1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

ドラマで見つけたイケメン!「警視庁いきもの係」清原翔を直撃 「そんな甘い考えなら辞めた方がいい」反対された俳優への道<モデルプレスインタビュー>

【清原翔/モデルプレス=9月8日】「MEN'S NON-NO」専属モデルとしてキャリアをスタートさせ、今年結婚情報誌「ゼクシィ」の10代目CMガール・佐久間由衣の新郎役に抜てきされ注目を浴びた清原翔(きよはら・しょう/24)。モデルプレスでは、現在放送中のフジテレビ系ドラマ「警視庁いきもの係」(日曜よる9時)にも出演する彼にインタビューを実施した。

【フォトギャラリー】注目のイケメン清原翔はスタイルも抜群!全身写真を見る

◆「MEN'S NON-NO」モデルから俳優の世界へ


ドラマ「レンタルの恋」(2016年、TBS系)で連続ドラマデビューを果たし、俳優として本格始動させたばかりの清原。「MEN’S NON-NO」モデルの先輩・柳俊太郎(※柳は旧字)も出演する「HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY」(公開中)「HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION」(11月11日)にも出演するなど、若手俳優の注目株として活躍の幅を広げている。

ドラマ「警視庁いきもの係」は、警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補・須藤友三(渡部篤郎)と新米巡査・薄圭子(橋本環奈)のコンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走する異色コメディーミステリー。たまにおっちょこちょいなミスもする警視庁捜査一課巡査・桜井薫役を演じている。

「MEN'S NON-NO」モデル出身の俳優といえば、谷原章介や田村誠一、近年は東出昌大、坂口健太郎、成田凌と多い。清原の魅力は、185cmの長身とミステリアスな雰囲気漂うルックス、そして笑うと一気に印象が幼くなるギャップ。それを武器にさらなる先輩たちに続くか…今回のインタビューでは、ドラマの秘話はもちろん、「ゼクシィ」抜てきの裏側、「MEN'S NON-NO」モデルの俳優業進出について、さらに今後の目標についてたっぷりと語ってもらった。

◆「そんな甘い考えなら辞めた方がいい」反対された俳優への道


― 「MEN'S NON-NO」専属モデルの方の俳優業進出が、ここ数年特に目立っていますね。

清原:僕も事務所に入ろうと思ったきっかけが演技をしてみたいからでした。「MEN'S NON-NO」モデルとしてだけなら、事務所に入らなくてもいいかな?と思っていたんですけど、周りに役者をやってるモデルが多くなって、話を聞くうちに興味が出てきました。それまでは、テレビの世界に憧れはありつつも、自分は表舞台に立つ人間じゃないなと思っていて。そんな中で、身近な人たちが活躍していく姿を見てると、自分の中でも現実味が帯びて、大学4年生の頃に「MEN'S NON-NO」の方に相談しました。

― そこから、今の事務所に。

清原:初めはすごく反対されました。大学院も行くつもりだったので、「芸能界も辞めて、大学院までしっかり行った方がいい」って。でも、それって僕の“やりたい”って言う気持ちが、ほかの人たちよりもないように見えたから、あえて言ってくださったんだと思います。「そんな甘い考えなら辞めた方がいい」ってずっと言われていたんです。

― 親心でしょうか。それがあったからこそ、清原さんも火がついたというか…。

清原:ありがたいです。本当にやりたいのか、とか考えるきっかけにもなりました。

― 今から2年ほど前というと、まさに坂口健太郎さん(※2017年7月号に専属モデルを卒業)たちが俳優として注目を浴び始めた頃。

清原:大先輩2人には、色々話を聞きました。「作品が決まった」って聞いたり、現場でスタッフの人たちとそういう話をしているのを聞いたりとか。楽しそうだなって思いましたし、実際にテレビや映画に出ているのを観ると最初は感動していました。「MEN'S NON-NO」専属モデルが注目してもらえるようになったのは、やっぱり坂口くんのおかげです。

― 2年前に比べると、俳優業をされている方が本当に増えましたよね。

清原:その流れを作ったのも、きっと坂口くん。先輩はもちろん、後輩にも俳優をやってるモデルがいますし、僕も頑張りたいです。

◆「ゼクシィ」の反響は?


― 清原さん自身が注目を浴びるきっかけは、「ゼクシィ」での新郎役が大きかったかと思いますが、反響は感じていますか?

清原:本当に大きかったです。あと僕、事務所に入ったときに最初に言われたのが「顔を売らないとダメだから、CMのオーディションをたくさん受けましょう」ってことだったので、マネージャーさん的にも大きかったと思います。何個も何個も受けて、受かってもシルエットだけの出演ってこともあって、そんなとき「ゼクシィ」が決まったんです。

― 「ゼクシィ」のCMオーディションは2年連続チャレンジされたとか。

清原:そうなんです。1回目は全然ダメでした。2回目のオーディションは、初めてのドラマ(レンタルの恋)も出させてもらった後だったので、「このタイミングで決まったら、こっちを向くんじゃないかな」って(笑)。

― 「こっちを向く」?

