1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

窪田正孝『僕やり』がクランクアップ!永野芽郁は花束に“笑顔と涙”

窪田正孝主演のドラマ『僕たちがやりました』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)が6日、クランクアップを迎えた。

本作は、凡下高校のトビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)とOBのパイセン(今野浩喜)らの姿を中心に描いた青春&逃亡エンタテイメント。凡下高校の4人組のうち窪田、間宮、葉山の3人が一足先にクランクアップ。今野から「この現場、後は任せろ!(笑)」という言葉と共に花束を受け取った葉山は「この4カ月こんなに自由に芝居をやらせてもらって、思いっきりできたので嬉しかったです。マルをやれて良かったなって思います」とあいさつ。続いて、監督から花束を受け取った間宮は「アドリブが多かったので、このドラマを通して本当に意味のないセリフを言うのが上手くなったと思います(笑)。監督から“ちょっとそこでガチャガチャやってて!”みたいなことも多くて。だからこそ、この4人でいる時のリズムがすごく心地よかったです」と振り返った。

主演の窪田はプロデューサーから花束を受け取り、「この4人で駆け抜けてきたこの約4カ月を皆さんが支えてくださったからこそ、この『僕やり』ができたんじゃないかなと思います。皆さんお一人お一人の力で支えてもらったことをすごく実感しましたし、いい経験をさせていただいたし、人としてもたくさん成長させてもらった気がします。終わるのは寂しいですが、“またどこかで会えるように”と願いながら明日から頑張りたいと思います!」と、別れを惜しんだ。そんな中、3人を送り出した今野は「どうですか皆さん! 僕だけお花もらえないんですよ!!」と嘆いて、ロケを見学していた人々の笑いを誘い、4人はお互いの健闘を称えるようにハグをして現場を後にした。

そして、今野が独りで最後のシーンを撮り終えると、先にクランクアップを迎えていた3人が「パイセン〜!!」と言いながらサプライズで登場。ドラマのように抱きついて来た3人に、今野は「車の中で待機してたの!?」と驚きを隠せない様子。そして、窪田から花束を受け取り「いや〜、若手たちを僕が引っ張りましたけど、本当に俺がなんとかしないとどうにもならないんだから、この3人は!」とジョークを交えて一同を沸かせた後、「“あの関西弁は頑張ってたな”と思っていただけたら嬉しいです。失礼しました!」とあいさつした。

また窪田たちより一日早くクランクアップをしたヒロイン・蓮子を演じた永野芽郁は、窪田から花束を渡されると笑顔になり、目に涙を浮かべながら「すごい楽しみでしかない現場でした。現場に行くと逆にスタッフの皆さんからパワーをもらって頑張ろうと思える、原動力になっていた場所でした。自分自身、蓮子を演じることに少し不安もあったのですが、この役を演じることが出来て本当に良かったなって思っています。もう涙止まらん(笑)」と話した。

12日放送の第9話では、トビオと友情を築いていた市橋(新田真剣佑)の思いもよらぬ死や、刑事・飯室(三浦翔平)からの執拗なまでの追及を受けるトビオたち。もみ消し工作により逮捕は免れるが、真実を偽った罪は消えない。精神的に追い込まれていくトビオたちがとった行動はなんと“自首”。原作とは違った形で迎える衝撃のクライマックスに注目だ。 </span>

Let's block ads! (Why?)