“指相撲の達人”吉岡里帆、リアル相撲に挑戦

【吉岡里帆/モデルプレス=9月5日】女優の吉岡里帆が、都市再生機構の新サービスPRに起用され、Web限定動画に出演。動画では「住もう」と「相撲」を掛け、指相撲の達人で知られる吉岡が、リアル相撲に挑戦している。

律(長瀬智也)「俺とキスするか、寝るか…」4択が豪華で選べない 凜華(吉岡里帆)への想いが切なすぎる<ごめん、愛してる第7話>

相撲の相手は、共通ポイントサービス「Ponta」でおなじみのポンタ。ポンタの巨体に対して、張り手、上手投げ、諸手突きなどで一生懸命に立ち向かっていく吉岡の姿は必見だ。

また、ポンタと真剣に勝負する中で、一生懸命になるあまり、息切れしながらも真剣な表情を見せるシーンや、勝利した際に「やったー!」と全力で喜ぶ姿、なかなか勝てない時に「おりゃぁ!」と感情をむき出しにする姿も見どころとなっている。

◆メイキング映像も公開


メイキング動画冒頭では、吉岡がサービスに関して解説。その横で、ポンタはパタパタと手を動かしている。続いて、撮影前の吉岡に意気込みを聞くシーンが。「ポンタですからね相手が。どんな動きが繰り出されるかわからないので、まだ私の口からは勝敗は言えないです。応援、よろしくお願いします」と真剣な表情で語る吉岡。

続いて、吉岡のインタビュー回答中の様子が映し出される。合間にポンタと戯れる一幕がインサートされ、触れ合っているところにメイキング撮影のカメラが現れ、照れながら去っていく姿はとても可愛らしい。本編でもあった決めポーズをとっているシーンも、違った角度から見ると、また違った可愛らしさが。他にも撮影の合間にカメラ目線でピースしてくれるシーンなど、サービスカットが満載となってる。

ポンタの癖ともいえる手をバタバタさせる動きを吉岡さんが披露するシーンも。また「名場面」と題して、撮影中の様々なシーンのまとめも収録。吉岡が次第にポンタと仲良くなっていくことが分かるシーンや、撮影を終えての「お疲れ様でした。無事に戦い終わりました。ポンタも強かったですね。私もこれから精進していかないとなと思いました」という一言などが収録されている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)