V6特番、2017年verの未成年の主張で生徒に“命綱”「時代の変化を感じる…」「ちょっと切ない」と話題に

【V6/モデルプレス=8月30日】V6のTBS系特別番組「V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!」(よる7時〜9時54分)が30日、放送された。V6のお馴染みの番組「学校へ行こう!」の名物企画「未成年の主張」が行われたが、2017年版では生徒たちの主張時に“ある変化”があった。

まさかの命綱

同番組は、一昨年放送された『学校へ行こう!2015』以来、約2年ぶりのV6としてのスペシャル番組出演。本番組でも『学校へ行こう!』のスタッフが再集結し、V6とともに若者たちのこの夏最高の思い出作りを応援。

◆未成年の主張に変化?


未成年の主張は、1997年〜2004年に番組内の人気企画として放送。2015年の復活スペシャルでも実施された。グラウンドに集まった全校生徒を前に、学校の屋上で生徒が思いのたけを叫び、V6メンバーがその様子につっこみを入れながら見守っていく。BGMには主にカーペンターズが使われることが定番だった。主に不満や愛の告白などがお馴染みの主張だった。

しかし2017年になった今、同企画の根本的な部分に変化が。屋上で実施されるということもあり、生徒たちの腰には落下を防止するとみられる命綱が装備された。

◆「時代を感じます」「このご時世...」の声


視聴者は「もしかして命綱...?」「腰に巻いてるの何かと思ったら命綱じゃん!!」と気が付き、「時代の変化すぎない??」「このご時世だし、屋上でやるから仕方ないのかな」「ちょっと切ない」「まさかの命綱...時代を感じる」「危ないとかクレームがきちゃうんだろうね」と一斉に憂う声が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)