「ほしのこえ」から「君の名は。」までを完全網羅 新海誠展が国立新美術館で開催

【新海誠展/女子旅プレス】東京・六本木の国立新美術館にて、アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念した『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』を、2017年11月11日(土)〜12月18日(月)まで開催する。

【さらに写真を見る】「ほしのこえ」から「君の名は。」まで完全網羅 新海誠展が国立新美術館で開催

♥新海誠アニメーションの魅力に迫った展覧会


本展は新海誠の、その軌跡を貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを通じて紹介。個人制作の「ほしのこえ」から集団制作に挑み、初の長編作品にして毎日映画コンクールで受賞した「雲のむこう、約束の場所」、今もなお熱狂的に語り継がれる「秒速 5 センチメートル」、本格ジュブナイルファンタジー「星を追う子ども」、デジタル時代の映像文学「言の葉の庭」、そして昨年公開し記録的なヒットとなった「君の名は。」までを完全網羅し、新海誠アニメーションの魅力に迫る。

今年の6月3日(土)に静岡・大岡信ことば館からスタートし、長野・小海町高原美術館を経て、東京・国立新美術館へ。国立の美術館において、現役アニメーション映画監督の名を冠した展覧会が開かれるのは初めての機会で、開館10周年となる国立新美術館は他会場より広い2000平米もの展示空間になるため、巡回展での展示内容に加え、初公開を含む制作資料類が多数盛り込まれる。新海誠とその作品の魅力に触れ、さらなる理解を深められる展覧会は今後も、札幌、福岡など全国を巡回する予定だ。(女子旅プレス/modelpress編集部)

♥新海誠展-「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-東京会場


会期:2017年11月11日(土)〜12月18日(月)
休館日:毎週火曜日
開催時間:10:00〜18:00(毎週金曜日、土曜日は 20:00 まで)※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2

■入館料
当日一般:1,600円、大学生1,200円、高校生800円
前売/団体一般:1,400円、大学生1,000円、高校生600円
・団体券は国立新美術館のみで販売(団体は20名以上)
・中学生以下無料
・障がい者手帳をご持参の方は入場無料(付添の方1名を含む)
※前売券発売日やその他企画チケットは、詳細が決まり次第、展覧会ホームページにてお知らせ。

■今後の巡回展情報
長野会場:小海町高原美術館2017年9月2日(土)〜10月29日(日)

東京会場:国立新美術館2017年11月11日(土)〜12月18日(月)

北海道会場:札幌芸術の森美術館2018年1月3日(水)〜2月25日(日)

福岡会場:北九州市漫画ミュージアム2018年7月21日(土)〜9月24日(月・祝)

以降、全国巡回予定。
情報:『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』広報事務局

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)