香里奈、本格コメディー初挑戦 フジテレビ新枠で主演<アイ~私と彼女と人工知能~>

【香里奈/モデルプレス=9月4日】モデルで女優の香里奈が、フジテレビの新枠「ブレイクマンデー24」の第1弾となるドラマ「アイ〜私と彼女と人工知能〜」で主演をつとめ、本格コメディーに初挑戦する。

【さらに写真を見る】バイセクシュアル役の池田エライザが香里奈の唇に迫る!

フジテレビは、10月改編で、フレッシュな出演者や制作者などを積極的に起用し“ブレイク”していく番組や、週初め月曜日の“ブレイクタイム”として1週間の活力になる番組をラインナップしていく深夜の新枠「ブレイクマンデー24」を立ち上げる。「ブレイクマンデー24」では、ドラマ、バラエティ、リアリティショーなど、ジャンルを問わず「SNSを中心に学校や職場で話題になる」コンテンツを制作し、地上波を中心にFOD、BS、CSと密に連携した編成を行う。次世代を担うユニークなコンテンツを発信することで、地上波深夜の新しい文化を築き上げる。

記念すべき第1弾として放送される同ドラマは、フジテレビ初の本格的なメディアミックス作品で、地上波放送だけにとどまらず、配信や他メディアとも連動していく。

◆「アイ〜私と彼女と人工知能〜」ストーリー


田中雫(たなか・しずく/27歳)と桜井モモ(さくらい・もも/21歳)は、全く性格の違う二人は都内のマンションで共同生活をしている。雫は、システム開発会社に勤める理系女子。ここ3年間キスすらないほど恋愛から遠ざかっており、仕事もパッとしない。一方のモモは、知り合いも多く、生活も派手なインスタモデル。バイセクシャルでひそかに雫を狙っている。

会議で積極的な意見も言えず、上司にあきれられてしまう雫。そんな彼女は、上司から最後通告として会社で開発中のAI(人工知能)「今泉3」と暮らして改良点を挙げることを命じられる。

家に帰り、「今泉3」をインストールし、設定画面で「今泉3」を男性、名前を“今泉聖司”と設定する雫。設定完了後、パソコン画面に現れた聖司は、端正な顔立ちのイケメン。しかし、そのルックスとは反比例するかのように、雫に対していきなり下着の形状や素材を聞くなど、スケベな変態AIだった。

◆香里奈が本格コメディー初挑戦


雫役の香里奈は、近年はシリアスな役で主演を務めることが多かったが、下着の形状などをずけずけと聞いてくるスケベな変態AI「今泉聖司」とどのような掛け合いを見せるのか。なお、香里奈は、今回が本格コメディー初挑戦となる。

◆池田エライザがバイセクシュアル役


桜井モモ役には、モデル・女優の池田エライザ。池田が、自身初となるバイセクシャルという役柄をどのように演じるのか。また池田は福岡育ちだが、演じるモモも池田同様に福岡育ちという設定。物語終盤の肝となるシーンで、彼女が披露する福岡弁にも注目だ。

◆志尊淳が新境地


そして、ドラマの鍵を握る、スケベな変態AI「今泉聖司」を演じるのは、志尊淳。さわやかなイケメンキャラという印象の強い志尊が、これまでのキャリアとはまるで正反対の役柄に体当たりで挑戦。スケベな変態AI「今泉聖司」になりきり、端正な顔立ちからは想像もつかない、“パンティー”、“おっぱい”などの際どいワードを連発する。

放送は、前編を10月2日深夜24時25分より、後編を10月9日深夜24時35分から予定している。(modelpress編集部)

■香里奈 コメント


― 演じた「田中雫」というキャラクターについて

雫は“リケジョ”で少し頭が固く、プライドが高いところもあるけれど、恋愛下手でかわいらしいところもある女の子だなと思いました。愚痴ばかり言ったりするところや、酒飲みなところなど、少しおじさんっぽい言動もありますが、とても人間味のある魅力的な女性だなと思いました。

― 本格コメディー初挑戦となりましたが

今までの役柄とはまた違い、新鮮でした。関監督もとても面白みのある方で、演じる上で自由にやらせていただいた部分もありますが、監督と色々と話をしながら、一緒にキャラクターを作っていくことが楽しかったです。

