「ヒデはみね子が大好き」連続テレビ小説「ひよっこ」出演中 磯村勇斗インタビュー

いよいよ最終回間近の、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)。行方不明だったお父さん(沢村一樹)も見つかり、ホッと一安心のみね子(有村架純)。そんなみね子を温かく見守る「すずふり亭」の面々。その中でも見習いコックの前田秀俊(=ヒデ)とみね子が急接近!? 最終回まで待ちきれない!ひよっこファンに向けて、ヒデ役・磯村勇斗に今後について直撃してきました! WEB限定グラビアと共にお届け。

【写真を見る】「すずふり亭」の見習いコック・前田秀俊を演じる磯村/撮影=mika

■ ヒデと磯村の恋愛観は似ている?

――改めて、ドラマ「ひよっこ」の世界観についてはどう思われますか?

一番最初に感じたのは温かい世界だなと。人と人との関わりもそうですけど、岡田(惠和)さんの脚本に出てくるキャラクターたちが、それぞれ素敵なんです。心がやわらぐ世界ですよね。「すずふり亭」の鈴子さん(宮本信子)、省吾さん(佐々木蔵之介)のような人がいる飲食店に出会ったことがないので(笑)、ああいう店を見つけたらすごく幸せだと思います。今はなかなかないですよね。そして「すずふり亭」や「あかね荘」の外観や内装も、今の建物とは全然違う。僕は平成生まれですけど、セットに入ると「今は昭和にいるんだな」と感じます。なんとなく落ち着くし、おばあちゃん家っていう感じですね。

――半年近く続いた放送もあとわずか。みね子(有村架純)に対するヒデの視線も気になりますね。

ヒデはみね子のことが100%大好き(笑)。だから、みね子が島谷(竹内涼真)と付き合っている時はつらかったです。2人のことを良く知っているから応援したい気持ちで見てはいましたけど、やっぱり嫉妬もありましたね。ヒデは不器用だから、女の子に対してストレートに好きというアプローチができない奥手のタイプ。劇中では少しずつジャブを打っているんですけど、それがもどかしくて。「行けよ、ヒデ!」と思いながら演じていました。

――ちなみに、磯村さんの恋愛観は?

そう言いつつすみません、僕も奥手です(笑)。好きな子がいても、積極的になれない。極端に言えば、告白待ちみたいなタイプ。だから、ヒデの気持ちはすごく良く分かります(笑)。学生のころもそうだったし、大人になっても好きな女性とどう接したらいいのか分からなくて、変にクールぶっちゃうんです。好きな女の子が友達と付き合うことになっても、奪うことはせずに自分の気持ちを隠して応援します。ヒデと全く同じですね(笑)。

――磯村さんから見て、みね子のような女性はどう思いますか?

好きですね。田舎から出て来たばかりで何も分からなくて、すごく純粋な女の子。家族思いだし、どこかほっとけない感じがします。守ってあげたいなと思いますね。でも…。

――でも?

警察官の綿引(竜星涼)や島谷を“オトす”力があるから小悪魔じゃないですけど、たぶん何かしら持っている子なのかなって(笑)。人を惹きつけるカリスマ性みたいな部分があるんだろうなと思っています。みね子自身が清らかな心を持った素敵な女の子なので、きっとそういう似た者同士が寄ってくるのかもしれません。

――みね子とヒデの距離感は、今後どう変わっていくと思いますか?

ヒデがみね子を見つめる目は、すごく優しい。いつも気にかけていて、どんな時もそばにいる。これは個人的な希望ですけど、将来的にはみね子にとってもっと近い存在になれたらいいなと思いますし、ずっとそばにいたいという気持ちがあります。

■ 共演を知り興奮

――ここまで、有村架純さんと共演してみて感じたことは?

有村さんは普段おっとりしている感じだけど、本番になるとスイッチが入る。オンオフの切り替えと集中力がすごい。僕と同い年とは思えないぐらいパワフルで、なおかつ繊細なんです。最初の頃は、僕がまだデビューする前から活躍されていた女優さんということで、どんな風に接したらいいのか分からなかったんです。お芝居の面でも、ずっと緊張していました。でも、みね子とヒデはそういう関係ではないし、先輩としてリードしないといけない部分がある。そういう意味では、有村さんと自分の関係と、劇中でのみね子とヒデの距離感をつかむまで、かなり苦労しました。もちろん、今は話をする機会も多いですし、時々、有村さんが小ボケを挟んできたりして、距離感もグッと近くなったような気がします。その雰囲気は、劇中のみね子とヒデの関係にもつながっていると思います。

――同じ“ヒーローもの”出身の竜星涼さん、竹内涼真さんとの共演はいかがでしたか?

