94年ぶりに発見された幽霊図「茶を献ずるお菊さん」が公開!

94年ぶりに発見された幽霊図「茶を献ずるお菊さん」が、8月29日(火)放送の「アートな夜!」(毎週火曜夜11:55-0:00 BSフジ)で紹介されることが分かった。

【写真を見る】鏑木清方の幽霊図「茶を献ずるお菊さん」

「アートな夜!」は、時間が経過するにつれて忘れ去られた美術作品やアーティストを取り上げ、その世界観に合ったクラシック音楽と共に紹介する番組。

今回紹介する「茶を献ずるお菊さん」は、近代日本画の巨匠・鏑木清方(かぶらぎきよかた)の作品だ。怪談ばなしを得意とする三遊亭圓朝が幽霊画のコレクションとして所有していたが、関東大震災により焼失したとされ“幻の作品”となっていた。

しかし、94年の歳月を経て、ことし6月に都内の画廊が発見し話題に。現在は東京・台東区にある全生庵に展示されている。

番組では、世紀の発見であるこの作品の魅力を余すところなく解説していく。番組中に流れる迫力ある演奏にも注目だ。

Let's block ads! (Why?)

No tags for this post.