― 初共演となった池田エライザについて

独特な雰囲気を持っていて、しっかりとした一面もありながら、ふとした瞬間に、こどものようなかわいらしい笑顔をすることもあったりと、色々な表情を見ることができて、楽しく共演させていただきました。

― ファンの皆さんへのメッセージ

最近ではAIの開発、進化が進んでいますが、これからもっとAIは色々な面で活躍し、将来はきっと、聖司のようなAIが現れることも不可能ではないんじゃないかと私は思っています。いろいろと便利な時代ですが、時に、便利になったが故に息苦しくなることも多いと思います。このドラマでは、雫とモモが聖司と生活を共にしていくことで、人間にとって本当に大切なものは何なのか、忘れかけていた大切にするべき想いなどを、聖司と関わることによって、改めて考えさせてくれるようなドラマになっています。コメディー要素も多いので、未知なAIとの暮らしをワクワク想像しながら、気楽に見て楽しんでいただけたらうれしいです。

■池田エライザ コメント


― 演じた「桜井モモ」というキャラクターについて

派手なことばかりするのにとっても繊細なモモは、演じているときは綱渡りをしているような感覚でした。他人のことばっかり考えちゃうモモの優しさと、自分をないがしろにしちゃう危なっかしさがモモの魅力です。

― 初共演となった香里奈について

とても頼もしい方なので、現場にいらっしゃる日は安心感がすごかったです。ナチュラルな掛け合いもとても楽しかったので、素でいることができました。

― ファンの皆さんへのメッセージ

まだなんとなく想像つかないような世界のなかに、充満するリアリティ、近々こういうことがあるかも? と考えさせてくれるこの作品は、必見です。それぞれの個性を楽しんでください。よろしくお願いします。

■志尊淳 コメント


― 演じた「今泉聖司」というキャラクターについて

今回は圧倒的な知能があるが、少し変態というギャップのあるAI役を演じさせていただきました。初めて台本を読ませていただいたとき、人工知能でありながらどこか人間味のある、1人の男としてリアリティのある感情を持っていると感じていました。遠慮もなくビシビシと物事をいう部分もありますし、一見、やはり人の感情を理解するのは難しいのかな、と感じる部分もありますが、実は我々の数歩先まで空気を読みながら、雫とモモの関係性を大事に、自分のポジションよりも献身的に支えている、“できる子”だなと感じました。

― AIを演じる上で、意識したことや難しかったことなどについて

とにかく、“AI”というものが何なのか徹底的に調べました。今泉は、単調な機械のようなものでも、ロボットのようなものでもなく、AIという知能が人間として具現化された以上、ゲームや遊びに見えないよう気を付けながら、しっかりと人間味も出せるように工夫しました。今泉はまだ開発途中の人工知能なので完璧になりすぎないところが、特に難しかったような気もします。現代社会では、まだこういうAIを身近で感じる機会はないと思うので、視聴者の方が“近未来でこういうAIがいたらいいな”と思ってくれたら良いな、と考えながら演じました。

― ファンの皆さんへのメッセージ

人工知能が人間の姿になって、というのはなかなか想像つかないかもしれませんが、近未来でこういったことが現実になるかもしれません。将来、一人暮らしの家に帰ってきたときに“お帰り”って言ってくれる部屋に、一見コメディーのような、笑える部分もありますが、僕自身の中でも、今までにやったことない突き抜けたキャラクターで、直接的な言葉を発している部分もあります(笑)。そういった部分も楽しんでいただきながら、雫とモモと今泉の、ホームドラマのような物語を、是非楽しんでいただけたらうれしいです。

■編成企画:加藤達也氏(フジテレビ編成部)コメント


注目されているAIを題材に、“奇妙なAIとの共同生活”という変わった企画に、さまざまな才能の皆さんに集まっていただきました!常に第一線で活躍してこられた女優の香里奈さんに、池田エライザさん、志尊淳さんという次世代の俳優さんの初めての競演!それを束ねるのは、圧倒的な映像センスを誇る映像監督の関和亮さん。劇版を担当していただいたアーティストの面々も初めての方ばかり。テレビに限らず、さまざまなジャンルの皆さんが、テレビドラマで何か“新しい”ことができないかと、模索し挑戦したオリジナルドラマになっております。テレビに加えて、配信や、CSやBSと多様にメディアの環境が変わっている中で、フジテレビの新たに生まれた枠でどんなエンターテイメントがお届けできるか。フジテレビの深夜のチャレンジをぜひご覧いただければと思います。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)