YOANI1年C組、2ndシングル「IZA!」のMVで2次元と融合!?

代々木アニメーション学院発のアイドルユニット“YOANI1年C組”が8月30日(水)、2ndシングル「IZA!」をリリースする。

「凜の漢字の下が“禾”っていうのを、今いろんな人にお知らせしてます」という石川凜果

それを前に、メンバーの石川凜果、森崎りな、神木乃栞里、真城まゆ、安里唯、掛川渚の6人(来咲天音は欠席)に2ndシングルについて語ってもらった。

■ キャラがないのがキャラ? メンバーそれぞれの自己紹介!

――まず、WEBサイト「ザテレビジョン」初登場ということで、YOANI1年C組がどんなグループなのかを教えていただけますか?

石川:YOANI1年C組は、代々木アニメーション学院がプロデュースする初のアイドルユニットです。歌やダンスはもちろん、声優やお芝居のレッスンも代々木アニメーション学院で受けていて、それぞれアイドル志望だったり、女優志望だったり、声優志望だったり、様々な夢を目指しながら一緒にアイドルグループとして活動しています。

――さらに、お1人ずつ自己紹介をお願いします。

安里:黄緑担当の安里唯です。ダンスリーダー担当です!将来の夢はアニソンを歌うことです。今、アニソンを歌うアイドルさんが増えてきてると思いますが、私は歌も歌いたいし、いっぱい踊りたいし、舞台とかにも出てみたいしっていう、やってみたい事がいっぱいあります!みんなでアニソンを歌ったり、それぞれ夢を叶えられたらなって思います。

掛川:“ウサギの国”から来ました、ベビーピンク担当・掛川渚です。私は代々木アニメーション学院の学生でもあるんですけど、元々声優とか声のお芝居がやりたくて、声優さんっていう声のお仕事がしたいなと思っています。でも、将来はマルチタレント的な活動というか、顔出しのお芝居だったり、それこそバラエティーだったり、いろんな活動がしたいなと思っています。

――理想としてる人っていますか?

掛川:声優になりたいなと思ったのは、田村ゆかりさんに憧れてなんですけど、全体的な感じで憧れてるのは中川翔子さんです。

真城:ピンク担当の、“まーるかいてまゆしぃ”こと真城まゆです。“まーる”っていうのは、顔が丸いというところから来ています(笑)。私はアニメとアニソンが大好きで、アニソンをグループで歌うのが夢です。憧れはアニメ「ラブライブ!」のμ's(ミューズ)さんや、「アイドルマスター」みたいなコンテンツに関わっていけたらいいなと思っています。

――全員でキャラソンとか歌いたいですね。

真城:とかできたら、よきです!

――顔が丸いからっていうのは、納得してるんですか?

真城:もう、承知の上です(笑)。

――自分で考えたんですか?

真城:何でだっけ?

一同:自分で言いだしたんだよ(笑)。

真城:「SHOWROOM」で「キャッチフレーズをどうするか?」っていうのをファンの人と話した時に、「顔が丸いのを取り入れた方が」みたいな声が多くて、そうなりました。

――普通に流してしまいましたが、掛川さんの“ウサギの国”っていうのはどこにあるんですか?

掛川:ウサギの国は、長野県の雲の上にあります。

――なるほど! では、安里さんはダンスリーダーというのがポイントなんですね。

安里:はい。際立ったキャラはないのですが、このグループではキャラがないのがキャラなんじゃないかなと!

――話を戻してしまってスミマセン。では、改めてお願いします。

神木乃:黄色担当の神木乃栞里です。グループのリーダーをやってます。私は、このグループでトップまで昇り詰めていきたいなと思っています。

森崎:水色担当・森崎りなです。牛が好きです! あと、グループの最年少です! アイドル志望です! 日本武道館とか、とにかく大きいステージにみんなで立ちたいと思いながら活動しています。

――牛のどんなところに引かれますか?

森崎:乳牛がいいんですけど、存在が好きです。

――ノンビリしてそうなところとかですか?

森崎:そうですね。みんなに理解してもらえてないんですけど(笑)。

――見た目的に、モノトーンで落ち着きますよね。

森崎:はい!

