1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

リップサービスが「お笑いバイアスロン」4連覇達成!

お笑い総合王者を決める大会「アグレ お笑いバイアスロン2017」(琉球朝日放送主催)の決勝が8月26日、沖縄県那覇市のタイムスホールで行われ、リップサービスが優勝し、4連覇を果たした。

【写真で見る】決勝を終えたファイナリストメンバーと審査員ら

今大会は、コントと漫才の総合得点で“お笑い総合王者”を決めるネタバトル。応募総数80組以上の中から決勝戦に進んだのは、しんとすけ、リップサービス、ありんくりん、初恋クロマニヨン、ハンサム、ドラゴンエマニエル、ピーチキャッスル、ノーブレーキ、そして敗者復活戦を勝ち抜いたすっとこどっこいの9組。審査員は、高須光聖氏、伊藤正宏氏、内村宏幸氏、中野俊成氏、鮫肌文殊氏の5人が務めた。

張り詰めた空気の中で迎えたファーストステージ。前回王者のリップサービスは、擬人化コントで2位につけると、続くダークホースのありんくりんは、際立ったキャラネタで会場の笑いを誘い3位をキープ。視聴者予想で1位の初恋クロマニヨンは、トリオならではの絶秒なボケとツッコミで、審査員の伊藤氏から「ツッコミを中心とした展開が面白い」と評価を得てトップに躍り出た。

中間発表の結果を受けた最終ステージでは、リップサービスが得意の漫才で初恋クロマニヨンを逆転、見事5代目チャンピオンに輝いた。リップサービスの優勝に、内村氏は「今年はリップサービス以外のネタのレベルが上がっていて、感心するぐらい見事なネタが多かった。ただその追随を許さないリップサービスは見事だった」と大会を振り返った。

大会終了後に行われたインタビューで、リップサービスの金城晋也は「前回までは審査員を意識し過ぎていた。今回はライブでお客さんにウケがいいネタを選んだことが結果に結びついた」と語った。優勝候補に名前が挙がっていた初恋クロマニヨンについて、榎森耕助は「連覇は絶対どこかで誰かに止められるもの。今日の初恋さんのネタに止められるなら納得だなという気持ちだった」と、王者だからこそ抱く複雑な心境を明かした。

最後に5連覇に向けての抱負を聞くと、出場についての明言は避けたものの、金城は「バイアスロンは頭の隅で意識しながら、コントと漫才を作り続ける1年にしたい」としっかりとした口調で答えた。

Let's block ads! (Why?)