1 Star (0 Votes , No Votes Yet)
Loading...

“みよまな”コンビの絆に涙 江野沢愛美、親友・三吉彩花の卒業で思いあふれる/コメント全文<Seventeen 夏の学園祭2017>

【三吉彩花・江野沢愛美/モデルプレス=8月24日】11月号をもって「Seventeen」を卒業する三吉彩花が24日、パシフィコ横浜・国立大ホールにて開催された同誌読者招待イベント「Seventeen 夏の学園祭2017」に登場。イベント内で行われた三吉の卒業式では、共に同誌を盛り上げたモデルの江野沢愛美がメッセージを送った。

【さらに写真を見る】広瀬すず、三吉彩花、永野芽郁ら「Seventeen」モデルと竹内涼真、中川大志、志尊淳ら豪華集結「Seventeen 夏の学園祭2017」

“みよまな”の愛称で親しまれる2人。プライベートでも仲が良いことを明かしており“みよまなポーズ”など、女子高生の間で流行を作り出してきた。

この日、卒業式で「今すごく幸せだなと思います」「7年間、Seventeenのモデルでいられて幸せに思っています。これからも応援して頂けたら嬉しいです」と涙を流して語った三吉。式の終盤では、江野沢が三吉へ花束を贈呈した。

◆江野沢愛美、三吉彩花へ思いあふれる…


江野沢はコメントを求められ、涙を流しながら「私はずっと同い年の友達が『Seventeen』を卒業していくのを間近で見ていて…。まさか自分が1人でここに残るなんて思っていなかったんです。でも彩花が卒業するまでは『Seventeen』に残るってずっと決めていたんです。だから、願いが叶ったって感じです」と心境を率直に吐露。

「彩花はみんなの前では、かっこいいとかセクシーとかそういう風に見えているかもしれないですけど、本当はそんなこと全然なくて、人のことばっかり気にして、ストイックで、本当はめちゃくちゃ乙女なんです」と三吉の素顔を明かし「だから本当にみんなのためにありがとうって言える人だから、みんなもこの先も“みよまな”忘れないで欲しいなって思います」と会場へ呼びかけた。

江野沢のメッセージを、涙を流し時折笑顔も見せつつ聞いていた三吉。江野沢はそんな三吉と向かい「私が本当に1番言えることは、私は三吉彩花に会えて幸せな人生だなって思います。7年間、本当に長い間、大好きな友達へ。お疲れ様でした」と親友を讃え、抱き合った。

◆今年で21回目の開催「Seventeen 夏の学園祭」


1997年から始まり今年で21回目となる同イベントには、抽選で招待された計3000名の「Seventeen」読者が来場。女子中高生に人気の実力派お笑いトリオ・ジャングルポケットが司会を務め、全STモデル&今をときめくイケメンタレントによるファッションショー、欅坂46のアーティストライブを実施。さらに、「Seventeen 専属モデルオーディション」のグランプリを受賞した「ミスセブンティーン2017」をお披露目された。(modelpress編集部)

◆江野沢愛美 コメント全文


私はずっと同い年の友達が『Seventeen』を卒業していくのを間近で見ていて。ね、まさか自分1人でここに残るなんて思っていなかったんですけど、でも(三吉)彩花が卒業するまでは『Seventeen』に残るってずっと決めていたんです。だから、願いが叶ったって感じです。なんか“みよまな”ってうちわとかボードとかたくさん作ってくれて、私達もう21歳なのに私達のために来てくれて、『チケット当たらないんです』っていって朝のギリギリまで入れないのに、目の前まで会いに来てくれた子とかもいて。本当に『Seventeen』に入って、こうして愛してもらって幸せだなってすごい思いました。

彩花はみんなの前では、かっこいいとかセクシーとかそういう風に見えているかもしれないですけど、本当はそんなこと全然なくて、気にしいだし、人のことばっかり気にして、ストイックで、本当はめちゃくちゃ乙女なんです。

だから本当にみんなのためにありがとうって言える人だから、みんなもこの先ずっと“みよまな”も忘れないで欲しいなって思います。

長くなっちゃったんですけど、私が本当に1番言えることは、私は三吉彩花に会えて幸せな人生だなって思います。7年間、本当に長い間、大好きな友達へ。お疲れ様でした。

【Not Sponsored 記事】 </span>

Let's block ads! (Why?)