石川:牛グッズとか、変なのばっかり集めてるんです(笑)。

森崎:変じゃないよ! 最近、増えてきています。

石川:オレンジ担当・石川凜果です。凜の漢字の下が“禾”っていうのを、今いろんな人にお知らせしてます。“示”と間違われがちで、それをキャッチフレーズにも入れています。声優さんや舞台系のお芝居がしたいなって思っています。

――確かに、“凜”っていう字は間違えがちですね。

石川:パソコンだと、あまり出てこなくて。でも、両親のこだわりらしいので、諦めずにお知らせしていこうと思ってます。

■ 石川凜果「1stシングル『おじさん』は思い出深い1stシングルになりました!」

――ありがとうございます。そして、今回の2ndシングルについてお聞きする前に、4月にリリースされた1stシングル「おじさん」を振り返っていただきたいなと思います。デビューシングルということで、反響などはありましたか?

真城:友達が「おじさん」の振りのマネをしてくれたりして、反響が大きいです(笑)。

安里:振り付けのマネしてくる友達も、結構多いですね。YouTubeで17万回も皆さんに再生していただいたり、タイトルも含めて衝撃的な曲なので、皆さんが興味を持ってくれて浸透したのかなと思ってます。

――アイドルとして、デビュー曲が「おじさん」って言われたら驚きますよね。

石川:私たちもビックリしました(笑)。

――「『おじさん』です」って言われた時、受け入れられましたか?

石川:最初はみんな「えっ!?」って驚いたんですけど、歌ってるうちにライブでも盛り上がってもらえたりとか、私たちなりに「どう歌うか?」っていうのを考えて歌ったので、思い出深い1stシングルになりました。

――衝撃的ではあったけど、この曲がデビュー曲で良かった感じですね。

掛川:はい! インパクトは持ってこられたと思ってます。

――友達や家族から、感想は聞きましたか?

石川:「耳に残る」って、ひたすら言われました。

安里:あと、ライブ動画とかを見ていただいて、最後に「おじさん!」って叫んで、みんなが「はい!」って言ってくれるところがあるんですけど、「面白いね」っていう声をいっぱい頂きました。

■ 神木乃栞里「『IZA!』で、いろんな人を応援していけたらいいな!」

――そして、今度の2ndシングル「IZA!」についてお聞かせください。こちらは、どんな曲ですか?

掛川:いい曲!

真城:代々木アニメーション学院のCMソングにもなってて、生徒の人たちも歌えるような曲になっています。

石川:いろいろな葛藤とかもありつつも将来の夢に向かって頑張るっていう、爽やかな、学生らしい、等身大な曲だと思います。

神木乃:タイトルが「IZA!」ということで、サビの1番初めにも「いざ」っていうフレーズが入ってて、「これから、いざ向かうぞ!」みたいな感じの前向きな歌になってます。“誰かの応援ソング”“誰かに向けての応援ソング”っていう感じが、1stシングルの「おじさん」から2ndシングルの「IZA!」にも繋がってるんじゃないかなって思ってるので、いろんな人を応援していけたらいいなと思ってます。

■ 掛川渚「MV撮影は、戸惑いながら頑張りました!」

――聴いてほしいところや、MVで見てもらいたい部分はありますか?

神木乃:MVは2次元と合体してる感じなので、そこはぜひ注目してほしいですね。個人個人が2次元に入り込んでる感じなので。

安里:絵の中の登場人物になってるところがいっぱいあって、みんなの格好も可愛いので、注目してもらいたいです。

石川:MVの撮影が2回目なんですけど、初めてグリーンバックの何もない所でお芝居をするっていう事をやりました。私は「天の川みたいな所を歩いていて、その上でライオンに挨拶する」っていうシーンだったんですけど、「ここが天の川になってるから、歩いてきて」って監督に言われて。よく分からないまま歩いてたんですけど、完成したのを見たら自分が天の川を歩いてて、すごいなって思いました。小学生みたいな感想になっちゃいましたが…(笑)。

――シチュエーションを想像して演技するというのは、やはり難しいですか?

