1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

【テレビの開拓者たち / 大根仁】「常にポップなものを作り続けたい」

ジャニーズメンバーの主演で、小劇場演劇の戯曲をドラマ化する「演技者。」(2002年フジ系)や、「アキハバラ@DEEP」(2006年TBS系)、「湯けむりスナイパー」(2009年テレビ東京系)、そして一大ブームを巻き起こした「モテキ」(2010年テレビ東京系)など、数多くの深夜ドラマを手掛け、今夏、「ハロー張りネズミ」(TBS系)で、初めてプライムタイムのドラマの脚本・演出に挑んだ大根仁氏を直撃。9月15日(金)に最終回を迎える「ハロー張りネズミ」の制作裏話を語ってもらうと共に、9月16日(土)公開の映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」など、近年は映画監督としても活躍する彼に、これまでの創作活動を振り返ってもらいながら、あらためて大根作品の魅力に迫った。

「ハロー張りネズミ」最終話(9月15日[金]、TBS系)では、徳川家再興を託された人物から埋蔵金発掘の依頼を受けたゴロー(瑛太)らが暗号解読に挑む/©TBS

■ 演出と脚本の両方を担当するのは無謀だったなと後悔してます(笑)

――「ハロー張りネズミ」は既にクランクアップされて、現在編集中とのことですが、全話を撮り終えてのご感想は?

「エピソードごとに全く違う雰囲気のドラマにしたいなと思っていたので、そこの狙いは上手くいった気がしますね」

――今回もそうですが、「まほろ駅前番外地」(2013年)、「リバースエッジ 大川端探偵社」(2014年、共にテレビ東京系)と探偵モノが続いていますね。

「探偵モノって割と、どんなストーリーでも許されるというか、たどり着く先も自由みたいなところがあって。例えば警察モノだと、最後は犯人を捕まえなきゃいけない、医療モノだと病人を助けなきゃいけない、という縛りがありますけど、探偵モノだったら、どんな依頼が来てもいいし、悪いヤツを捕まえなくてもいいわけですよ(笑)。その辺が、雑多な性格の自分に合ってるんでしょうね(笑)。第1話(7月14日放送)で、死んだ娘にそっくりな女の子を探してほしいという依頼が来る、というエピソードをやったんですけど、あれなんかは、まさに探偵モノじゃないと成立しない話だと思うし」

――「まほろ」に続いて、再び瑛太さんを主演に起用したのは?

「役者としての瑛ちゃんがすごく好きなので、また撮りたいなと。彼は、巻き込まれる役がすごく上手いんですよ。“受け身の演技”というのとも違う、どんなことが起きても受け入れてしまう、みたいなキャラクターを上手に演じてくれる。瑛太という役者自体に変幻自在な部分があるんですよね。主役クラスでこういうタイプの役者って意外に少ないと思うんだけど」

――「ハロー張りネズミ」では、大根さんは脚本も担当されています。ゴールデンやプライムタイムの連続ドラマでは、演出家が脚本も書くというケースは珍しいと思うのですが…。

「そうですね、無謀だったなと後悔してます(笑)。プロデューサーがいて、脚本家がいて、演出家が複数いてという、長年かけてテレビが作り上げてきた分業のシステムは、やっぱり理にかなってるんだなと」

――(笑)。とはいえ、脚本と演出を一人で務めるがゆえのメリットもありますよね。

「まぁ、僕が自分で脚本も書いてるのは、すごく単純な理由で。現場で芝居やセリフのニュアンスがちょっと違うなと思ったり、ロケハンしていて予想外にいい場所が見つかったりしたときに、自分ですぐに書き直せるから、という。やっぱりそこが大きいんですよね。あと、予算の配分が考えられるっていうのもあるかな(笑)。要するに、深夜ドラマの現場で長年やってきたことが、もう自分のやり方になっちゃってて、これが普通になっちゃったんですよ。その勘違いが全ての元凶です(笑)」

■ 「演技者。」で、自分はメジャーとサブカルをくっつけるのが得意なんだと気付いた

――今、“芝居のニュアンス”というお話がありましたが、脚本に書かれたキャラクターを実際に役者が演じることで新たに見えてくる部分はあるんでしょうか。

「そういうことは多いですね。今回は脚本を書く上で、ゴロー(瑛太)は最初からほぼ当て書きだったんですけど、かほる(山口智子)や蘭子(深田恭子)は、現場で山口さんと深キョンが演じてるのを見たときに、意外とこの2人のキャラで遊べるなってことに気が付いて(笑)。2人とも、言えば何でもやってくれるんですよ。9話(9月8日放送)のヒーローショーのシーンなんか、悪ふざけ以外の何物でもないですから(笑)。山口さんも出演されていた、三谷幸喜さん脚本の『王様のレストラン』(1995年フジ系)で、レストランの従業員がコーラスの練習をする、その半日だけを描いたエピソードがあって、このヒーローショーの回は、そのオマージュでもあるんですけどね。それにしても本当に、山口さんが想像以上にノリノリでやってくれて。『これ、オンエアして大丈夫か?』っていうくらい(笑)」

――初のプライムタイムのドラマということで、大根作品を初めて見るという視聴者も多かったと思うんですが、その辺りについては意識されましたか?

「もちろん、キャスティングとか画(え)のルックとか、間口が広くて敷居の低いものにしたいなという意識はありました。ただ、撮っているうちに、どうしても深夜テイストが出てしまうというか(笑)。これはもう自分の癖で、抜けないものなんだろうなと」

――では、これまでの活動を振り返って、ご自身のターニングポイントになった作品はありますか?