清原:街でも声をかけてもらえることが増えて、それはCMの効果かなと思っています。そこから、「警視庁いきもの係」もそうですし、少しずつ雑誌以外の仕事が増えていきました。

◆「警視庁いきもの係」で先輩からもらった大事な言葉


―“連続ドラマ”の現場や雰囲気には慣れましたか?

清原:いやいやいや…全然!

― 共演は、主演の渡部篤郎さんや、ドラマで行動を一緒にしている長谷川朝晴さんなど先輩方が多く。

清原:大先輩ですね!顔合わせのときから緊張していたんですが、撮影が進むにつれて仲良くしていただいて。現場では長谷川(朝晴)さんや橋本環奈さんがムードメーカーです。

― 清原さんは?

清原:僕は端っこで笑ってます(笑)。まだ緊張しちゃうんです。自分からはなかなかいけないので、話しかけていただいたときには、めちゃくちゃ頑張るようにしています。

― 印象に残っているエピソードはありますか?

清原:撮影序盤、長谷川さんに「上手に映ったらそれはもちろんいいことだけど、何も印象に残らないよりは、下手に映った方がいい。何もなく1クール終えるっていうのが、1番よくない」って言っていただいて。「下手って思われても、それは心に残るから、そっちの方がいい」って言われたことが、すごく印象に残っています。最初、僕はキャラクターがなかなか掴めずにいたので、「下手でもいいから頑張ろう」って楽になれました。

― 素敵なエピソードです。長谷川さんとは共演シーンも多いので、心強いですね。

清原:相棒役なので、常に隣に。安心します。

◆“夢を叶える秘訣”を語る


― 俳優として走り出した清原さんが、今実感する“夢を叶える秘訣”を教えてください。

清原:努力するってことは必ず必要なことなので置いておいて、あとは言葉にすることかなと思います。自分が夢に向かって頑張っているつもりでも、周りの人から見たらそう見えないかもしれないし、口に出して伝えることで協力してくれる人も現れるかもしれない。僕も、My Hair is BadさんのMusic Videoに出演させていただいたんですけど、My Hair is Badさん好きってことを言い続けていた結果でした。

― 今後の目標や夢は何ですか?

清原:いつか映画に出てみたいです。あと、「MEN'S NON-NO」モデルとしては、表紙を。専属のうちにじゃなくても、俳優としていつか表紙に呼ばれるくらいの存在になれればと思います。

― では、最後にドラマの見どころを!

清原:ドラマは、動物がたくさん出てくるので癒やしにもなりますし、緩い掛け合いも面白いですし、気軽な気持ちで観ていただければ嬉しいです!!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■清原翔(きよはら・しょう)プロフィール


1993年2月2日。神奈川県出身。身長185cm。0型。「MEN'S NON-NO」専属モデル。ドラマ「レンタルの恋」(2016年、TBS系)で連続ドラマデビューを果たし、2017年結婚情報誌「ゼクシィ」の10代目CMガール・佐久間由衣の新郎役に抜てきされ注目を浴びる。現在は、フジテレビ系ドラマ「警視庁いきもの係」(日曜よる9時)に出演中。

■最終話


須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、四十万(横山だいすけ)に案内された警察病院の部屋で元気な鬼頭(寺島進)と対面する。何者かに撃たれ重傷を負ったと報告されたが、それは敵を欺くための偽装だったのだ。敵とは、表向きは宗教法人だが実態は詐欺集団の「ギヤマンの鐘」だという。鬼頭は、そんな危険な集団と手を組み、無差別テロを主導している庄野(利重剛)の写真を見せた。圭子は、その顔に見覚えがあった。石松(三浦翔平)が蜂に刺されたファミレス、慰安旅行に向かうバスの中で見かけていたのだ。

実は今から5年前、庄野はある事件の容疑者となり、連日警察で取り調べを受けていた。

結局、無関係だと分かり解放されたが、その間にやってきた台風が庄野の経営する養蜂場を襲い、蜂が全滅するという悲劇が起こった。その事件を捜査し、庄野を取り調べたのが鬼頭だった。

庄野の所在の手がかりをつかむため、須藤と圭子は、庄野の養蜂場を訪ねる。そこに養蜂場の形跡はなく、古びた小屋があるだけだった。すると、小屋の方から犬の声が聞こえた。捨て犬かもしれない、と思った圭子は小屋へ向かう。須藤がそれを制止しようとした時、目の前を空気を引き裂いて何かが横切った。須藤はとっさに圭子に覆いかぶさり地面に伏せると、すぐそばの地面が爆ぜた。周囲を見回すと、木陰に須藤たちを狙う庄野とギヤマンの鐘の信者の姿があった。危険を感じた須藤は小屋に逃げ込もうとしたが…。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)