石川:1番のサビが、みんなで時空を超えるマシーンみたいなのに乗ってるっていう設定だったんですけど、何もない状態でグリーンバックに座り、風を浴びながら「ワーッ!」って。「大丈夫かな?」って思いながら、みんなでやりました。

――出来上がりはバッチリでしたか?

石川:良かったです!

安里:すごかったです!

――撮影している時、照れみたいなのって最初はありましたか?

掛川:戸惑い? グリーンバックが初めてで、「これが完成したらどういう絵になるんだろう?」ってまだ分からなかったので、「これで大丈夫なのかな?」って思いながら、戸惑いながら頑張りました。完成版を見させていただいたんですけど、ちゃんと絵の中に入れてました。ちゃんと登場人物になれてました!

石川:カットがかかると、みんなで「フフッ」って笑ってましたね。

■ 真城まゆ「MVでは、『顔が丸いよ!』っていうところだけ見てください!」

――真城さんと森崎さんは何かありますか? 聴きどころとか、「実は、こういう歌い方をしていました」とか。

真城:実はこんな歌い方をしています…というのとは少し違うんですけど。

石川:違うんだ…(笑)。

真城:普段はあまりポニーテールをしない私が、MVではポニーテールなので、「顔が丸いよ!」っていうところだけ見てください。前面に顔を出してるので(笑)。

森崎:振り付けにも注目していただきたいです。「いざ」のところで、右手で片手なんですけど「Z」を作ってるんですよ。そういう細かい部分に可愛いポイントが結構あったりするので、ライブとかにも来て、生でぜひ見ていただきたいなと思います。

石川:作詞・作曲がすごく豪華で、すごい素敵な歌になってるので、本当に1回聴いてみてください!

掛川:歌詞もじっくり読みながら、聴いてほしいですね。

石川:すごくいい歌詞で、振り付けもみんなで連携したりして、友情とか絆とか、そういうのを歌ってる曲です。作詞が金子麻友美さん、作曲が久下真音さんで、ライブにも「金子麻友美さんの歌が好きで、それを聴きにきました」って言ってくださる方がいて、すごい嬉しかったです。

■ 森崎りな「気持ちを込めて作ってきたので、感動していただけたらいいな」

――では、最後にメッセージをお願いします。

安里:今回の新曲も、頑張ってる人を応援する歌なので、「みんな頑張れ」「私たちも頑張る!」と言いたいです。

掛川:私もこの曲の歌詞に勇気づけられたりしたので、さっきと同じになっちゃうんですけど、歌詞に注目しながら聴いてほしいです。あと、(YouTubeの再生回数)17.4万回を超えたいので、みんないっぱい再生してください! 拡散もしてください!!

真城:前向き過ぎて、まぶしいくらいの曲です。夏も終わりますが、夏にピッタリの爽やかな曲になっているので、つらい時とか、めげちゃいそうな時に「IZA!」を聴いて、少しでも「もうちょっと頑張ってみよう!」って思ってもらえたらいいなと思います。私たちも頑張るので、よろしくお願いします。

神木乃:この曲は、私たちメンバーが聴いてくださる方の背中を押す感じでもあるんですけど、2番の振り付けに円陣を組むところがあるんですよ。その円陣をファンの皆さんと一緒にやってるんですけど、そういうのも含めて「私たちとファンの皆さんで、一緒にもっと上を目指していけたらいいな!」というふうにも捉えられるかなと思ってるので、みんなで一緒に頑張っていきたいなって思います。

森崎:この曲を頂いてから、メンバーみんなでたくさん気持ちを込めて作ってきたので、感動していただけたらいいなと思います。あと、聴いてくれる人たちみんなで、一緒に夢を追い掛けていけたらいいなって…栞里ちゃんと同じになっちゃったんですけど、そう思ってます。応援、よろしくお願いします!

石川:1stシングルの「おじさん」と2ndシングルの「IZA!」っていう、すごく振り幅も大きくて、全く違うような曲になってるんですけど、いろんな事をやっていきたいと思ってるグループで、これからもいろんな事に挑戦していくので、ぜひ注目して、今のうちから応援してください!っていう事を、皆さんにお伝えしたいです。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.