1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

「コード・ブルー」白石(新垣結衣)&緋山(戸田恵梨香)の絆に号泣 仲直りハグにファン歓喜「歴史に残る可愛さ」<第8話>

【コード・ブルー/モデルプレス=9月4日】フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9:00〜)の第8話が4日、放送された。白石恵(新垣結衣)と緋山美帆子(戸田恵梨香)のやりとりに反響が集まっている。<※ネタバレあり>

【さらに写真を見る】緋山“戸田恵梨香”の危機に白石“新垣結衣”目を潤ませる…冴島“比嘉愛未”らも心配の表情

◆人気作『コード・ブルー』新シリーズで7年ぶり再集結


同作は、2008年7月にスタートし、翌2009年1月にスペシャル放送、2010年1月に「2ndシーズン」が放送された人気ドラマの最新シリーズ。“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指し、若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた作品。

俳優の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが、救急救命の最前線で活躍する一人前の医師・看護師を演じる。

◆コード・ブルー3rdシーズン概要


3rdシーズンは、白石がフライトドクターのスタッフリーダーとなり、藤川と冴島も働いている翔北救命救急センターが舞台。人手不足のセンターにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(Hey! Say! JUMP有岡大貴)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくるが、新人フェローたちは使い物にならず…。

そんな危機的状況に陥った救命に、周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた緋山、そして脳外科医として活躍していた藍沢が戻ってくる。

◆第8話あらすじ<※ネタバレあり>


第8話では、成田空港到着ロビーで倒れた男性の治療中、患者が暴れたことにより、名取が1度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまう。男性は西アフリカ各国をまわっていたジャーナリストだと判明し、ICUで死亡。なんらかの感染病の疑いで緋山は隔離されることとなる。

この日の昼食中、新人への指導を巡り、緋山と口論になってしまった白石。自分の指導に自信を失うが、橘啓輔(椎名桔平)からスタッフリーダーを決める際、緋山が「白石以外にない」と推したことを聞かされる。

そして緋山の血液検査の結果が出る翌日の早朝、白石は緋山の病室を訪問。緋山は救命に戻って以来ずっと白石の家に居候していた。物を散らかす緋山に手を焼いていた白石だったが、久しぶりに1人で家で過ごし、「結構寂しかった」と吐露。「昨日誰もいない部屋に帰って気づいた、部屋を貸して救われていたのは私の方だったんだって。誰かに話を聞いてもらいたいって思う。その相手は緋山先生がいい」と涙ぐみながら素直な気持ちを伝え、緋山も「調子のいい励ましでも嬉しい」と笑顔を見せた。

致死率80%のエボラ出血熱感染を疑い、不安な一夜を過ごした緋山だったが、感染はしていないことが判明。男性の死因は毒蛇に噛まれたことだった。無事病棟から解放された緋山はオシャレをし、元担当患者の緒方博嗣(丸山智己)と食事デートに出かけ、白石の部屋に帰宅する。

部屋を見つけたと言っていた緋山だったが、「あれやめた。なんか大家に引き留められちゃってさ。私に話を聞いてもらいたいらしいんだよね」と白石に告げ、ビールを持ってくるよう要求。白石は呆れながらも緋山を笑顔でギュッと抱きしめ、2人でお酒を楽しむ日常が戻った。

◆白石×緋山の友情に感動と悶絶


付かず離れずの距離を保ちつつも、いざというときにはお互い支え合い、年月を経て絆が生まれた2人。同じ1988年生まれの同世代女優として人気を集めている新垣と戸田の美女2人の“白緋“コンビにファンも多く、「同棲と呼びたい」「尊すぎる」と同居シーンにもコアな人気が集まっていた。

2人の絆が描かれた今回も視聴者からは大きな反響が寄せられ、ネット上では「尊すぎて言葉にならない」「可愛すぎてやばい」「完全に白緋を堪能する回でした」「歴史に残るハグ」「友情に感動!」「女の友情に泣いてしまった」と感動と悶絶の声が入り混じっていた。

このほか、緋山と緒方の進展、新人フェロー3人の成長と絆も描かれた同回。「毎回泣かせに来る」「泣かない回はない」と感動を呼んでいた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)