最初、竜星くんと竹内くんが出演すると知って「おーっ、ヒーローが3人揃った!」って、一人で興奮していました(笑)。これはすごい絵面だなと思って、3人一緒のシーンがあったら変身しちゃうのかなって妄想していたんですけど、3人が揃うシーンはなかったですね。

――(笑)残念ですね。

それに竜星くんに関しては2回ぐらいしか一緒にならなかったので、あまり話す機会はなかったです。島谷役の竹内くんとは同じシーンが多かったので、ライダーの現場の話をしたことはありました。でも、ライダーの話を持ちかけるというよりは、島谷とヒデのシーンでどこが大事なのかを話すことのほうが多かったかな。ただ、元治先輩役のやついいちろうさんが、やたらとイジってくるんですよ。何かあると「変身をやってくれ!」って(笑)。だから、竹内くんと2人で変身したり、やついさんがそれをまねしたりということをやっていました。

――竜星さん、竹内さんの存在はいい刺激に?

やっぱり同世代ですし、3人とも特撮出身。同じ現場にいるということは心の支えにもなったし、お互い頑張らないといけないなと。刺激をもらいつつ、お互いに与えつつという感じだったと思います。

■ 将来はハリウッドデビュー?

――クランクアップが近付いていますけど(取材時)、今の心境は?

まだ、実感はそんなに湧かないですけど、やっぱり寂しいですね。「すずふり亭」の人たちをはじめ、皆さん温かくて優しい方たちばかりでしたから。あの場所で一緒に過ごすことができなくなると思うと「あぁ、もっと濃厚に会話をしていきたいな」っていう気持ちになります。最近は、カメラが回っていなくてもヒデを引きずってしまって、思わずやついさんにつっこんでしまうことも。「なんで、お前タメ口なんだよ(笑)」って言われたりしますけど(笑)、やついさんとの距離感もヒデと元治先輩のようになってきました。掛け合いも、お互いのリズムが分かってきて楽しいです。

――そういえば、以前のインタビューでお話されていた“オムライス作り”と佐々木蔵之介さんによる“筋肉チェック”のその後は?

オムライスはレベルアップしましたよ。今は、お皿を持った状態でフライパンを上手く振って、そのお皿にオムライスを載せる技を習得したいなと思っています。撮影には生かされないですけどね(笑)。お皿に載ることは載るんですけど、どうしても形が崩れてしまうんです。これは、もっともっと掘り下げていきたいですね。蔵之介さんの筋肉チェックは最近ご無沙汰(笑)。コックの格好が多くて、半袖姿で蔵之介さんにお会いすることがないんです。ちょっと寂しいので、自分から聞きにいこうかな(笑)。

――筋トレ、続けてらっしゃるんですね。

はい。特に腕回りを意識的に。ヒデの将来を考えたら、コックとしても一人の人間としても心と体を一回り大きく成長させることが必要なのかなと思っています。

――ヒデの将来の話も出ましたが、磯村さんの将来についても…。そもそも俳優になろうと思ったきっかけというのは?

小学生の頃は、お笑い芸人を目指していたんです。なぜだか自分でも覚えてないんですが、そこからある日突然、役者になろうと思って…。本格的に動き出したのは高校2年の時ですね。地元の劇団に自分から電話をして、お芝居を教えてほしいと頼みました。そこから演技を学ぶようになって、3年生の時に初めて舞台に立たせてもらって、お客様からお金をいただいてお芝居をするという経験をしたんです。その時に、もう役者の道しかないなと思いました。

――憧れていた俳優さんはいましたか?

松田優作さんです。魂が映像から見えるような演技を見た時は強い衝撃を受けました。自分もそれぐらいの熱量を持ってお芝居したいなと。

――将来はどうなりたいと思っています?

ハリウッドを目指して、役者としてはもちろん、脚本も含めて監督の仕事もやってみたいです! 映画『バタリアン』や、マイケル・ジャクソンの『スリラー』をきっかけにゾンビものにハマったので、いつかはゾンビ映画を作りたいです。今、温めている脚本がありますよ(笑)。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.