1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

アンガールズ、知名度でKOC決勝進出? 山根の自虐に田中が猛ツッコミ

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント2017』(KOC)の決勝進出者が8日、東京・赤坂BLITZで発表され、ジャングルポケット、さらば青春の光、ゾフィー、アキナ、パーパー、わらふぢなるお、アンガールズ、にゃんこスター、かまいたち、GAG少年楽団の10組がファイナリストに選ばれた。昨年KOCに初挑戦したアンガールズは2度目で決勝の舞台に初進出。名前が呼ばれた瞬間、お互いガッツポーズで喜びを分かち合った。

【集合写真】テレビでおなじみの顔から新星まで…決勝進出10組がズラリ

 結成17年、コンビとしての知名度や人気も抜群である中、KOCの舞台に飛び込んだ理由について、田中卓志は「単独ライブをやってもチケットが売れなくて、これに優勝したら売れるっていう話を聞くので…」とにっこり。昨年は、後輩芸人たちから「僕らの枠が減っちゃうじゃないですか」とクレームを受けながらも、決勝へと進めず。「ふつうに落ちて、めちゃくちゃ恥ずかしい1日を過ごしたので、今回受かって本当に良かった」と胸をなでおろした。

 相方の山根良顕が「ネーム(バリュー)で受かったんじゃないかな」と自虐気味にボソリとつぶやくと、田中がすかさず「今回は準決勝でネタを2本できるから、まぁまぁなやつをちゃんとそろえたわ。そのクオリティーを2本ちゃんとそろえるのがどれだけ難しいか」と猛ツッコミ。決勝への思いを聞かれると「今年も広島カープが優勝しそうなので、僕らも一緒に日本一になりたいですね」と言葉に力を込めた。

 優勝賞金1000万円の使い道についても「バーンと使いたいので(カープの本拠地である)マツダスタジアムに『キングオブコント2017優勝』っていう看板を出したいです」とカープ愛あふれるコメント。「その日の放送を見ていない野球ファンの方々も看板があれば、ファウルボールが当たった時とかに『アンガールズ、優勝したんだ』ってなると思うので…」と笑顔を見せていた。

 今年で10回目の開催となる同大会は、プロ・アマ不問、芸歴制限なしで「とにかくおもしろいコント芸」を決定。過去にはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、昨年はライス王者の称号を手にした。

 今年は予選ルールが変更となり、準決勝はきのうときょうの2日間で2本のネタを披露。決勝戦のルールは昨年と同様で、ダウンタウンの松本人志、さまぁ〜ず、バナナマンの5人が審査員を務め、浜田雅功が番組MCを担当。ファイナリストたちは、優勝賞金1000万円をかけ熱い火花を散らす。この日、ネタ順抽選会も行われ、以下のように決まった。決勝は10月1日の午後7時から10じ48分までTBS系で生放送される。

■『キングオブコント2017』(KOC)ネタ順
1:わらふぢなるお
2:ジャングルポケット
3:かまいたち
4:アンガールズ
5:パーパー
6:さらば青春の光
7:にゃんこスター
8:アキナ
9:GAG少年楽団
10:ゾフィー </span>

Let's block ads! (Why?)