朝食に食べたい!『マツコの知らない世界』に登場した絶品納豆まとめ

日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介する『マツコの知らない世界』(TBS系列、毎週火曜21:00〜)。8月29日の放送では、ウェブサイト「納豆ウィキペディア」を運営している石井泰二さんが登場し、「納豆の世界」をマツコに案内した。

地元の納豆会社の商品に衝撃を受けて、納豆にのめりこむようになったという石井さん。約12年かけて3,500種類の納豆ラベルをファイリングしたり、納豆関連の書籍を200冊以上を保管したりするなどして、納豆ライフを満喫している。彼は番組冒頭で「納豆を食べれば健康になる」といったことではく、「単純に“美味しい納豆”を紹介していく」と表明した。

■納豆の大手3大ブランドを食べ比べ
・タカノフーズ 極小粒ミニ3 158円 参考価格(税抜)

マツコが「このパッケージは心象風景のひとつよ」と絶賛するスタンダードな納豆。石井さん曰く、年間約18億パック食べられている売り上げ1位の商品だ。感想を求められたマツコは「安定の味。納豆といえばこれ」と太鼓判を押した。

・ミツカン 金のつぶパキッ!とたれにおわなっとう3P 158円 参考小売価格(税抜)

ふたを割ってタレをかける利便性の高い一品。糸引きが控えめなので、混ぜやすく食べやすいのが特徴だ。マツコは「あまり食べたことないかも」と言いつつもズルズルと食べ進め「モダンな味がするわね」と表現した。

・あづま食品 美味だし 128円 参考売価(税込)

他社との差別化で国産大豆の納豆を使用。たれは非加熱製法の「焼津産かつお節 まる生だしたれ」を採用しており、香りと旨みにこだわっている。「お出汁が濃いな」とマツコ。これまで3パック一気に食べたが「食べ飽きない」と、改めてそのポテンシャルを讃えた。

■石井さんがおすすめする納豆
・大力納豆 国産大力納豆 108円 地元売価
石井さんのチャート 香り4 発酵の旨み4 豆味5

力士が描かれた赤いパッケージが特徴的な納豆で、よくスーパーにも売っているそうだ。通称“被り”と呼ばれる表面の白い部分(納豆菌が作ったうまみ成分)が多く付着したもの。石井さんは「納豆の原材料って大豆と納豆菌しか書いていないのですが、じつは水も大事。こちらは新潟・魚沼の湧き水を使用しているんです」と紹介した。

・かくた武田 青森納豆(ひきわり) 162円 参考小売価格
石井さんのチャート 香り4 発酵の旨み5 豆味3

ひきわりが苦手だというマツコだが「人生観が変わるかも」と期待を寄せる商品。こちらは、明治の頃から営業している老舗で、ひきわりの発祥地とされる青森県にある製造メーカーによって製造されている。マツコは「旨みがすごい。発酵している感じがダイレクトにくる。これは美味しいな」とご飯とともにかきこみ、ひきわり嫌いをも克服させる老舗の力を見せつけた。

・登喜和食品 遊作納豆 245円(税込)
石井さんのチャート 香り5 発酵の旨み4 豆味3

石井さんが「夏の朝食にぴったりな爽快感」とおすすめする一品。80グラムと量が多く食べ応えを感じられる納豆だ。マツコが「強情な納豆」と例えるほど引きが強く、混ぜれば混ぜるほどカラシの香りが引き立つ。マツコは「コレうまい。私これくらいの歯ごたえが好きです」と語り、石井さんが商品説明をする最中でもご飯をお代わりするほど気に入った様子だった。

■ご飯にかける以外でおすすめな納豆の食べ方
・加藤敬太郎商店 特選 塩納豆 350円(税込)

加藤敬太郎商店は江戸時代に創業した納豆メーカーで、石井さん曰く現存するメーカーの中では最古のメーカーだという。今回紹介する商品は納豆に麹をつけた商品だ。石井さんおすすめのアレンジメニューは、“塩納豆の油揚げ包み”。油揚げの中に、納豆、チーズ、たくあんを入れてフライパンで焼くという簡単な料理である。一口食べると「高級な味ね。(これはご飯ではなく)ビールだな」と、お酒のつまみにぴったりだとコメントした。

・川口納豆 乾燥納豆 648円(税込)

こちらは、ペットボトルに乾燥納豆が入っており持ち運びが可能。石井さんは、ラーメン、カップ焼きそばなどにふりかけるのがおすすめだそう。しかし、ここはマツコの要望でご飯にかけることに。石井さんも初めての試みだというが、お茶漬けや刻み海苔などを加えても合うだろうと二人で予想していた。さらにここではオムレツも用意。糸引き納豆では調理しづらいが、乾燥納豆だと料理がしやすく、さらに納豆が熱で溶けることから「カリカリ具合が消えて納豆の味が楽しめた」とマツコ。

・納豆BAR小金庵 納豆バター 600円 メーカー希望小売価格

納豆BAR小金庵はスタッフ全員が女性の会社。毎月のようにレシピ会議を行っており、斬新な新商品が発売されている。その中で生まれたのが「納豆バター」。いざトーストに塗って食べてみるとガーリックが効いており、マツコは「うまい!」と絶賛した。 </span>

Let's block ads! (Why?)