「ひよっこ」菅野美穂『どうして大女優役なんだろう?』

行方不明になっていた実(沢村一樹)が見つかり、ひと安心…かと思いきや、ヒロイン・みね子(有村架純)を取り巻く人々が繰り広げる濃厚な人間ドラマに、息つく暇もない連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】有働由美子アナも号泣!世津子(菅野美穂)と実(沢村一樹)の切ない別れ/(C)NHK

9月1日の放送では、2年半にわたって実を部屋に住まわせていた女優・川本世津子(菅野美穂)に、スキャンダルが発覚。9月4日(月)から放送される第23週では、再びストーリーの中軸に世津子が登場する。

そんな本作のキーパーソンを演じる菅野美穂に、「ひよっこ」への思いや撮影秘話を聞いた。

──あらためて、出演が決まった時の心境をお聞かせください。

脚本の岡田(惠和)さんにまた声を掛けていただけたのは、すごくうれしかったです。

──岡田さんは以前、菅野さんのことを「戦友」という言葉で語られていました。そういう思いは、菅野さんにもあるのでしょうか?

そうですね。私のデビュー作「ツインズ教師」(1993年、テレビ朝日系)にも、岡田さんは脚本家の1人として参加されているんです。(主演した)「イグアナの娘」(1996年、テレビ朝日系)も、もう21年前ですし。そう考えたら、私は15歳の時からずっと、一緒にお仕事をさせていただいているんですね。なんだか、親戚のおじちゃんみたいな感覚です(笑)。

──“戦友”である菅野さんからご覧になって、「ひよっこ」はどう映りますか?

「ひよっこ」の台本を読ませていただいた時に、今までの岡田さんの作品の中で、一番すてきだなって思ったんです。何とも言えない優しい気持ちになって、涙が出てくる作品ですよね。

──川本世津子の役について、岡田さんからの説明はあったのですか?

すごく丁寧に書かれた、キャラクターシートを頂きました。途中から登場するキャラクターだったので、世津子の背景もすごく詳しく設定してありました。なので、特に迷うことなく演じられましたね。

ただ、「どうして私に、大女優の役をやらせようと思ったのかな?」っていうのは、今でも分からないんですが。あ、岡田さんに聞けば良かったですね!(笑)  20代、30代の時とは違うボールを投げてもらっているような気がしましたし、信頼して委ねてくださっているようにも、一方では課題を出されているようにも感じました。

──60年代の女優を演じるために、準備されたことはありますか?

恥ずかしいんですけど、当時の名作映画をほとんど見たことがなかったことに、今回気付いたんです。それで、小津安二郎監督の「秋刀魚の味」(1962年)などを見ました。「秋刀魚の味」って、さんま出てこないんですね! びっくりしました(笑)。

他にもいろいろな作品を見て、当時の女優さんって、20〜30代で達観した雰囲気があるなと思いました。40歳の私が見ても先輩に見えるような、円熟味のある魅力があって。若々しくて新鮮であることが求められる今の芸能界と、違うなと思いましたね。

──菅野さんは「ひよっこ」や「べっぴんさん」以外にも、「走らんか!」(1995-96年)に「ちゅらさん」(2001年)と、4作の連続テレビ小説に出演されています。“朝ドラ”ならではのことはありますか?

“朝ドラらしい演技”って、ありますよね。誰かがせりふを話した後で、聞いていた人たちがリアクションをずらして相づちを打つ…みたいな(笑)。それから、「ひよっこ」じゃないんですが、プロポーズをするシーンは、親戚全員が周りで聞いているとかね(笑)。“朝ドラ”っぽいですよね。セットの中がステージになって、ある種の舞台のようになるんです。

それから、“朝ドラ”のスタッフって、百戦錬磨な感じがします。普通だったら半日掛かるシーンを、40分くらいで撮っちゃう! 頑張ってついていかなきゃ、と思うんです。

本当に不思議なんですけど、民放のドラマって1週間に1話で、45分のことが多いんですけど、“朝ドラ”は1週間で90分オンエアされるんですよね。なんで2倍も撮れるんですかね!(笑)

──ハードな撮影だと思いますが、ご家族から励ましの言葉はありますか?