「やっぱり『演技者。』ですね。僕が全ての作品を演出したわけではないんですが、大好きなケラリーノ・サンドロヴィッチさんの『室温』は、絶対に自分で演出したいと思って、自分でケラさんに会いに行って、許可をいただいたんですよ。それぐらい思い入れの強い作品だし、あと、“フジテレビ”とか“ジャニーズ”というメジャーなものと、“小劇場演劇”というサブカル的なものと、そのメジャーとサブカルをくっつけるのが自分が得意なんだと気付いたのが、この『演技者。』なんですよね。その自分の資質みたいなものが、『モテキ』なんかに引き継がれてるんだと思います」

――大ヒットした「モテキ」も、ターニングポイントとなったのでは…?

「うん、そうですね。それまで10年くらい深夜ドラマを作り続けてきた中で、放送直後からあそこまで大きなリアクションがあったのは、初めての体験でしたから。これはムーブメントになっているんだなっていう感覚がありましたね(笑)。当時広がり始めたTwitterの盛り上がりもすごくって、見てる人たちはこういうものを求めてたんだなっていうことも実感できたし。

僕は、革新的な作品を作ってきたとは思ってないんですけど、深夜ドラマ…特にテレビ東京の深夜に関しては、『俺が作ってきたぞ』っていう自負はあるんですよ(笑)。テレ東の深夜枠は、何というか、草木も生えていない荒地の石を一個一個どかすような作業から、こつこつと作り上げてきた場所なので、『モテキ』が当たったときは、やっぱり感慨深いものがありましたね。で、そこから映画版も作ることになって、その映画も幸いヒットして。それがまた、『まほろ』とか『リバースエッジ』にもつながっていったわけで、そう考えると、キャリア的には間違いなく、『モテキ』をきっかけにして、いろいろと変わっていったんだと思います」

■ 自分が“作りたいもの”よりも、自分が“見たいもの”を

――バナナマンのお2人がよく「『アキハバラ@DEEP』に出てた人(生田斗真、星野源、バナナマンほか)は、その後全員売れた」とおっしゃっているように、大根作品に出演して注目を集めて、その後ブレイクを果たした役者さんはたくさんいますよね。大根さんは、キャスティングについてどんなこだわりがあるのでしょうか?

「僕は、物を作る才能はないけど、人の才能を見る才能はあると思っていて(笑)。普段から、“今が旬”みたいな人をチェックするよりも、『この人は何かあるぞ、これからきっと世に出てくるぞ』っていうアンテナは張るようにはしてますね。

バナナマンは、『30minutes』(2004年テレビ東京系)に出てもらってたときから、『あ、この人たち売れるな』って思ってました。芝居も上手いし、もちろん面白いし。エンターテイナーとしてのポテンシャルがすごい2人だなと。『週刊真木よう子』(2008年テレビ東京系)は、(真木)よう子ちゃんがまだ世に出始めたばかりだったんですけど、間違いなくトップ女優になるなとワクワクしながら撮影したのを覚えています。

あと、既に売れっ子でも、その人の本来の魅力を再発掘するのも好きですね。『モテキ』の映画に出てくれた(長澤)まさみちゃんなんか、まさにそんな感じで。僕は当時、『みんな長澤まさみの撮り方が分かってない!』って腹が立ってたんですよね(笑)」

――魅力を再発掘するという意味では、『ハロー張りネズミ』の森田剛さんも今、ドラマファンからあらためて注目を集めています。

「剛は『演技者。』でも2本出てもらってるんですけど、当時からすごく上手かったですよ。ネガティブなキャラクターをこんなに魅力的に演じられる役者は、ジャニーズの中には…というか、普通の役者でもなかなかいないんじゃないかと思ってました。まぁ、ネガティブな役は、映画の『ヒメアノ〜ル』(2016年)とかで、もう散々やってきたので、『張りネズミ』ではまたちょっと違った森田剛をお見せしたつもりなんですけど」

――大根作品は、劇伴音楽もまた素晴らしいと思うんですが。

「確かに、こだわりはかなりありますね。僕はどの作品でも、いつも脚本より先に音楽をどうしようかと考えるんです。作品において音楽は空気みたいなものだと思うので。でも、普通はドラマの演出家って、テーマ曲を自分で決めたり、ミュージシャンにメール送ったりはしないらしいですね(笑)」

――最近は映画監督としても活躍されている大根さんですが、ドラマと映画で、作り方は違うのでしょうか?

「ドラマとか映画とか、あんまり分けて考えてないかもしれませんね。もっと言えば、ゴールデンとか深夜とかも関係ないし。唯一意識しているのは、自分が“作りたいもの”よりも、自分が“観客や視聴者として見たいもの”を、ということですかね」

――では最後に、テレビ、映画に関わらず、大根さんが今後作ってみたい作品は? 今温めている企画などはあるのでしょうか。

「僕は音楽が好きなので、音楽の要素が強い映画やドラマをいっぱい作ってきましたけど、これまでプレイヤーを描いたことがないので、アマチュアバンドの話をちょっとやってみたいなと思っていて。あとは、ミュージシャン崩れの介護士が主人公の企画も1本あります」

――ちなみに大根作品のファンとしては、大河ドラマや朝ドラを大根さんがやったら面白いだろうな、などと夢想してしまうのですが…。

「NHKの!? ないですよ!(笑) まぁ、企画の中身という意味でも、放送枠という意味でも、今まで行ったことがない場所に行きたいなとは思ってるんですけど。とにかく、常にポップなものを作り続けたい、という意識はありますね」

Let's block ads! (Why?)