寝れないな」と睡眠不足を覚悟したという。しかし、ふたを開けてみれば午後6時に終わることも。夏帆は「現場に入ったら毎日、家でご飯が食べられる。こんな現場あるんだとビックリしました」とにっこり。染谷将太も「最高でしたね。晩飯が家で食べられる。なかなか、そんな現場はない」と笑みをこぼした。2人の反応を見た黒沢監督は「社会人として当たり前。普通だと思います」ときっぱり。長時間労働が常態化している芸能界だけに初タッグを組んだ夏帆は目を丸くしていた。

 また、撮影がすんなり終わった理由も垣間見えた。夏帆は「現場で監督の演出意図がわからなかったことは、まずなかった。わかりやすく丁寧に演出してくださる。納得してないなって顔をしたら汲み取ってくださった」と感謝。一方の黒沢監督は「スケジュールが潤沢にある現場ではない。かなり長いワンカットも含めて、よくついてきてくれた」と出演陣に感心しきり。「よくこんなハイレベルの鬼気迫る演技をやってくれた」と素直な胸のうちを明かした。

 同ドラマは公開中の映画『散歩する侵略者』のスピンオフ作品。映画は、劇作家・前川知大氏が率いる劇団「イキウメ」の人気舞台が原作。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイデアから生まれた新たなエンターテインメントで、長澤まさみ、松田龍平らが出演する。スピンオフドラマは「侵略者」はほかにもいた、という恐怖と驚愕のアナザーストーリー。

 『予兆 散歩する侵略者』(全5話)は、9月7日午前0時よりWOWOWメンバーズオンデマンド先行配信開始、同18日よりWOWOWプライムで放送開始(毎週月曜 深0:00※第1話無料放送)。 </span>

Let's block ads! (Why?)