「(劇中に)全然出て来ないね」って言われます(笑)。

──では、ご家族も放送をご覧になっているのですね?

そうですね。子供にご飯を食べさせながら、7時30分の(NHK BSプレミアムでの)放送を見ているんです。子供はテレビを見て、「あ、お母さん」って言ってくれるんですよ! でも、有村さんを見ても「お母さん!」って(笑)。だから、「そうだよー」って言っています(笑)。

──有村架純さんの“ヒロイン”については、いかがですか?

有村さんの演技は、岡田さんの脚本とすごく相性がいいですよね。岡田さんも想定して書いていないだろなっていうニュアンスを、有村さんが持っていらっしゃるんです。それがすごく、みね子さんの魅力になっているなって思います。

──世津子と美代子(木村佳乃)が対峙(たいじ)するシーンに大きな反響がありましたが、撮影はどのように進められたのですか?

あのシーンは台本を頂いた時に、人によって受け取り方が違うシーンだと思ったんです。だから、作戦は立てずに臨みましたね。リハーサルから異様な雰囲気で、粛々としていたのを覚えています。それでも、(撮り直しなしの)一発撮りでした!

世津子さんとしては、いつか奥さんに実さんを返さなきゃいけないっていう思いは、実さんがみね子さんのお父さんだって気付いた時にはあったと思います。そんなつもりじゃなかったのに、何て罪深いことをしてしまったんだろうっていう、驚きと後悔を感じているシーンでした。

──視聴者の意見だと、美代子派と世津子派で分かれていましたが、世津子を応援したくなる気持ちって何だと思いますか?

どうなんでしょう…。どう考えても、美代子さんの方が正しいですし(笑)。岡田マジックなんでしょうか…?

──世津子を、どのような人だと捉えていますか?

世津子さんは孤独な人なんですよね。そんなに友達もいないだろうし。基本的には、警戒心の強い人なんだと思います。一方で、マネジャーさんたちに見せる(人懐っこい)顔もありますし。「この人いい人!」って思ったら、どんな偉い人でも関係なく、目を見て話す人なのかなと思いますね。

──実を家に置いてしまう気持ちは、共感できますか?

難しいですね…。「ひよっこ」を4月から見ていた者としては、美代子さん派ですから(笑)。でも、沢村さんはリハーサルの時に、「実と世津子さんは男女の関係じゃなかったと思う」って仰ったんです。

世津子は実を精神的なよりどころにしていて、とても大切な存在だったんですよね。私も小学校2年生のときに、犬を連れて帰ったことがあったんです。でも、犬を飼っちゃいけない家だったので、返さなきゃいけなくて。だから、世津子の気持ちも想像はできます。今はもう、拾わないと思いますけどね(笑)。

──ところで、以前“憧れの女優さん”として、和久井映見さんを挙げていらっしゃいましたが、今回共演されていかがでしたか?

すごくうれしかったです! (第24週[9月11日〜]で、)世津子と和久井さん演じる愛子さんが、プロレスをやるシーンがあるんです! 和久井さんの足を触るのとか、前の日からドキドキしちゃって(笑)。

──「ひよっこ」ではさまざまな恋愛模様が描かれますが、気になるカップルはいますか?

愛子さんと(佐々木蔵之介演じる)省吾さん! 忘れられない人がいる者同士、どうなっていくのか…。楽しみにしていてください!

──最後にあらためて、今後の見どころを教えてください。

(第23週[9月4日〜]で、)ほんわかしたみね子さんが、ジャンヌダルク的になるところがあるんです。そこがとてもすてきでした。

それから、(第24週[9月11日〜]の)女性だらけのシーンも、面白かったですね。10代から70代までの女優さんが集まっています。圧巻でした!

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.